俺のゴルフ道 ~シャフト業界への挑戦~

俺のゴルフ道 ~シャフト業界への挑戦~

ネクストゴルフという、シャフトメーカーで社長をしています。
まだ30代の新米社長ですが、シャフト業界に革新を起こすべく日々奮闘中です!!

前回のブログでは、「TRACKMAN(トラックマン)」や「GEARS(ギアーズ)」などの計測機器についての話しをしました。

 

 

 

 

今回はシャフトの進化がフィッティングに与えた影響について話しをしようと思います。

 

 

 

 

皮肉なことですが、シャフトが進化したことにより自分にとって最適なシャフトを選ぶことが益々難しくなってきています。

 

 

 

 

ここ数年のシャフトトレンドとして、軽いシャフトでも当たり負けしづらく強い球を打っていきやすいモデルが増えてきました。

 

 

 

 

ゴルフ雑誌などによく出てくる「軽・硬シャフト」ってやつです。

 

 

 

 

このような軽いシャフトへの変更を検討している人には注意してもらいたい点があります。

 

 

 

軽量シャフトを打つと、ヘッドスピードや飛距離など計測器で良いデータが出やすいのでつい替えたくなってしまいますよね。

 

 

 

 

しかしあるポイントを押さえておかないと、コースで使い物にならなかったり酷い場合は自分のスイングを崩してしまいます。

 

 

 

 

特にインパクトで手元が大きく浮く(身体が伸び上がる)人や上半身がガチガチでアウトサイドからクラブが下りてくる人などは、

 

 

 

 

自分にとって軽すぎるシャフトを使うとその悪い動きが助長される場合が多いので注意が必要です。

 

 

 

 

そのポイントとはトップからの切り返しで心地よいしなり感・重量感があるか?です。

 

 

 

 

このようにトップでの間が取れるシャフトだとスイングの再現性も高くなります。

 

 

 

 

皆さんも是非この感覚を意識して自分にとって最良のクラブを選べるようにしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひこちらも見てください!!

 

【ネクストゴルフFacebookページ】

 

鎬(シノギ)、Rafale(ラファール)などの新商品紹介

メディア掲載、取扱店様のブログ紹介などを中心に更新しています

 

https://www.facebook.com/nextgolf2012

 

 

【ラファールFacebookページ】

 

ラファール専用のページです

商品の開発秘話や日々の開発業務、シャフトテストの様子などを中心に更新しています

 

https://www.facebook.com/rafale.golf/