就労支援センターフォルツァ
  • 16Nov
    • 秋のレクレーション・フォトロゲイニング結果発表

       こんにちは。メンバーのチェシャです。発表自体はフォルツァで今週の火曜日(11月13日)に行われたのですが、私情も挟まりなかなかすぐにブログに上げられませんでした。申し訳ございません。 さて、結果の方ですが、発表時も会場は大変ざわついておりました。「何位だろう?」「景品とか出るのかな?」と。 審査員長(一人しかいない)はスタッフの嶋田さんでした。秋のレクレーション当日の帰り、「そうだ私だ!」と半ば忘れていたようでしたが(笑)。 せっかくなので、発表時の様子を出来るだけブログで、文章で再現してみたいと思います。 3位から発表をします。 3位 フラワーガールズ 1686点  なんだかかわいらしく撮れている写真の多いフラワーガールズが3位でした! いきなりの発表に、フラワーガールズチームの皆さんもびっくりしたような、「3位でよかった」と言うようなほっとした感じでしたね。 そして、次は2位の発表です。2位エンジョイ1706点 皆さん個性的で面白いエンジョイチームが2位でした!スタッフの吉田さんも凄くポーズが個性的だったのですが、他の皆さんも負けず劣らず、という感じですね! それでは、期待のかかる1位の発表……。「何がもらえるんだろう?」「お菓子じゃないのー?」と盛り上がる周囲をよそに、私もチームメンバーであるジャクサチームは、「これムリやな」「akiさんには勝てないよ……」「絶対うちじゃないわー」などなどと。すでに完全諦めモード入ってました。でも皆さんあんまり悔しがってはいませんでした。勝てないだろうけど、楽しかったよね、って。 さて1位。 1位高槻クロコダイル2006点 というわけで、今回の優勝チームは「高槻クロコダイル」でした!チームの名前は皆さんで決められたようでして、クロコダイルと命名したのは恐竜Xさんです。動物も好きな方ですし、ね。また、一部の方が「高槻クロコダイル、あるいは暇人」とか言ってましたけど、どうやらあれはメンバー公認ではないようで。 ともあれ、「高槻クロコダイル」のみなさん、おめでとうございます! さて、我がチームはと言いますと。4位ジャクサ(JAXS)1606点 残念な結果に終わってしまいました。ですが、やっぱりフォトロゲイニングをやっている間は楽しくて、トラブルも少々あったけれど、どれも大事には至らずに済んだし、皆さん良かったなぁ、って感じで、全然悔しがってはいないどころか、景品のお菓子が来る頃には結果の事を誰一人口にしませんでした。 次回やる機会があれば、今度はポーズの確認を徹底したいと思いますね……! どんなに必死に探してもポーズ間違ってたら得点になりません、ってスタッフの嶋田さんにも言われましたから! では、各チームどういう感じだったのか、写真がありますので既にブログに上げた写真などもございますが、それで今回は締めさせて頂きます。 ・めじろにて、秋。 15点 こちらがお題です。光源が少々強いですが、そのお陰でどこか神秘な感じのする1枚になっていますね。 それを見て、エンジョイチームの撮影がこちら。嶋田さん:全員ステキ! 男前♡ +10点 ・私、疲れましたわ 42点  お題です。 本当に疲れたそうです。ポーズ考えるのも大変みたいです。そりゃそうか。 そして、↓フラワーガールズの写真です。 嶋田さん:本当に、疲れてる~。 +10点 ・ファイヤー場 45点 なんだろうこれ。お題です。なんとなくど根性ガエルを思い出してしまうのは服の色のせいか?  ↓そしてうちのチーム、JAXS(ジャクサ)です。 嶋田さん:クールなポーズがいいです! +10点 ・ベンチで頬杖 +35点 お題です。首の傾げ具合がかわいい。 そして、エンジョイチームです。嶋田さん:スバラシ~イ!! +10点 とまぁ、こんな感じで。いかがでしたでしょうか? 景品のお菓子はメンバーの皆さんで美味しく頂きました。 それではまた!

