こんにちは、ファイナンシャルプランナーの 影山輝哲です。

先週から、春の陽気で気持ちいい山陰地方🌸

 

花粉症に悩まされています・・・

 

 

 

皆さん、体調管理には、お気をつけ下さいねーニコニコ

 

Financial Planner 

(住宅ローン相談・生命保険の見直し・事業保険相談・資産運用相談)
https://www.facebook.com/FP.Yonago
ライフプランを通して「経済的な安心」と「こころのゆとり」をお届けします。

 

さて今回は、「40代後半の女性のライフプラン」④現状分析と改善案です。

 

現在の資産合計 9500万円

 


 

マネースクール山陰

ホームページはこちらhttps://moneyschool-sanin.com

学校では学ばない、大切なお金の基本を学ぶための基礎講座(参加費無料) 2018年5月より、開講予定です

 
キャッシュフロー分析やグラフがパソコンの画面では見えにくいので・・
 
今回も、マイプロジェクター&スクリーンの登場です。

 

現状分析は

①55歳で退職した場合

②50歳で退職した場合

③55歳で退職し65歳以降有料老人ホームの場合

④50歳で退職し65歳以降有料老人ホームの場合

 

の④パターンを検証

 

①〜③ 特にキャッシュフローも問題なし

 

④は問題点①が浮かび上がります

 


 

 

 

この方、医療保険・がん保険は、掛け捨てになり

 

払った保険料(総額)が給付金では元を取れないとお考えで(こういう事を言っているFPも多いですね笑)・・未加入

 

 

しかし、昨年 約半年間 入院を経験され(自己負担は50万円支払)

重たい病気ではなかったものの、今後の不安が増しておられます。

④現業分析で、90歳時の資産残高は約100万円 という事は・・・

 

 

 

現在49歳 これから病気や体調が変化していくリスクは高まる

 

 

そして、問題点②は・・・

 

 

資産のバランスです!!

 

この辺りを踏まえて、改善提案(全体のバランスを整えて、リスクも回避できるように)

 

 

すると、早期に退職されても、有料老人ホームに入られても、趣味である毎年の海外旅行(主に今までは東南アジアだったのが、世界旅行)も可能になります音譜

 

 

今回、改めて「ライフプラン」の必要性を感じた事案になりました。

 

一つ一つの解決策を、お客様なりにベストな選択をされてこられたと思います。

しかしながら、トータルでのライフプランニングでは・・皆さんが思われている常識非常識

 

 

 

 

正しい選択をすると

 

人生が変わります!!

 

ぜひ、豊かな人生を!!

 

例えば、生命保険・損害保険・住宅ローン・貯蓄方法・投資等

 

単体のプロ(営業マン)は沢山居ますが!!!!!!

 

トータルでライフプランニングやコンサルが出来るプロ(実行支援すること)は少ないように思えます。

 

( 現場経験がすくなければ、その知識は薄っぺらく本質まで辿りついていません )

 

単体では、ベストな選択(商品や方法)だと思っても

実は!!

トータルで考えると違う選択(商品や方法)が良い場合も沢山あります。

皆さんは、銀行員や証券マン、FP講師に実行支援され結果をだされていますか???

私たちは
一番大切なことは、責任をもって実行支援し結果を出す努力をすることだと思います。机上の空論では意味がありません

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの 影山輝哲です。

ここ数日、春の陽気で気持ち良かったのに・・・

 

明日から、気温がぐっと下がるようです

 

皆さん、体調管理には、お気をつけ下さいねーニコニコ

 

Financial Planner 

(住宅ローン相談・生命保険の見直し・事業保険相談・資産運用相談)
https://www.facebook.com/FP.Yonago
ライフプランを通して「経済的な安心」と「こころのゆとり」をお届けします。

 

マネースクール山陰

ホームページはこちらhttps://moneyschool-sanin.com

学校では学ばない、大切なお金の基本を学ぶための基礎講座(参加費無料) 2018年5月より、開講予定です

 

 

さて今回は、「40代後半の女性のライフプラン」③老人ホーム・介護施設での費用についてです。

 

申し込み方法や料金のシステムはとても複雑です。

ケアマネージャーと、しっかり打ち合わせしてください。

 

ライフプランを作成する際、必要となる目安(参考資料)

お客様とお話をして、前提条件を決めていきます。

 

 

老人ホーム検索サイトを使って、具体的に近くの施設を見てみましょう

 

みんなの介護 クリックしてください

 

今回、参考にしたのは「サービス付き高齢者住宅」

 

 

料金シミュレーションが出来ます。

 

 

 

老後のライフプランを作成の際、気をつけないといけない点は・・・

 

年金は、将来に向け額される

介護保険料は、増額される

健康保険の自己負担割合はどうなるのか?

