相談の対極が憶測

テーマ:

カウンセリングオフィス・フロンティアの小島俊久です。

 

お盆休み、出かける先々で日焼けした子どもたちと出会いました。

 

お盆ということもあるのでしょうか、おじいちゃん、おばあちゃんと両親、更に従兄弟家族などが一緒の大家族とも遭遇します。

 

家族問題に取り組むことが多い仕事ですから、ついつい目が行ってしまいます。

 

 

カウンセリングには、様々な分野の相談職の方々もご利用されます。ズバリ、カウンセラー職の方もおられます。

 

また、相談職ではなくても職務上、誰かの相談に乗る立場である、という場合もあります。

 

家族交流の中でも相談に乗る立場になることは必ずあるでしょう。

 

ですから、相談に乗るに当たって、ということで相談に来られたというのはカウンセリングではままあることです、

 

 

相談職のケースに話を戻します。

 

相談職の方がカウンセリングに来られる目的は、相談の乗り方、関わり方、助言やアドバイス、クレーム対応、相手を不快にさせないやり取りなどでしょうか。

 

私の立場としては、カウンセリングというよりはコンサルテーションが求められるわけです。

 

相談に乗る仕事ですから、先ずは相手の話を聴くことはしっかりなされておられます。

 

相談職の方の話を聞いていると、相談に来た人が語られたことはとても正確に捉えておられます。

 

傾聴したというよりは、聞き取りして記録したという行為です。相談員というより記録員という印象を持つケースもあります。

 

そして、その相談者にどの様なアドバイスをしたら良いかで困っている、という状況です。

 

相手の言っていることをよく聞き込んでいるが故に、相手のことをとても分かったとの思い込みが生じています。

 

そして「憶測」が生じます。

 

それは、対話する上でとても重要な相手への問いかけが不足することにつながります。

 

事実確認の質問は為されても、「〇〇のことをどのように思いますか?」などの認識や気持ちを問うことが省かれていきます。

 

「この方はこうだし、きっとこう思ってるであろう…」

 

このような憶測が働くなら、質問はなされなくなります。

 

また、憶測を持っての問いかけだとやり取りが一往復程度で終わります。

 

「その時どんな風に思ったんですか?」

「〇〇かな」

「そうですか。(やっぱり…)」

 

で、終わり。

 

その結果、相談員自身が思うことや考えたことがあっても、受け入れられそうにないと感じたら伝えないままになります。

 

「これを言うときっと不機嫌になると思うんです。どう言うといいでしょうか」的な問いかけが私にされます。

 

相談員の方も、自分が相談者になるとよく問いかけられます。

 

それで私も問い返します。

「それを言うと相手が不機嫌になると思う理由は何ですか?」

 

「あのように言われる方だから、きっとこれも拒否されると思うんです」

「いい提案ができないとわざわざ来られたのに時間の無駄と思われるんじゃないかと…」

 

憶測が並びます。仕方ないです。本当の気持ちは尋ねていないのですから。

 

相談の場は、相談者の話を聞くだけではなく、聞いた上で様々な尋ねたいことが出てきてほしいものです。

 

こちらが問いかけるから、相手は考え、自問し、思い返して何らか返答しようと努力されます。

 

そうすることで相手の実情や実体がわかってきます。

 

やり取りを何度も往復させます。疑問に思ったことや不明なことを尋ねて教えてもらいます。

 

相談とはこのような対話のやり取りでしょう。その結果、憶測する余地は限りなく小さくなります。

 

相談に乗るという行為は憶測の対極にあります。

 

自分勝手な推測で判断するという憶測の度合いで、相談業務の質を問うことができます。

 

「それを相手に尋ねるといいですよ」

 

これが相談職の方へのカウンセリングで私が最も行う助言です。

 

しかしこの「問いかけ」はとても重要で、結構トレーニングが必要なカウンセリングスキルなのです。

 

それでも下手くそな問いかけの方が、憶測よりはクライエントの役に立ちます。

 

ではまた

 

 

INFORMATION

【個人セッション】

■カウンセリング         6,000円/60分
 ◇割引回数チケット      30,000円/ 6回
■カップルカウンセリング    9,000円/90分
■家族カウンセリング      9,000円/90分
■出張カウンセリング 上記料金+2,000円+交通費
◇学生割引        上記料金より25%引き

 

【個別対応カスタマイズ講座】

受講生募集中!

心理学、カウンセリング、対人支援などについて何を学びたいか、どうなりたいかなどご相談しながらあなたに必要な内容をご提供します。時間、回数、開催日などもご相談下さい。

グループでの受講も可能です。

完全予約制:平日朝・昼・夜、土日で受講可能

詳細はこちら

 

【カウンセリング教室】

8月教室生募集中!

どなたでも、いつからでも入会できます。

毎週、隔週、月1回等出席は自由です!

様々なシーンで活用できる対話力を身に付け、良好な人間関係を築いていくことを目指します。

水夜クラス 19:00~21:00

木朝クラス 10:30~12:30

土昼クラス 14:00~16:00

*来週のテーマは「苦手意識」です

詳細はこちら

 

【カウンセリングのための心理学講座】

8月スタート受講生募集中!

カウンセリングを提供する上で必要な心理学の知識と対話技術を学びます。

全20回(1回2時間全40時間)

平日朝・昼・夜、土日にて開催(講義日はご相談ください)
詳細はこちら

 

【セミナー・イベント案内】

8月18日(土)10:30~13:00

フロンティア心理臨床研究会Vol.44

定員/10名

会費/3,000円(レジュメ付き)

レクチャー「基礎心理学/感情と人格」

他、症例検討、カウンセリング実習なども行います。

詳細はこちら

 

8月25日(土)10:30~12:30

カウンセリング勉強会

定員/10名

会費/お茶代程度

心理カウンセリング、セラピー、コーチング等を学んだ方ならどなたでも参加できます。

 

各講座・セミナーの詳細はこちらをご覧ください。

 

カウンセリング&コンサルティングフロンティア
http://www.cc-frontier.jp/

カウンセリング・講座・教室・研究会の申込み受付中