      テーマ:
  • 09Nov
    • フォルツァの看板が新しくなります。

       こんにちは。メンバーのチェシャです。フォルツァの看板がリニューアルされるというニュースが入りましたのでお伝えに参りました。 イラスト部にも所属されているメンバーの志野さんがデザインし作って頂き、ポップで可愛い仕上がりです! ↑これです!明るい色使い、ピンク色の大小の二匹のちょうちょ、まんまるなフォントがかわいいですねー。 配色もちゃんと考えられていますね。どうやら、一発書きではなくまずしっかりとデザインを決めるためにアナログでデッサンを描き込み、パソコンのお絵描き用ソフトで仕上げたようです。 普段から無地のノートにも絵を描いていたり、パソコンを使って絵を描かれている方なので、まずしっかりと下書きを描くという事は普段からやっていらっしゃるのだと思います。 メンバーのコレットさんに絵の描き方を度々教えてもらうのですが、全てパソコン上で描く場合でもまず下書きをしてからその線をなぞるようにしてしっかりと線を引き(この段階の作業の事をペン入れと呼び、綺麗な線を引けるように微調整する作業の事をクリーンアップ(ナップとも)と呼ぶそうです)、綺麗な線を引き終えたら色を塗る段階に入るのですが、塗る範囲をまず選択してから塗りつぶしを行い、ここでも色自体の調整や塗り範囲の調整を行います。色塗りが出来上がり次第完成、という形になるようです。 また、これは私が昔どこかで聞いた話なのですが、パソコンでは細い線が正確に引きにくいので、手書きで下書きの線を引いてそれをパソコン上にスキャンして取り込む、という方法を取っていた方がいました。 しっかり土台を作る事は、大事、という話でした。長くなりましたね、申し訳ございません。 それでは、ここからは看板のデザインの作者である志野さんとのインタビューの様子を載せさせて頂きます。 初めてのインタビューで緊張しましたー。でも優しい方なので、私からの質問に快く答えて頂きました。  ――デザインに込めた意味などあれば教えてください。志野さん 明るい感じ、でも女の子っぽくならないように黄色と黄緑のグラデーションにしました。フォルツァのマークは花なので、ちょうちょにしたのもそういう意味があります。飛び立つ、みたいな……(照れながら)。  ――一番頑張ったところを教えてください。志野さん ちょうちょです。ネットで検索して、こんな感じかなぁ~、って。自分らしくアレンジしました。  ――では一番苦労したところは?志野さん 画像自体(ファイルサイズ)が大きかったので、すぐにパソコンの画面が真っ黒(フリーズ)になって……。とにかく、何をやるにもそこに時間取りましたねー。  ――このデザインの中で、一番気に入っているところなどあれば教えてください。志野さん ……(しばし考え込んだ後)全体。全体に目がいくようにしたくて、二匹のちょうちょの位置もなるべく離しました。とにかく全体像を重視しました。  ――次回またこのようなデザインをする機会があれば、 次に活かしたい事や今度はこうしたい、という事などあれば教えてください。志野さん 背景にボーダーとかやりたかったんですけど、今回の看板は大きいのでうるさいかな? くどいかな? と思ってやめました。シンプルな黄色と緑のグラデーションにしたのも、そういう理由からです。また、小さいもののデザインをする機会があれば、思いっきり凝りたいです。  ――最後に、他にお話ししたい事などあればお願いします。志野さん えーっと……見かけたら、見て! 見てください。 インタビュー中はメモを取っている私を気遣って言葉を止めるシーンが度々ありました。必死にメモを取っていて私がお尋ねしている立場なのに、その間もメモを取り終わるまで一旦黙ってしまう……いやぁ、面目ない。 でもそんな中で、こんなにいっぱい答えて頂きました。志野さん、ありがとうございました。お陰で素敵な記事になりました。 志野さんがデザインされた看板は只今発注中でして、ブログ先行公開の形でした。そのうち、看板として掲げられる時にもブログが上がるかもしれません。 それではまた!

