ライトワーカー実践バイブル

ライトワーカー実践バイブル

本日のフリーダムメッセージ


テーマ:

 

《本日のフリーダムメッセージ 人を呼べる人、人を呼べない人》

 

 

何となく、お仕事の相談で

どうしたら上手くいきますか?

ということに答えているような

今日のブログ記事です。

 

 

もしかして、いよいよ、実際にエネルギーワーカーとして

お仕事してみようかな!と思い立った人とかが

この数日で急増したとか?。。。(笑)

 

 

いつもですね、誰かが求められていることにしか答えられないので

誰も何も求めてこない時は、沈黙になります。

 

 

単に、忙しすぎて、記事が書けない時も沢山あります。

昨年は、本当にLOVINGを構築して、講習やって

という繰り返しでして、息つく暇もなく駆け抜けた

という感じでしたので、ブログを書いている暇すら

無かったですが、どうやら、今年は書いていくことが増えそうです。

 

 

タイトルにした影響と責任というのは

これまた、お仕事の時に出てくる

質問にとても多いものです。

 

 

『どうしたら、集客できるようになりますか?』

『どうしたら、人が来てくれるようになるでしょうか?』

 

 

答えは、単純明快、簡単です。

 

 

『他者に来てもらうという考えを捨てて、自分が呼ぶ!』

 

 

その意識になる一点です。

 

 

誰かに来てもらうとかを考えている時点で

自己の創造性から離れているんです。

 

 

自分が呼ぶんです。

 

 

そうすると、集客できなのは

単純に、自分が呼ぶことを許可してないから、呼ばないでいる。

とも言えます。

 

 

来てもらっちゃ困るから、来ないでもらってるんです。

何で呼ばないのか、色々あるでしょうね。

 

 

自分の力量以上のことをやろうとしていると

不安で仕方ありませんから

来てもらったら困るんです。 

 

 

だから、呼ばない。

 

 

スーパーバイザーの指導などを受けずに

自分の自己判断基準だけで提供をする。

客観的な判断無しで主観的だけの視点になるから

自分に問題があった時に見抜けません。

 

 

もしかしたら、自分に不備があったり

問題があるかもしれないことがあるかもしれないと

心のどこかに過ぎります。

不安になります。

 

 

だから、呼ばない。

 

 

クレームが怖い。クレームの対処に自信が無いのに

それをサポートしてくれそうな人がいない。

何かあった時に、助けてもらえる環境が無いので

もしそうなったら怖いと何処かで思っている。

 

 

だから、呼ばない。

 

 

自分の手に負えないような人だったり

自分の能力では解決できない人が来たらどうしよう。

自分では全部は出来ない。出来ないのにそういう人が来たら困る。

 

 

だから、呼ばない。

 

 

自分のスキルを確認する術がない。

自分では出来ていると思うけれど、不安がある。

実際出来ているのかどうか、確認してもらえる人がいないので

本当に出来ているか不安がよぎる。

 

 

だから、呼ばない。

 

 

呼ばないのには、ちゃんとした理由があるんです。

 

 

特に、エネルギーワーカー、ライトワーカーとしての活動を

始めたばかりで、これらのすべてのことが全部自分だけで

出来る人はいません。

 

 

全部自分だけで出来る人は

とっくに、勝手に自分で何かやっていますよ。

 

 

エネルギーワーカーとして活動したいなら

呼ばないでいる理由自体を、解決してあげれば良いんです。

 

 

実は、上記の呼ばないでいる理由は

1、信頼出来るトレーナーから、定期サポートを受ける

2、自分では出来ない、見れない人が来たら、他の誰かに紹介するか相談する

 

 

この2つで解決しちゃうんです。

 

 

逆に言うと

サポートを受けないでいる人間が

一体、どうやって客観的技術確認を得て

更には、自分の人間的問題解決をしているか

私には、とっても不思議です。 

 

 

と言いますのも

人間的問題があるかどうか。

というのは、自分で自覚が無いから起こす場合が8割です。

 

 

自分では見抜けないから問題になっているんですね。

  

 

自分で見抜けないから問題なのに

自分以外の視点を入れないこと。

客観的視点を入れていないこと自体が

致命傷となります。 

 

 

他者へのチャネリングに自信があったとしても

自分の問題を絡めた見解になっていないかどうか

真っ先に信頼出来る人の客観的視点を入れること。

これはとても大切なことで、わたし自身も必ず行っていることです。

 

 

こうした土台をつくることで

先ずは、自分に対しての信頼を築く

ことが出来ます。

 

 

信頼を築けると、クライアントを自分が呼ぶ

ベースをつくることが出来ます。

 

 

それは、何もかもを今直ぐに出来るようになる!という

無謀で不可能な願望を捨てるということです。

 

 

言い換えるなら、未だ未熟な部分がある自分。

自分という人間の現時点での実力をしっかりと見定め

その実力のままで、他者に誠実に対応出来る

真摯な心がある自分を信頼していくということなのです。

 

 

こうした土台が出来た後に出てくるのは

他者に与える影響と責任です。

 

 

例えば、フリーダムディスティニーで提供しているLOVINGは

運命や性格といったような、その人がどうしても変えられなかった

<設定>ごと変えるエネルギーワークとなっているため

他者に与える影響は大きいと言えるでしょう。

 

 

正直なところ、今まで数知れず、多くの人の人生が好転し

意識や性格が変わるのを目の当たりにしてきました。

 

  

自分が受けてどんなに大きく変化するかを知っているからこそ

その影響の大きさを考えると、影響を与えることに

責任を感じてしまう人もいるかもしれません。

 

 

これについては単純に

『他者が望んだことに関して、エネルギーワークの影響を与えてもいい!』

と自分が自分で決める以外にありません。 

 

 

わたしたち、エネルギーワーカーは

クライアントの人生の全ての責任を取ることは出来ません。

 

 

クライアントの人生は、あくまでクライアントのもの。

わたしたちは、クライアントが望まれたことに対して

お手伝い出来ることがあれば

お手伝いをさせて頂くということが出来ます。 

 

 

それ以上でも、それ以下でもありません。

 

 

クライアントの望みを叶えるお手伝いを

ただ行わせていただく。

それだけです。 

 

 

わたしは、実は、お金を戴いて

LOVINGを行わせて頂く姿勢は

最大の謙虚だと思っています。

 

 

何故なら、お金を戴くということは

物凄くしっかりとしたコミットを

クライアントがしたということになります。

 

 

『頼む!お願いだ!こうなりたいんだ!』

という願いが、しっかり有るということです。

 

 

それに対して

『わかりました。出来うる最大限サポートしましょう!』

というやりとりができるということなのです。

 

 

エネルギーワークも、構築者が誠実な人であれば

<しっかりと受け取れる最低金額>で構築されていますから

代金のすべてがエネルギーワーク代(話してるのはタダ)

ということもよくあります。

 

 

わたしも、そうです。

講習代金のうちの、全てをエネルギーワークをかけたり

叡智を伝授する権限代金に設定しています。

 

 

話すのは無償で出来ますから。

 

 

何も知らない人であれば

高額だと思わなくもない

ライトワーカー覚醒プログラムの講習は

わたし自身は信じられないほど安いと思っていて

実際受けた方とか、実状を知っている人であればあるほど

安すぎませんか?と心配されます。

わたしの体調を心配して。 

 

 

何十年かかっても、超えられなかった壁を突破したり

何十年かかっても、変えられなかった意識を一気に好転することは

ある意味、残りの人生の新しい時間を買ったとも言えるとも思っています。

 

 

それが、こんな金額で出来るなんて

良いなあ〜と思ってしまいます。

 

 

わたしは、エネルギーワークだけで

5000万円ほど使いましたので。。。

家一軒買えるよ!と言われてしまいましたが本当ですねえ。苦笑)

 

 

金額設定ですが、LOVING自体の金額設定は

<この金額でこの内容だったら、自分がクライアントだったら鼻血が出るほど即申し込みしたい><この金額だったら、施術者さんが具合悪くならない>

という両方が一致した金額設定です。

 

 

ですから、受けない人がいるのが

心底不思議。。。ということを

心の底から感じているわけで

それくらい、自分が自分のことを

信頼出来る内容と金額設定にしているんです。

 

 

ここまで書いてみて、わかったことは

 

 

『他者に来てもらうという考えを捨てて、自分が呼ぶ!』

 

 

それは、とことん、自分が自分という愛を

最大限現しているかを自分が見て

自分自身の誠実さを見て

自分が自分に信頼をしているから

できることなのです。

 

 

クライアントが来た時を想像して

もし、後ろめたい思いがあるなら

そこを嫌わずに見て解決するようにしてみましょう。

 

 

何も恥じることは無い!

自分の最大限だ!

という

 

自分の愛をとことんやり抜いて

実行している姿を自分が見ている時に

人は、最も人を呼ぶことが出来るのです。

 

 

エネルギーワーカー

ライトワーカー

スピリチュアルティーチャーの皆さん

 

 

皆さんの活躍を、心から応援していますよ! 

