熊本市の農業コンサルタント前之園行政書士事務所

熊本市の農業コンサルタント前之園行政書士事務所

熊本の行政書士・中小企業診断士です。公庫資金、農地関連、経営改善、経営計画策定支援など。

鹿児島県いちき串木野市出身です。
れいめい中学
  ↓
れいめい高校
  ↓
東京大学文科三類
  ↓
〃農学部(農業経済)
  ↓
農林漁業金融公庫秋田支店
  ↓
〃熊本支店
  ↓
H26独立、行政書士事務所開業
H30中小企業診断士、
H31経営革新等支援機関認定
R1 ガーデンフロンティア合同会社設立

各種補助金や公庫資金等の資金調達、
経営改善アドバイスなどを中心にやっています。

経営を変えるのは、経営者の思想、頭の中であると
最近思うようになりました。

今の関心事は、農業経営思想史です。

そのような学問分野はまだ確立していないようですが、
仕事の合間を縫って、研究していきたいと思います。

しばらく放置!してましたが、
研究ノートという形でぼちぼち更新していきたいと
思います。


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

TEL 096-273-9818
FAX 096-300-3064
Email info@h-maenosono.com


HPは →農業コンサルタント前之園行政書士事務所

基本的に同じ記事が載っています。

補助金と言っても、設備投資的な意味のものと、運転資金的な意味のものとがあり、結構ごっちゃにして使われています。

 

もっとも、前者が一般的であり、後者は、どちらかというと農業の世界に比較的多く見受けられます。

 

前者は、設備投資に対して、その一部を国や地方自治体が補助しますというものですね。

 

その補助の度合いの観点から、「定率」と「定額」のものとがあります。

 

2/3とか、3/4とかの割合で出るのが「定率」です。

 

「50万円以内」とかでかかった経費をすべて補助するのが「定額」というものです。コロナ対応の補助金で時々見受けられるようになりました。

 

その補助金は、経費を一旦払ったのちに「精算払」として受け取るタイプが原則です(キャッシュバック)。

 

ただし、事業再構築補助金など一部の大型補助金には、途中で受け取れる「概算払」の制度があります。

 

補助金のスケジュールは↓の図を参照してください。