      2
      テーマ:
  • 08Nov
    • 秋のレクレーション・飯盒炊爨&フォトロゲイニング

       こんにちは。メンバーのチェシャです。以前予告編を上げましたね。雨天中止だと聞いていたので雨振るかなーという不安もありながら(それよりなんだかドキドキして前日なかなか眠れなかったのですが)、当日を迎えてみると少し朝降った雨で地面が濡れていましたがそれ以降は全く雨が降らず、すっきりと晴れた中でレクレーションを楽しむ事が出来ました。 摂津峡青少年キャンプ場というところで秋のレクレーションが行われました。どういうところなんだろう、とわくわくしながら普段使う事もある市バスに乗って揺られて数十分、段々山の中へと入っていって、まだ色あせない緑色をした自然の中をぐんぐんと突き進んでいき、綺麗な景色に心を癒されながらこんな山道歩いて私の体力が持つんだろうかという不安にも揺られ。 そうして着いた先がこんな感じ。 坂が凄いんですよ、ちょっと上がるだけで体力持っていかれる。でもこういう写真の中の世界にいるようで、美しい自然に取り囲まれて空気もおいしい、しんどさより楽しさが勝っていましたね。 あと皆さん結構体力あるんですよ、私も頑張ってついて行ってましたけど、どんどん上がって行っちゃうんです。この写真の坂だけぐらいなら2分もかからないかもです。 そして、距離もあって角度もある凄い坂を登り切った先に、今回のイベント会場が見えて来ました。 この看板の上の方に(逆光や陰で大変見えにくいと思います)、摂津峡青少年キャンプ場と書いてあります。ここの第一キャンプ場をお借りして、秋のレクレーションを行いました。 着いてまず、現地の方から伺ったのは『山の中には人の手では管理が出来ない、危険生物が生息している』という注意でした。特に、近年ではスズメバチが猛威を振るっているそうで、初めは怖いと思ったのですが、丁寧に対処法を教えて頂き(決して見かけても慌てず騒がず、その場から去るのを待つのが良いそうです)、皆が無事に帰れる事を密かに祈りながら恐怖心を落ち着ける事が出来ました。 さて、というわけでまずは飯盒炊爨。ちょっと休憩して、元気を取り戻してから皆で手分けして……いや、私のグループのJAXS(前回綴りを間違えていました。すみません)は各自率先してそれぞれ出来る事をやっていました。  こういった感じの事をざっと現地の方に教えて頂き、お米研ぎ担当の方や私のグループではすけにちさんがお米を研いでくれました。 すけにちさんはほとんど毎日お米を研いで炊いていると言っていました。やはり経験が為せるのか、物凄く早い段階で研いだお米の入った飯盒を二つ持ってきましたね。 が。せっかくすけにちさんのお陰で早いスタートダッシュが切れるかと思いきや、火がつかないという事態に。 上の表で行くと、(4)のところで火にかけようと思ったら、ついていないんですね。 なかなかこれが難しく、現地の方に分かりやすく教えて頂いて、スタッフの筒井さんに手伝って頂きながらようやく大きな火がつきました。 分かりやすい図表などがなく文章のみで申し訳ないのですが、まず新聞紙などを丸めて火種にします。この上に空気の通り道を意識しながら(火は酸素を燃やし続けるためです)薪を組みます。少し隙間を開けて、火が燃え移るようにしないとすぐ消えてしまいます。また、長時間火が消えないように保つには薪を少しずつ燃えるように、なおかつせっかく組み上げた火の中で燃え続けている薪が崩れてしまわないように足さなければなりません。 火は友達、と現地の方が陽気に仰ってましたが、そうですね。友達というのは基本対等で、どちらかがへりくだって従うものではありません。なかなか思い通りになってはくれないけれど、ちゃんと方法を守れば私達を助けてくれます。 余談ですが、私が精一杯うちわを扇いで火を大きくしようとしている間、スタッフの田中さんが「燃えるような歌うたってくださいよ」とすけにちさんにリクエスト。するとすけにちさんがノリノリで歌い出したのは初代プリキュアのオープニング曲。 私が無意識に調整していたのかそれとも脳の錯覚か、すけにちさんの歌声に合わせて火が揺らめいていました。 スタートダッシュは出遅れたものの、JAXSも無事ご飯が出来上がりました。 カレーやご飯の写真がないのが非常に残念ですが……! ご飯はとても美味しかったです。カレー部分がほとんどなくなっても、おかわりする人が続出。私も一杯もらいに行きました。飯盒炊爨で炊くご飯で食べるならハヤシライスがいいな、と思ってハヤシライスのレトルトの奴を選んだのですが、正解でした。とっても美味しかったです。 さて、飯盒炊爨の時の写真があまりなく、長々と文章で綴らせて頂きました。ここまでお読み頂きありがとうございます。 この後はフォトロゲイニングをしました。ルールはなんとなく聞いていて、チェックポイントと指定されている場所に歩いて向かい、無事チェックポイントに辿り着き、指定のポーズを取って写真が撮れればポイントゲット、より多くのポイントを入手出来たチームの優勝というスポーツです。結果発表は来週の火曜日(11月13日)にフォルツァ内で行われます。景品としてお菓子が出るらしくって、今からわくわくしております。 スタート地点に全員一旦集まって、時間の関係で2分ごとに順番にそれぞれスタートします。何故時間を空けるのかと言いますと、先行しているチームに出会ってしまうとチェックポイントの場所が分かってしまうからです。まぁ、間隔が短すぎて何度か別チームにお会いしましたけどね。 これが当日使われた地図です。私はさっぱりどこがどこだか分からなくて、制限時間が分かるストップウォッチ(0秒から計測して、60分=1時間経ったら終了。1秒でも超えると減点)を持つので他はお任せしますという形に。 あまりこういう時は「行き先は皆さんに合わせます」と言ってしまう方なので、十分もない作戦会議の末手早く決めて頂いた作戦に首を縦に振り、筒井さんの合図とともにいざスタート。 ストップウォッチを見ながら時間を気にして歩いていると、どんどん坂を上がって行って「この辺近い」「この辺にあるはずなんよなー」と10分も経たないうちに何ヶ所かチェックポイントを発見。チェックポイントだと素早く確認を済ませると同じJAXSチームとして参加していたスタッフの田中さんが「写真撮ろー。はいろー」と呼び掛けてくれたお陰であまり抵抗感なく写真を撮る事が出来ました。どうしても写真が苦手という方は撮る側に回るなど工夫して参加されていました。私も意外とカメラの扱いには手こずってばかりなので、撮って頂ければポーズ取ります! って感じでした。 お題がこんな感じで(スタッフの嶋田さん、古木さんがお題のポーズをしています)。「やっと来れた~!」って感じが出せればオーケー、だと思われます。  こちらはエンジョイチームの写真です。同じポーズだけど皆さんそれぞれ個性が出ています。ちょっとそれぞれ違うけど全員正解で良いですよね? チーム・フラワーガールズです。なんだかちょっとポーズがカワイイ。 JAXSです。どうでしょう……もしかしたらポーズ違うかも?:みんな頑張って見つけたのでオーケーくださいっ! チーム・高槻クロコダイルです。一人ひとりちょっと違いますね。このチームが一番個性的かも? あとは色々、なんだかおもしろいなと思った写真を厳選してまとめさせて頂きます。 そう来たか(笑)。この発想はなかったです。 この角度が良いですね。臨場感があって。三人だけどUFO。  なんでこっち向いてキメ顔してるんですか(笑)。 いかがでしたでしょうか。思ったより長くなってしまいましたが、実際帰る時には「もう終わってしまったんだな」と、あまり長い時間を過ごした感覚ではなかったです。あっという間に終わってしまった気がしました。楽しいと時間が早く進んでいる気がする、って感じでした。 久しぶりに楽しいイベントに参加出来てよかったです。また、このような機会があればブログにも上げさせて頂きたいと思います。 それではまた。

      テーマ:
  • 05Nov
    • フォルツァ通信秋号が出来ました。

       こんにちは。メンバーのチェシャです。今回はフォルツァ通信秋号のお知らせに参りました。 一番上の「就労定着支援事業」は、一見難しい事が書いてあるように思えますが、スタッフの時任さんが分かりやすい解説を添えてくれています。 5(ファイブ)リズムは、以前ブログにも記事が上がっていましたね。内容は特に変わっていませんので、見やすい方をお選び頂けます。 その下は、メンバーのAkiさんが趣味でやっているというビオトープのご紹介です。写真にはいっぱいメダカや同じくらいの小さな魚が泳いでいるのが見えますね。メダカとミナミヌマエビ(私も初めて聞きました)の子どもが生まれました、と書いてあります。 水換えだけでいいなんてかなり手軽に出来るんですね。小さな生態系を作るようなもの、とは聞いた事があったので、難しそうなイメージがありました。そうではないんですね。 裏面(下の画像)に移りまして、スタッフの時任さんがプレゼンターとして「自慢の上司コーナー vol.5」にて『優しい「天使とイケメン」』と表現した上司のお二人をご紹介しておりますね。他にも二つ、小さいですがサンスター株式会社への実習とeラーニング教材制作第2弾という特集も載っています。このeラーニング教材のナレーションを時任さんが担当されているそうです。まるで鈴の鳴るような高くて綺麗な声なので、大変聞きやすそうな気がします。 画像とある程度の挨拶だけではなんだかなぁ、と思い私なりに文章を付けさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。 また、明日(11/6)の飯盒炊爨のイベントや他にもお知らせやフォルツァの紹介記事、イラスト部の皆様の作品など今月はまだまだいっぱいアップさせて頂けるものがありますので、更新の機会は多いと思われます。 それではまた。

      テーマ:
  • 02Nov
    • イラスト部

       こんにちは。メンバーのチェシャです。申し訳ございません。実は、前々から出来上がっていた作品があったのですが、私の都合によりアップが出来なかったものがあります。なので、今日全てお披露目したいと思います。 それでは、まずこの作品から。 この前大トリとか言ったから鳥からで!というノリで、鳥の絵です。沙羅双樹さんの作品です。この前の肖像画を描かれたのもこの方です。紹介が遅れてしまい申し訳ございません。 さて、かわいい小鳥さんたちですね! どちらもとってもかわいい! 撫で回したり両手で包んで抱っこしていたいですね!まっすぐこっちを向いていないのも“らしい”というか。でも下の小鳥ちゃんの首の傾げ方は面白いですね。何を見てこんな傾げ方をしてしまったのでしょう? まるで横倒しの何かを見る人間のような首の傾け方にも思えますね。  こちらも、沙羅双樹さんが描かれたイラストです。朝ドラ『半分、青い。』の秋風羽織役を演じておられました俳優の豊川悦司さんです。 大変渋くて格好良いおじさまですね。役柄としては、美少年や美少女を描く事が得意な人気少女漫画家でしたよね。モデルは本当に女性の漫画家だったようですが、独特な作風で確かに秋風羽織という役柄に繋がっているように思えますね。 私も初めてこの名を聞いた時、「はおり? 女性っぽいな」と思いました。少女漫画家の名前として見たら確かに女性だと勘違いしそうですね。 沙羅双樹さんもこの方の演技に感銘を受けて、この絵を描いたのでしょう。感動や憧れ、またこの秋風羽織という役、『半分、青い。』というドラマが好きだ、という気持ちが伝わって来るようですね。しかしこのドラマには他の登場人物もいる中で(登場人物が一人しかいないドラマって何気にないかもですけど)、この秋風羽織を選んだのはこの役、あるいは俳優の豊川悦司さんが好きだからだったかもしれないですね。 この絵を見たスタッフの方々も皆さん口をそろえて「とよえつ!」と言っていました。  では次は、この方。恐竜Xさんですね。下にby恐竜Xって書いてある。 今回のは色々な恐竜の寄せ集めですね。ただ、どれも特徴があってカラフルで、やはり恐竜が好きだと言う恐竜Xさんの気持ちが伝わって来るようですね(名は体を表すとは、正にこの事ですかね)。 そういえば話は少し違いますが、恐竜は鳥の祖先という説があるそうですね。恐竜が生きていた時代は、低酸素状態にあったと言われています。その中で、恐竜が生き延びる事が出来たのは気嚢(きのう)という器官があったからだと聞いた事があります。鳥も、あんなに高く飛んでも平気なのは気嚢があるから、だそうです。つまり、少し外を見れば飛んでいるカラスや電線に止まっているスズメも祖先は恐竜かもしれないのです。 良いですよね、こういう話。ロマンを感じますよね。 続きまして、既に何度かブログにこの方の絵は上げていますね。ハンドルネームが判明いたしましたのでご紹介いたします。プリンセスさんです。 左上の方に『◇ロリータイラスト◇』と書かれています。先日のハロウィンイラストにも登場した三人、でしょうか。今回もそれぞれ個性が出ていて女の子らしい感じがいいですね。衣装、髪形、表情どれ一つとっても同じものがありません。オンリーワンですね。 余談もとい豆知識ですが、虹の色は上から赤、橙、黄色、緑、水色、青、紫です。が、カワイイからOK!  塗り絵ですー。モチーフの分かりづらい幾何学模様のパターンですね。シモネさんによる塗り絵です。 これ、私も違うパターンのものを塗った事があるんですけど、難しいんですよ。柿だとか、あけびだとか明確な形がないので。 よく見ると、それぞれ塗る色を決めてところどころ色が混じり合う場所も“混ざった”って感じがするように色が塗られていますね。 光の三原色の見本図のように混じり合っている箇所もありますね。こういう色の変化は見ていて面白いですよね。 残っていたら私のも引っ張り出してこようかなぁ……。 さて、それでは最後に一風変わった作品をお見せしたいと思います。はるっちさんの作品です。 ゾウさんです。このゾウさんは今はらぺこで、運よくりんごをゲットしたところです。そのままひと思いに食べてしまうかと思いきや……。 ……おや?横に落ちているチョコパイの方が気になるようです。 物凄い勢いで食らいつきました! 鼻ですけど!鼻先でチョコパイゲット! チョコパイあま~い!元気になったゾウさんでした。 ……という4コマ漫画でした。ちなみに作者のはるっちさんからのコメントですが、「なぜ、ゾウなのにチョコを食べているんだ?!」と自分でノリツッコミ。 それでは、今回はこれにて。イラスト部としては、また来週作品が出来上がり次第アップさせて頂きます。 それではまた。