 

 


テーマ:

 

《本日のフリーダムメッセージ 才能を活かすということ》

 

 

どんなに才能があっても

人間的な魅力のない場所を

人は選びません。

   

   

『全然、自分の才能を活かしきれていないので才能を活かしたいんです!』

という悩みの場合

   

  

言い換えると

   

 

『自分は才能は高いんだけど、活かしきれていないから成功しない』

という風に思ってる事があります。

   

   

こうした場合才能を活かしきれていない問題だけで無く

人間関係の問題が突出し過ぎていたり

コミュニケーションに問題があって

誰も近付きたく無いし、関わりたく無いし

寄り付きたくないので、人を引き付けられないので

お仕事にならないこともあります。

 

 

お仕事にするなら、そういう自分の課題や問題を

直視できるようにならなくてはなりません。

   

   

もちろん、才能を活かして

自分の個性を突出していくことは本当に素晴らしいことなのですが

才能を活かし切るだけなら、自分一人で完結する事なので

人に認められる必要性は一切無いのです。

 

 

スターシードの中には、誰にも知られる事もなく

宇宙を創りつづけてるとか(うちの夫ですが 笑 )

大変孤独な作業で、お金を生み出さない事で完成する事も多いです。

 

 

ライトワーカーさんの中でも

世界的に影響を与えるようなワークを

誰にも知られることなく、地殻のワーク

地層のワーク、宇宙のワーク等

ひっそりと行われている方もいらっしゃいます。

  

 

才能を活かすことは、他者とその才能を共有するとは

必ずしも限らないのです。

   

   

皆さんが思う才能を活かすということは

こうした形でお金を生み出さず自己完結することですか?

 

 

もし、満足できるなら、才能を活かすということだけが

シンプルに本当に行いたかったんだと思います。

 

 

三次元的には、変わった趣味とか

認識されて誰からも認められなかったり

認識自体を他者がしていなかったとしても

本人が満足しているなら、そんなことはどうでも良いことです。

 

 

絶対的な宇宙的誓願の達成。

それはその時点で、自分の才能を活かすことは達成していると言えます。

 

 

でも、もし、そういう事では、自分が満足できないと感じていて

『全然、自分の才能を活かしきれていないので、才能を活かしたい』

という悩みがあるとしたなら

   

   

正確に言うと

『才能を発揮して、それを仕事にして

   人に求められて認められてお金を得たい!』

と自分は言っていたという事を認めなくてはなりません。

 

 

どちらでも良いのですが

自分の本音を聞いてあげることが

自分を幸せにしてあげられることにつながります。

 

 

お仕事となると、能力や才能を発揮する事以外に

その人が人間的に魅力的であるとか

人間関係の問題に向き合おうとする姿勢があるとか

その人と関わると幸せとか安らぎとか愛を感じられるとか

全力で生き切っていたり、生き様を貫いてる姿勢を学べるとか

そういった事も大いに関係してきます。

   

   

フリーダムディスティニーでは能力を得るだけでなく

ライトワーカーやスピリチュアルティーチャーとして

実際にお仕事として活動したいという意識の方が多いので 

 

 

指導方針としては

その人自身の才能や能力を開発していくのと同時に

その人自身が魅力的になるという指導も欠かさず行なっていて

それは人間関係の問題を解消していったり

その人自身に統合していく事だったり

等身大の自分を表現出来る事であったり

愛の覚醒、全身全霊の愛を惜しみなく世界に差し出す

愛の覚醒の指導も欠かさず行っています。 

 

 

魅力的な人間=その人がありのままで自分らしい愛を表現している人間

そうしたことが、お仕事となると直結してくるからです。

 

 

自分らしい活動をする際に

必ずしも全てが自営業という形でなくとも

色々な有り様があります。

 

 

誰かのサポートをすることが好きとか

誰かと一緒に協力することが好きで

自分自身だけでお金を稼ぐことが苦手な場合は

お金を生み出すことに関しては他の人にやってもらう

という方法もあります。

 

 

お金を沢山生み出す人は

対人間の仕事を沢山行っている人でしょうから

そういう人をサポートするということも行うことで

お金を循環させるという方法もあるのです。

 

 

何しろ、自分らしく生きた時にお金は回るのです。

 

 

現時点では、今のところお金が未だあるから

お金という言い方をしているだけで

根本的には、お金はエネルギーですから

エネルギーを回すという言い方のほうが

受け取りやすい人はそれでも構いません。

 