物価はどうなるのか?ets

 

収入は少なく(例えば、2割減)見積もる必要があり

支出は多く見積る必要がある(増税や、社会保障費の負担 増加など)

 

 

 

一つ一つの解決策を、お客様なりにベストな選択をされてこられたと思います。

しかしながら、トータルでのライフプランニングでは・・皆さんが思われている常識非常識

 

 

 

 

正しい選択をすると

 

人生が変わります!!

 

ぜひ、豊かな人生を!!

 

例えば、生命保険・損害保険・住宅ローン・貯蓄方法・投資等

 

単体のプロ(営業マン)は沢山居ますが!!!!!!

 

トータルでライフプランニングやコンサルが出来るプロ(実行支援すること)は少ないように思えます。

 

( 現場経験がすくなければ、その知識は薄っぺらく本質まで辿りついていません )

 

単体では、ベストな選択(商品や方法)だと思っても

実は!!

トータルで考えると違う選択(商品や方法)が良い場合も沢山あります。

皆さんは、銀行員や証券マン、FP講師に実行支援され結果をだされていますか???

私たちは
一番大切なことは、責任をもって実行支援し結果を出す努力をすることだと思います。机上の空論では意味がありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの 影山輝哲です。

先週の最強寒波がすぎ、雪は落ち着くのかなーと思っていましたが・・

 

今週末、またもや雪予報の山陰地方あせる

 

 

 

皆さん、車の運転、体調管理には、お気をつけ下さいねーニコニコ

 

Financial Planner 

(住宅ローン相談・生命保険の見直し・事業保険相談・資産運用相談)
https://www.facebook.com/FP.Yonago
ライフプランを通して「経済的な安心」と「こころのゆとり」をお届けします。

 

マネースクール山陰

ホームページはこちらhttps://moneyschool-sanin.com

学校では学ばない、大切なお金の基本を学ぶための基礎講座(参加費無料) 2018年5月より、開講予定です

 

 

さて今回は、「40代後半の女性のライフプラン」②介護保険って? についてです。

 

お客様は、ご主人と2人暮らし。

自分が、もし介護が必要な状態になったら介護施設を利用したいとお考えでした。

 

ではまず、介護保険について・・

 

厚生労働省 ホームページ

介護保険とは

 

介護保険制度の概要より

 

介護保険の仕組み

 

日本では、1997年12月に「介護保険法」が制定され、2000年4月に施行。同時に介護保険制度が開始されました。

 

介護保険は、健康保険と同じように国人全員が40歳になった月から加入して保険料を支払い、介護が必要な人が適切な介護サービスを受けれるように支える仕組みです

 

40歳〜64歳と、65歳以上では介護保険料を支払う方法、介護認定が異なります。

 

第一号被保険者 

年齢 65歳以上 

◇65歳になると、市からの納付通知書あるいは年金からの天引きによって支払う事になります。

市町村により保険料は基準額が違い、所得に応じて五段階に金額が設定されています。

 

◇介護が必要な状態であれば、その原因が何であれ、認定を受けて介護保険のサービスを受けることができます。

例えば、交通事故の後遺症など、老化と直接関係のないケースでも介護サービスを受けることができます。

 

第二号被保険者

年齢 40歳〜64歳

◇40歳になった時点で、加入している健康保険の中に介護保険料が加算され、収める事になります。

介護保険料は、加入している健康保険ごとに違います。

 

介護保険法で定められる16の「特定疾病」が原因で介護が必要になった場合のみ、認定を受けて介護サービスを受けることができす。

 

1ヶ月の利用限度額と自己負担額

     1ヶ月の利用限度額   自己負担(1割の場合)

要支援1     50,030円    5,003円

要支援2     104,730円          10,473円

要介護1     166,920円    16,692円

要介護2     196,160円    19,616円

要介護3     269,310円          26,931円

要介護4     308,060円    30,806円

要介護5     360,650円          36,065円

 

自己負担割合の判定

 

 

 

 

2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」に

 

2024年、戦後のベビーブーマーである団塊の世代が全員75歳以上になる

 

 

要介護(要支援)の認定者数

 

 

介護給付と保険料の推移

 

 

 

 

一つ一つの解決策を、お客様なりにベストな選択をされてこられたと思います。

しかしながら、トータルでのライフプランニングでは・・皆さんが思われている常識非常識

 

 

 

 

正しい選択をすると

 

人生が変わります!!

 

ぜひ、豊かな人生を!!

 

例えば、生命保険・損害保険・住宅ローン・貯蓄方法・投資等

 

単体のプロ(営業マン)は沢山居ますが!!!!!!

 

トータルでライフプランニングやコンサルが出来るプロ(実行支援すること)は少ないように思えます。

 

( 現場経験がすくなければ、その知識は薄っぺらく本質まで辿りついていません )

 

単体では、ベストな選択(商品や方法)だと思っても

実は!!

トータルで考えると違う選択(商品や方法)が良い場合も沢山あります。

皆さんは、銀行員や証券マン、FP講師に実行支援され結果をだされていますか???

私たちは
一番大切なことは、責任をもって実行支援し結果を出す努力をすることだと思います。机上の空論では意味がありません