      テーマ:
  • 31Oct
    • 【イラスト部】ちこくぐみ

       はっぴーはろうぃん!遅刻しました。メンバーのコレットです。途中経過ですが、上げておきます。来年に向けて……。かぼちゃ塗れてないのにハロウィンっておかしいね。完成を楽しみに待っています!!(by.スタッフ)

      テーマ:
    • イラスト部【ハロウィン特別仕様】

        ハッピーハロウィン!メンバーのチェシャです。今回はハロウィンスペシャルです。 ハロウィンといえば、アメリカでの子どもが恐ろしくも可愛らしい仮装をして近所の家を訪ねて回り「トリック・オア・トリート!」と言ってお菓子をもらうイベント、というイメージが強いですが、本当は古代ケルト人が行っていた、秋の収穫のお祝いと悪霊を追い出す魔除けの儀式が一緒になったお祭りのようですね。 今日、10月31日はケルト人にとっては1年の最後の日と考えられていたそうで(今でいう大晦日でしょうか)、秋の終わりの日であり冬の始まりの日とも考えられていたようです。そしてこの時期は、悪い精霊や魔女が出てくると言われていて、それらから身を守るために仮面を付けて、魔除けを行っていたようです。その風習が後にアメリカでの仮装に繋がったという事のようです。ジャックオーランタンというカボチャをくり抜いて作るハロウィンの飾りもありますが、これも魔除けに由来するもののようです。  さて、説明が長くなってしまいすみません。こちらフォルツァではせっかくなのでとイラスト部の皆様によって作り上げられました大作を是非、ブログにも上げさせて頂きたいと思い、私が名乗り出た次第でございます。 ではまず、こちらから。 メンバーの志野さんが描かれたイラストです。 いろんなところにハロウィンっぽい要素が散りばめられていますね。カボチャ、お菓子、コウモリと何一つ欠かす事なく。ミイラ男の帽子のデザインをよく見ると、蜘蛛の巣の模様が入っています。そしてよくよく見ると、その隣のサングラスかけた男の子の目までしっかり描かれています。 こんなに描くの大変だっただろうな……! と細かいところまで見ると苦労とその凄さが伝わって来ます。お菓子とかちょっと誤魔化してもいいのよ? と言いたくなりますが誤魔化すと悪戯されちゃいそうですね……! どの子も生き生きとしていて可愛いですね。ハッピーハロウィン☆  メンバーのてごんさんの作品です。周りを取り囲む5匹の動物はともかくとして、一人だけ人名を与えられている謎の人物がいますね。スタッフの山田さんです。同じくスタッフの古木さんがこの絵を見てすぐに本人を呼んできて見比べていました。その時の一言が、「あらそっくり!」でした。本人はそれを聞いて苦笑いしながら、「タルか何かに入ってるんかと思いましたよ」と。 その後、スタッフの吉田さんが見た際には少し声のボリュームを落としながらも「ズボン履いてないぃ……」と大笑い。私もなんだかその着眼点が面白くて口元を押さえていながらも笑い声が外に漏れてましたね……。 シモネさんの塗り絵です!色使いが綺麗! 特に葉っぱの塗り方がいいですね、何というか、美しいけどもどこか実際に落ちていそうなリアル感というか。 蓮の葉の色もところどころ薄くしたり濃くしたりと工夫が見られます。 上の方の三輪の花びらをあえて塗らずに白くしたのもいいですね。ついつい塗り絵となると「ここも塗った方がいいのかな!?」と思うものですが、なんでもかんでも色つけりゃいいってもんじゃありません。そういうところもちゃんと分かってるなぁ、って感じがしますね。 この絵を初めて私が見た時。「あれ、この絵上げちゃってるかなぁ……」と失礼ながら本当にそう思ってしまったその直後、「あ、違う! 新しいやつだー!」 と、なりました。 左の子と真ん中の子は、前にブログで上げた絵の子と同じ子達ですね。右の子は大胆なアレンジが加えらえています。左の子もスカートになっていますね。 上の方には『明日は本番のハロウィンですわ!トリック・オア・トリート!!!』と書かれています。 この絵を完成させたのが前日だったから、だと思いますが、つい今日この絵を上げようと思って見た時に「もう今日になっちゃったよ」と密かに心の中でツッコんでしまいました。  はい。シメを飾って頂くのは二度目です。恐竜Xさんです。 今回は恐竜だけでなく合成獣、キマイラのように様々な動物の特徴を色々組み合わせて面白い動物を作ろう、というのがコンセプトだと伺っております。 「自信作なのですか?」と恐竜Xさんに伺ったところ、少し考えてから「しいて言うなら、ワニ+カエル+カラスの奴です(上の絵の中では一番左下の絵です)。目をちょっとアレンジしてみました」と仰っていました。 これだけではありません。二枚目もあります。 スタッフさんの間では、二枚目の絵の中のカバの顔をしていてカメの甲羅を背負いトラの足をしていてワニのしっぽが生えている奴が大人気。カバの顔がかわいいと評判でした。 この中では、恐竜Xさん的には5匹の恐竜がお気に入りだそうです。5匹それぞれ別々の恐竜の特徴を組み合わせているのだと思います。 では、最後に。  いかがでしたでしょうか?今までこの写真に写っている絵を上から順番に一枚ずつじっくり見て頂いてから、この全体像を見て頂きたかったのです。 当初の予定ではこの写真だけ上げるーって話になっていたようですが、「いやいやこの写真だけじゃ絵がよく見えないよ」と思ってストップをかけました。 ホワイトボードですのでいくつかは直接描かれた絵もあります。そして、コウモリの体や黒い蝶、黒猫や一番左の大きなカボチャがかぶっている帽子などは、シモネさんと沙羅双樹さん(この前肖像画を描いてくださった方です)が作ってくださいました。 コウモリの顔は急遽恐竜Xさんがその場で描いてくださいました。 『HAPPY HALLWEEN』 ※Oを忘れてしまいました。の文字装飾は、沙羅双樹さんが描いてくれました。 以上、フォルツァのイラスト部の皆様が作り上げた素敵なハロウィン作品でした! ハッピーハロウィン!

