お盆がチャンス!家の宗派を調べておこう | 女性のお金の悩み相談所!起業、相続をサポート佐川行政書士事務所

女性のお金の悩み相談所!起業、相続をサポート佐川行政書士事務所

子どもがいない、パートナーがいない、親には頼れない、兄弟姉妹には頼りたくない、という50代のおひとりさまのための相続ブログ。おひとりさまを全うして幸せに生きるために、ご自身の相続と親の相続のことについてご一緒に勉強して、準備をしておきましょう。


テーマ:

こんにちは。



息の長い起業家になるためのアドバイザー佐川京子です。



はじめに質問です。



あなたは、亡くなったとき、お墓に入りたいですか?



はい、とお答えいただいた方に質問です。



それは、どこのお墓ですか?



親のお墓


夫のお墓


先祖代々のお墓


自分で買ったお墓



もしかしたら、上の4つ以外のお墓を、答えられた方もいらっしゃるかもしれませんね。



そして、自分は、お墓ではなく、散骨がいいという方もいらっしゃいますね。



散骨とは、山や海などに自分の遺骨を細かく粉末にしてまく、ということです。



遺骨をどのように供養するのか、というのは、人それぞれだと思います。



ただ、葬儀で、お坊さんにお経を唱えていただく場合は、葬儀屋さんから、必ず、宗派を聞かれます。



浄土真宗とか、真言宗とかいう、あの宗派です。



宗派によって、お経の内容やしきたりが違ってきます。



葬儀で、お坊さんにお経を唱えてもらいたいという場合は、自分の家が、どの宗派なのかを、あらかじめ調べておきましょう。



そして、宗派を調べるチャンスの一つが、今のお盆の時期です。



田舎に帰ったときに、親御さんに聞いてみるのもいいですね。



また、親に聞くと、変に思われても嫌だという方は、お墓のあるお寺さんに確認してみましょう。



自分の家の宗派を知るために、お盆がチャンスです!



息の長い起業家を目指したいあなたの悩み、伺います



息の長い起業家になるためのアドバイザー佐川京子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス