楽しく辛いタケノコ採りも


これでラストかな?


タケノコは鳥見してからにしようと


朝、高原に着くと素敵な鳥たちが鳴きまくり


ジュウイチ


ミソサザイ


コマドリ


クロジ


アカハラ

鳥見堪能してから

タケノコの山へ


予報が雨だったので

人はそんなにいないと思っていたら

我々のポイントに先に人が。。。

量をまとめるのに昼過ぎまで3時間以上竹藪をかき分けていたのでへろへろ


こんな感じで竹藪をかき分けて探します







竹が跳ね返ってメガネを吹き飛ばして

目の下をスパッと切ってしまいました。

鼻の先もちょっと切れてますねぇ


成果は

いつもなら1時間で太さももっと太いので揃えられたのになぁ

鳥見もしたかったので仕方がなし



ヘロヘロ疲労の結果、美味しいタケノコを堪能出来るのです。


たけのこソーメン

たけのこの素焼き

義理の母の差し入れのカツ丼とたけのこ汁


そして、また明日は筋肉痛

ネマガリダケのシーズンです。


例年、6月2週目から月末まで

そんな旬の期間しかありません。


皆さんが想像する、いわゆる「竹林(ちくりん)」は、腕やふくらはぎ並みの太さの竹が高々と生えそろっているのを思い出すと思います。


ところがこんな背丈と細さと密度


この中を突っ込みます。


もはや、究極の藪漕ぎ


これは晴れていた時の写真

先週末は雨☔️

しかも気温は10度

カッパは長らく山菜採り専用なので穴だらけ

なので下着もパンツもずぶ濡れ、採り終えたら全身林道で着替えです。


成果は


実家とご近所何軒かにお裾分けした後


さらに楽しみに待っていてくれている友に発送します。


そうそう、今回は

藪漕ぎして行って、少し密度がまばらになったところに、タケノコがたくさん散乱してました。


採りすぎて、誰かが放置したのかな?

と思いきや。。。

どうも、根元をガシガシとかじった跡が(^_^;)

そう、くまさんのレストランだったよう


雨だったのでスマホをジップロックに入れていたので写真良くないですがねぇ


1日2日前かな?

それでも、ここでクマ鈴を鳴らしまくりました‼️


竹藪をかき分けて

濡れた竹を踏んで滑ってミニ滑落したり…

跳ね返って来た竹や枝で顔や皮膚出た場所は擦過傷に。。。

しかも、タケノコは重たいんです。

それを抱えながらの藪漕ぎ

目はガードしないと‼︎

今年は持っていくの忘れちゃったぁ



今年も金曜日にご年配のご婦人が滑落でお亡くなりに。。。高校時代にお世話になった食堂のおばちゃんだったのでショック。。。


帰りに温泉に入って疲れをとってから

帰宅するんですが、傷が染みるんだよなぁ


苦労して採ったタケノコは

また、皮剥きと節抜きの手間をかけて

こんな感じに‼︎


これは穂先だけのお皿


これは節抜きした下の方もありますね。



そして、ようやく料理です。


天ぷら


素焼き

皮剥いて熱々を、マヨ味噌やマヨ七味などで


青椒肉絲

鶏肉と玉子落とし

水煮鯖缶入りのタケノコ味噌汁


あっさり鶏肉煮付け

アクアパッツァ


ラストにジャスミンライス入れてリゾット

パルミジャーノレッジャーノを削り落として満腹


あ、ちなみに料理は2週前からのものね。流石に今週だけではありませんよぉ


今夜は、大阪にタケノコ少し持ってきたので

素焼きとクリームシチューにしてみようかと。



仕事や単身赴任故に家族との用事で移動をしなくてはなりません。


ヘルニア持ちなので、移動時間というか座る時間をなるべく短くしたいので


大阪〜東京はフライトを選択することがほとんど。


6月いっぱいまでは早割チケでもフライトの変更も可能なので、スケジュール変更にも対応できるので、上手いこと使わせてもらってます。


土曜日の朝はプレミアムクラスががらがらだったので

ポイントでアップグレードしました。


すると、ナイフとフォークが

国内線は今まではプラスチックでしたが

木製に変わってました。

朝から赤ワイン^_^

仕事ではなく

家族の用事だったので

久しぶりにお酒^_^


まあ、肉を切るわけでも無いので

十分に用に足りていました。


が、スタバの紙のストローもそうなんですが

やはり、唾液を持っていかれて、なんかパサっとするんですよねぇ…えー


ま、慣れかなぁ?

慣れないとあかんのよねぇ、きっと。