      テーマ:
  • 30Oct
    • 秋のレクレーションのお知らせです。

       こんにちは。メンバーのチェシャです。夏は美味しいタイ料理のお店に行ってお食事会をしましたが、秋はみんなで飯盒炊爨でご飯を炊いてその上に好きなカレーをかけて食べよう! というイベントが行われます。今からお腹が空いてきます……! ※今回は上げられる写真などがなく、私の文章オンリーとなります。申し訳ございません。 イベント当日は11月6日(火)です。晴れるといいなー。 当日はあらかじめグループが決まってまして、そのグループごとに分かれて飯盒炊爨を行います。私の所属するグループ名は『JAXA(ジャクサ)』です。おおなんか聞いたことあるー、宇宙的なー。調べる前に名前を聞いてそんな感じに答えた覚えがあります。確かに調べるとそんな感じですね。 メンバーの皆さんは何だか大人しそうな方ばかり(イラスト部の方はおられませんでした)なので、私としては静かな方が好きなので落ち着いてゆっくりご飯が炊けそうです。 まぁ多分当日は、よそのグループから遊びに来る方とかもいらっしゃるとは思いますけどね。 飯盒炊爨の後もまだ一大イベントがあります。その名も、『フォトロゲイニング』! 何の事だろう? と思う方もいらっしゃるでしょう。私も名前だけ聞いたら「なんのことだろう?」と思いました。ですが、内容を聞くと「あーあれかー」と思い出せました。 地図を見ながら、あらかじめ設定されたチェックポイントに行き、そのチェックポイントごとに点数が設定されていて、一番多く得点を獲得したグループの勝利、という内容のスポーツです。 教科書で見たことある! という人もいるんじゃないでしょうか。私もそうです。保健体育の教科書だったかな? さらに追加ルールとして、チェックポイントごとに決められたポーズをグループ全員で行えたら得点になるそうです。難しいポーズなんかもあるみたいですね……ヨガのポーズとかじゃない事を今から祈っておきます。 制限時間もあります(リアルに帰らなきゃいけないという事もありますけどね)。時間内にスタート地点から出発、どのグループよりも多く点数を稼いで、時間内にスタート地点に戻って来る事が理想となります。時間内に帰って来れないと遅れた分マイナスになります。 じゃあ近場でめっちゃポイント高いところ行けば勝ち確(勝ち確定)じゃん、と思いますよね。残念、そんなところはないそうです。一番遠いチェックポイントが一番点数が高く、そこから距離がスタート地点に近づくにつれ点数が下がっていくようです。 スタッフの田中さんにルール確認をしたところ、「遠いチェックポイントのところに行って高い点数入手して戻ってくるか、近場のチェックポイントに行って確実に点数を稼ぐか、それはあなた次第ですっ(笑)」とどこか楽しげに言っておられました。 私はそうですね、遠くに行って高得点を狙うような博打みたいな人生に憧れながら実際はそんな危ない橋渡りたくない小心者という奴なので、近場を回りたいかな……とか思いますけど、グループで話し合って行先を決めるので、もしかしたら大博打に出ているかもしれません。 いやぁ、楽しみです。また、イベント後日は撮ってきた写真などもいっぱいあると思いますので、ブログとしてアップしたいと思います。 さて、イベントの日まではちょくちょくイラスト部の活動や他のお知らせなども挟むかと思います。 それでは、また。