 

あとですね。

実は、自分の才能の全てを活かし切れていなかったとしても

沢山お金を得る方法は、あるんですよ。

 

 

それは、放出するエネルギーの絶対質量を上げる

ということです。

 

 

才能を活かしていくのと同時に

自分らしい愛を表現していき

そうした質を整えていったなら

一生懸命、全力で目一杯行えば行うほど

絶対的なエネルギー質量が多くなるのは当たり前で

結果的にお金が循環してしまうのも当たり前です。

 

 

絶対的なエネルギー質量が明らかに足りない。とか

出し惜しみしてる場合は、才能がどうこうという以前に

エネルギー自体が循環しようもないです。

  

 

色々なことを書き綴ってきましたが

才能を発揮して、それを仕事にして、お金を得たい

という場合

 

 

1、才能を活かすということと、お金を得ることとは別物である

2、才能を活かして自営でお金を得ることをしたければ魅力も大切である

3、魅力とは、その人が等身大を生きていて自分らしい愛を表現している人間であり、そうした人間的魅力においては、対人関係の問題を解消していったり、統合していく事だったり、等身大の自分を表現出来る事だったり、様々な事に取り組む事が必要である

4、絶対的なエネルギー質量を上げる、即ち愛の絶対温度を上げてゆくことでも、得られるお金の量は圧倒的に増える。

 

 

自分らしい才能を発揮する事に取り組みながら

こうした事もお仕事となる時には考慮材料に入るんだと

取り組んでいかれると良いでしょう。 

 

 

最後に、一つだけ秘策をお伝えします。

 

 

名付けて『鬼に金棒!』大作戦!です。

 

 

これは、自分自身の才能を活かすことに囚われず

自分自身という枠を超えて、世の中のすべての才能を活かしちゃおう!

という意識になった時に、見えてくるものなのですが

 

 

自分というアイテムを提供すると同時に

他の人が創った最強アイテムも提供するんです。

 

 

『自分の才能を活かしきれていないので才能を活かしたいんです!』

という悩みがある人は、この話をしても、直ぐには興味抱け無いと思いますけれどね。

 

 

『何言ってるんだ!私は、自分の才能を活かしたいって言ってるのに

他の人のアイテムを紹介するとか、訳わからない』って

怒られちゃうかもしれませんけれどね。

 

 

しかしながら、わたしは、<自分の>なのか

<他の人の>なのか、そんなことはどっちでもいいのです。

世の中に良いものを届けることが出来れば良いのです。

目の前の人がどんどん幸せになれば、それで幸せなんです。

 

 

<自分の>才能を活かすというところに拘り過ぎてしまうと

他者のを排除したくなります。これでは、どんなに頑張っても

自分という一本のパイプしか持っていません。 

 

 

ところが、自分=世界の全てという視点から見ると

自分の最高と誰かの才能の両方を取り扱えることになります。

これが、結局のところ、物凄く豊かになってしまうんですよね。

 

 

自分の提供するものと同時に

他の人が創った最強アイテムを紹介する

『鬼に金棒!』作戦。 

 

 

個性やアイデンティティーを失ったかと思いきや

<自他を含めた大いなるわたしを賛美できる>という

特性やアイデンティティーが突出してしまい

またまた、自分という人間を現しつつ

才能を活かすことになってしまいます。

 

 

『全然、自分の才能を活かしきれていないので才能を活かしたいんです!』

と思っているのに、出来なくて困っている人に向けて

色々書き綴ってみましたが、どうでしたか?

 

 

『才能』という概念自体に何か新たな風が吹いたなら幸いです。

 

 

自分の才能を活かすということだけに拘りや制限を設けず

もっと大きな視点での才能=愛

に目覚めていくことが豊かさに繋がると感じています。

 

 

今年は、大きな変わり目の年。

皆さまがこの機会にご自身の才能をどんどん活かして

どんどん活躍していかれて

そして、どんどん幸せになられることを、心から願っています!

 

 

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

 

1月21日、太陽宇宙神界 ユートピア建国 

スピリットドリームマスター Everything Love World 一斉LOVING

受け付け終了いたしました。

 

無償は多い時と比べてそんなに多く無かったのですが

今回、有償に関して、最高額に迫る勢いで

沢山の方にお申込みいただきました。 

 

皆さまの信頼があってこそだと思っております。

その信頼に心から感謝いたします。

 

お金=権限代金です。(シェアしていただいてくださった方も

確実にその行為に対して施術させていただきます。) 

 

頂いたからには、思いっきり派手に

自分の持てる能力を全て発揮して

目一杯、LOVINGを行わせていただきますので

楽しみにされていてくださいね!

