松果体を活性化する秘伝の食♪ | 心よ開けゴマ!(いち訪問歯科医のつぶやき♪)

心よ開けゴマ!(いち訪問歯科医のつぶやき♪)

将来誰にでも確実に起こるたった一つのことは、いつかはこの肉体を離れる時がくることです。この自然の摂理には誰も逆らえません。でも、それは真実でしょうか?その答えは私たちの内にあります♪ご一緒に生命の神秘について考えてみませんか?

こんにちは❤
松果体を活性化する道教で古来から行われている秘伝食についてまとめてみました~

 

松果体を活性化する秘伝の食♪


 

本日は約2000年の歴史を持つ、不老不死を理想とする中国で生まれた【道教】の道士たちが、精神性を高めるために古来から洞窟での瞑想の質を上げるために、実践しているPi Gu食をご紹介します。

 

図はマンタクチャ師HPのDL資料より引用させていただきました。)
https://youtu.be/nfd3pN7Wgpc

古代の道教の道士がエネルギーを高め、精神性を上げるために使った食事はPi Guと言われています。(ウィッキペディアではBiguとなっていたんだけど・・😅)この食事はずばり穀物抜きです!


穀物を食べない事で高次元の周波数にチューニングして、道士たちは悟りを開く事を目指していました。ということで、タオの教えに従って、瞑想を安定させ、松果体を活性化させるためには穀物断ちをするのが賢いと思います。

 

実際マンタクチャ師のtaoガーデンでも、darkroomのリトリートでPigu 食が使われています。Pigu食にはりんごやなし、スイカなどのフルーツとソロモンシール茶、フラックスシード、中国ヤム芋、黒豆、中国デーツなどを提供しています。

続きはこちらから