      テーマ:
  • 12Oct
    • イラスト部

       こんにちは。メンバーのチェシャです。前回上げたブログですが、見て頂く場合には何の問題もございませんが、スタッフさんに確認して頂くため「昨日上げたよなー」と自分でブログを探したところ、投稿日時の指定をしておらず(デフォルトだと書き始めた時間で設定されるみたいなのです)昨日の日付になってなくて少し探すのに手間取ってしまいました。 また、『あれ、この日このブログ上がってなかったよな?』という混乱を招いてしまっていたら申し訳ありません。以後気を付けたいと思います。  さて、まだまだイラスト部で描き上げられた作品が発掘されましたので昨日に続けてアップさせて頂きたいと思います。 今回はオリジナルイラスト多数+肖像画1枚というこのイラスト部のブログ始まってから一番不思議な取り合わせになるのではないかと思われます。 それではまず一枚目。 はーい、今月末はハロウィンですね!横に書いてるのは恐らくコンセプト……いやテーマでしょうか。まるでドレスのような衣装に身を包んだ女の子がロリータ、その隣にアクセントとして星をあしらった衣装の女の子。そして、後ろの子は女性版ヴァンパイアでしょうか……!? クールに赤ワインを注いだグラスを傾けて月を眺めていそうなカッコよさを感じます……! 本来恐怖を感じるのが正解なのでしょうが、魅惑的な美しさで誰も彼も骨抜きにしそうな鋭い眼光がカッコいいです! みんな仲良く仮装大会している女の子達かもしれませんが、みんな気合入ってて仮装じゃなくて本物じゃないか……!? って気がしますね! 本物だったら本物だったで面白い、小説一本書けますよ(笑)。  引き続いて同じ方の絵がありましたので。ちょっとこちらは私がデジタルな力を使って改変してしまったものではありますが。電子の世界に取り込んでしまうと、せっかく繊細で美しい色使いが掠れて見えなくなるという悲しい事態が度々起こるのです。何とか元の美しさを保ちつつアプリの力でぐっと色味を見やすくしました。 スタッフの田中さんに確認したところこの子は「りーちゃん」という名前の子だそうで。特に名前の元ネタなどは伺っていないとの事。旅をしているのでしょうか? わずかながら宝飾が施された杖、軽く着心地の良さそうな服、小さめでおしゃれな帽子。どこかで見たような鳥が飛んでいる、青空がどこまでも広がるその下で。彼女はどんな場所を目指して歩いているのでしょう? 良いですよね、こういうひたすら歩くような旅をしている人って自分で何でも出来るだろうし格好良いですよね。 では続きまして、一気に雰囲気が変わります。今回からの新人さんです~。 この方が作った架空の街、のようです。この方は電車が大好きで普段から電車の話になると熱心に話し出すのですが、きちんとレールが敷かれていますね。駅のホームもあります。 駅前、絵の中では一番大きな建物であるピンクの建物をご覧下さい。よ~く見ると、『田中健康所 保健所』と書いてあります。この『田中』とはスタッフの『田中さん』の事らしく、本人公認という事です。さらに、スタッフの田中さん自身は建物がピンク色である事をカラフルで気に入っているんだとか。    こちらも同じ方が描かれたものです。500系山陽新幹線新大阪→博多間と書かれています。電車の事はホントによく知っていらっしゃいます。好きだから描いたよ、って感じが伝わってくる1枚ですね。こういうその人の「好き」が伝わってくるような絵っていいですよね。 さて、次は初めての肖像画です。   どうでしょう。実際にいそうな気がしませんか?肖像画というか似顔絵ですので実在する人物を描いているんですけども。しかもあまりに似すぎているので「これ大丈夫ですか?」とスタッフの田中さんに尋ねたところ「大丈夫です! 本人からも許可を頂いていますし、描かれた方からも許可をもらっています!」と力強い肯定。 どれぐらい似ているかっていうと、まるで本人を直視している気分になります。ちょっと気恥ずかしくなります。ぐっと妙な羞恥心を堪えてよくよく絵を見てみますと、やはり眉毛、瞳、唇、チラ見せした歯など凄く本物に近いというか、上手いですよね。耳の形や髪形も見事です。 さて、前回までと大分雰囲気が変わったと思いますが、いかがでしたでしょうか。皆様、それぞれ楽しんで描いていらっしゃるんだろうなぁと絵から伝わって来ますよね。『絵は楽しく描くのが一番』とメンバーのコレットさんも言っていらした事があります。 また、イラスト部の皆様が描かれた絵が上げられるようになりましたらブログに上げさせて頂きます。 11月はイベントが多いのでそちらが先になるかもしれません。情報が入り次第イベントについてもお知らせをさせて頂く事になると思われます。 それでは、また。

      テーマ:
  • 10Oct
    • 見学会開催のお知らせです。

        こんにちは。メンバーのチェシャです。次回開催される見学会についてお知らせします。  日 時 2018年11月22日(木)午前・午後         ★お申込み不要です。直接お越しください。  場 所 フォルツァ 2F 訓練所  対 象 ご本人、ご家族、支援者、学校関係者、医療機関※出入り自由です(12時~13時は昼休憩のため閉室しています) 午前、午後、ご都合の合う時間帯で見学いただけます。  ↓当日のスケジュールです。  ↓地図です。   ↓ココです! お気軽にどうぞ。 