 

 


テーマ:

 

《本日のフリーダムメッセージ 厚かましいお願いで恐縮です》

 

 

図々しい人。

 

 

厚かましい人。

 

 

嫌われる代表例である、図々しい人間と厚かましい人間。

 

 

今日は、もうちょっと

図々しい人間と厚かましい人間を解剖してみようと思います。

 

 

タイトルにも入れた『厚かましいお願いで恐縮です』

という風に言ってきた人がいたとしたら

この人は、果たして厚かましいですか?

どうでしょうか?

 

 

『厚かましいお願いをする』ということは自覚していて

それを実行しようとまでしています。

 

 

しかし、そんなに嫌な感じはしませんよね。

それは一体どうしてかというと

自覚と配慮にあります。 

 

 

厚かましい、図々しい、自己都合が絡んでいる

お願いであることであることを自覚しつつ

相手がどう感じるかということへの配慮もあります。

 

 

嫌な感じがしないのは『迷惑かけてご免なさい』

の精神を受け止めているからです。

 

 

十分、自分の行おうとしていることを自覚し受け止めた上で

そのことに責任を取りつつ、物事を進めようとしている姿勢です。

 

 

つまり、皆んながよく思い込んでいる

図々しくて厚かましい人は敬遠される。

 

 

という思い込みは、一部は合っているけれど、全部は合っていないのです。

 

 

敬遠されて嫌われる厚かましい人間というのは

厚かましいということを自覚しておらず

相手への思いやりや配慮に欠けており

厚かましいことであるのに『してもらって当然だ』と勘違いし

自分が他者に迷惑かけていることに

無自覚で無責任な状態である時に発生しているのです。

 

 

 

言い方を変えれば

自覚して、他者に思いやりも持ちつつ、責任を取った厚かましさは

『そうまでして、この人はどうしてもやりたいことがあるんだ』

ということを他者は感じるだけです。

 

 

ここがね、皆んな勘違いしちゃうポイントなんですよね。

 

 

図々しくて厚かましい人は敬遠される。

 

 

こういう鉄則中の鉄則があるから

遠慮人間になってしまうんです。

 

 

これは、厚かましいお願いだ。。。とか

これは、図々しいお願いだ。。。ということが気になってしまって

他者に、自分がしたいことを言えなくなってしまうんです。

 

 

遠慮人間を辞めるには

自分勝手で相手に迷惑かけてしまうことであっても

それをどうしてもやりたいので、やるという選択も

時には取れるようになっていくということですね。

 

 

厚かましく図々しいお願いはするけれど

厚かましく図々しい人間にならないためには

* 自覚する

* 思いやりや配慮を持つ

* 責任を取る

 

 

ということが重要だということです。

 

 

更には、もう一つ、この行動を起こすためには

必要なものがあります。

 

 

それは、勇気と覚悟です。 

 

 

どんな勇気と覚悟でしょうか。

それは、相手に断られたり

嫌な顔されたりする可能性があることも

丸ごと受け止めて覚悟する勇気です。

 

 

断られることが苦手な人って多いですよね。

 

 

どうしてだか、知っていますか?

 

 

それは、断られるということと

自分が拒絶されたということが

一緒になってしまうからです。

 

 

拒絶される恐れがある場合

断られること自体を無くそうとするので

自分がしたいことであったとしても

相手にとって厚かましそうなことであれば排除してしまいます。

 

 

こうなってくると

コミュニケーションに一部、不具合が生じますので

その人と関わることは、とても難しくなるということです。

  

 

 

私たちは、生きているだけで、失敗したり、間違ったり

色々な人に迷惑をかけてしまうこともあります。

 

 

純粋な自分の思いや願いが

自分にとって都合の良いことだったりすることもあるでしょう。

 

 

それでも、全てを信頼して

自分の願いを伝えられた時

開かれる扉があるのです。

 

 

もう、一歩、世界に踏み込んでみる。

もう、一歩、世界に身を委ねてみる。

もっと、世界と対話してみる。

 

 

他ならぬ、自分の幸せのために。

 

 

自分をもっと幸せに出来るのは

他ならぬ自分自身だからです。

 

 

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

 

1月21日、太陽宇宙神界 ユートピア建国 

スピリットドリームマスター Everything Love World

一斉LOVINGのご案内はこちら 締め切り間近です!

https://ameblo.jp/freedom-destiny-world/entry-12432190200.html