      テーマ:
  • 04Oct
    • イラスト部

       こんにちは。メンバーのチェシャです。前回のブログより一ヵ月程度しかなかったのにも関わらず、どれをアップしようか迷うほど作品がいっぱいになっています……!なので、少しずつ皆様の個性やセンスが詰まった作品をお披露目したいと思います。  柿の色が素敵……! 絶対美味しいやつですよこれ!あまり熟しすぎると赤くてふにゃふにゃになるけど、綺麗なオレンジ色なのは甘くて美味しいんですよねー。食べたい。と、つい果物の方に目が向きがちだけどカゴや葉の色も味があって良い……!どの箇所にも言える事ですが、光の当たり方も表現出来ています。 余談ですが、カゴの中の一番右端の実は何の実だ? と話題になり、スタッフの嶋田さんが自信なさげに「あけび」と一言。その後、色んな人に話が広がって……スタッフの吉田さんがあけびで正解だという事と、あけびは食べられるという事を教えてくれました。どんな味がするんでしょう……? 食べた事も見た事もない私としては想像が膨らむばかりです。 かっこいい……!虫は苦手なはずなんですが、この作品を見た時まず一番下の黒い鈴虫に一目惚れしました。色使いかしら? 大変格好良く見えるんですよね。 彼岸花の色合いも素敵。彼岸花といえば赤色のイメージが強いと思うのですが、全く同じ赤色にはしていないんですよね。特に上の3つ並んでいるのを見比べてみると面白いです。 メンバーのコレットさんが描かれた絵です。これ……もしかしてルーズリーフ?それはさておき、ポーズが良いですね。かわいい女の子がやるからこそしっくりくるこのポーズ。どこか不安げな表情を向けてきていますが、その憂い顔さえ美しいというか。かよわくてかわいらしい女の子の一枚です。 これもメンバーのコレットさんが描かれたイラストです。なんでも、リレー小説企画が持ち上がってまして、その小説に登場するキャラクターをコレットさんが描き起こしたのがこちらのイラストという事です。小説はまだまだ始まったばかりなのでこの絵とは多少違う部分があるかと思われます。……多分。 リレー小説の参加メンバーは、琴ちゃん(スタッフの田中さん)、Mitsusa(スタッフの吉田さん)、キャシー(スタッフの古木さん)、コレットさん、バビル2世(スタッフの山田さん)、湊 春日ちゃん(メンバーの方)の6名です。小説がどんな風に仕上がるか、私も密かに楽しみにしております。この絵からも滲み出ていますが、何だか楽しそうですよねこの集まり。  引き続きまして、前回のブログで初めて紹介させて頂いたあの方の新作にございます。 電子の世界に取り込むと色が薄まってしまっているのが大変惜しい……! でも伸び伸びと自由に描いている感じが凄く良いですね! 左の子の髪形、実際にするのも大変そうですね……描けてるのが凄いですね。 ところで、空を飛んでいるのは……鳥? 妙に得意げな顔をしていますね。 今回からの新人さんです。ざっくりした描き方をされてますね。大胆な筆使い、迷いのない線、そして大体の形は捉えています。 優しく笑いかけてくれているような雰囲気が良いですね。  これが最後のオオトリ、なんちゃって。というかトリ以外もいるんですけども。 メンバーの恐竜Xさんによるアニマルアート2号です。一応スタッフの嶋田さんには確認を取れたのですが、どうやら1号は“存在しない”との事。 面白い絵が目白押しですね! なるべく空白を埋めようとして普段から描いていらっしゃるので、1枚のボリュームが凄い。おかつどれ一つ取ってもクスっと笑える完成度の高さ。個人的には一枚目(表)の一番下のどっかり座っている蛙が良いですね。本物のプックリ感を想起させながらも、パソコンに向かってその広げた指でキーボードを叩こうとでもいうのかとでも言いたくなる堂々っぷり、そしてその奇妙な人間らしさと蛙らしいビジュアルのミスマッチっぷりが面白い。 まぁ、人間らしさに関してはその蛙に限った話ではないのですが(サッカーボール蹴ってるウサギやトラック運転しているキツネがいるし……)。 今回はボリューム多めにしてみました。いかがでしたでしょうか? 少しでも楽しんで読んで頂けたら幸いでございます。 またイラスト部の皆様の活動により素敵な作品が生まれましたら、こちらのブログに上げさせて頂きたいと思います。 それではまた。

      テーマ:
    • 5(ファイブ)リズム

      <5リズム記事>5リズム開催!ロサンゼルスから5リズムティーチャーの雅代さんをお招きし、メンバーさん、スタッフみんなで5リズムを踊りました♪5リズムとは、動く瞑想(movingmeditation)とも言われる、プラクティスで、元々は統合失調症の方に向けて考えられたものです。当日は、体を動かすのが好きな人も苦手な人も、音楽に合わせて自由に動き、体に貯まった不要なものを振るい落としてストレス発散!超すっきり!身体には様々な感情や記憶が溜まります。これからも5リズムでおもいっきり動いてみんなで楽しく心と体のメンテナンスができるといいなぁと、思いました。※5リズム認定講師雅代べノア  定期的に来日し5リズムのワークショップを開催 ファンキーなキャラクターと、クールな音楽チョイスと深いガイドで人気の先生。福島 さくら

      1
      テーマ:
  • 25Sep
  • 06Sep
    • イラスト部

       こんにちは。メンバーのチェシャです。今回はイラスト部の皆様の個性豊かな作品がたくさん出来上がりましたので、アップさせて頂ける事となりました。 では、一番手はこの方に。 メンバーの恐竜Xさんによる恐竜の絵です。イラスト部最初のブログにも別の恐竜の絵を載せていらっしゃいましたね。これもジュラシック・アートなのかな……? カラフルで見ててすっごい楽しい。 色の使い方も良いんですよね。ちゃんと配色考えられている感じがします。 さて、次は期待の新人の登場です。形の捉え方が凄いですよね。顏や髪形に個性が出てますよね。各々のキャラクターの性格がイメージしやすいというか。 この三人の女の子はレギュラーメンバーのようで、他の絵にも出てきています。 海ですね。手に持っているのはサーフボードでしょうか?アイテムでも個性が出てますね。 この子は違う子なのかな?ヤシの木とか雰囲気出てますよね~。優雅というか妖艶というかそんなイメージの人魚さんですね。……お姫様かも?  さて、ここからは塗り絵ゾーンです。色使いがすっごい綺麗! 濃淡がはっきりしていて、生き生きとしてます。どの花も一生懸命に空へ向かって首を伸ばしてますね。ああ、こんな塗り出来る人、憧れます。 いやー綺麗ですねこちらも。色使いが凄く綺麗。濃淡の付け方が凄く良いですね。遠近法も意識してる感じもありますね。 よく見ると茎と葉の色が二種類分かれてますね。しかもはっきりと。花の色との関連性は……どうだろうか? さぁ、塗り絵ゾーンとしてもこのブログとしても最後の一枚になります。なんとなくこの絵、最後のイメージがあるので。 まだ季節としては早いですが……そろそろ寒くなりそうですよね。っていうかもう少し涼しくなって欲しいものですよね。 枯れ落ちそうな淡い葉の色とか、実にも覆いかぶさった雪のやわらかそうな感じ、あまり強い色を持たない花……。 秋は多くの木などが枯れてしまう事から衰退のイメージがあるようですが、その秋を乗り越えて冬に花を咲かせ実を付ける、そんな強さも感じられますね。 いかがでしたでしょうか?今回は作品がなかなかに多く、収まりきらない分は次回に回す事も検討されていたのですが、もったいないので全部上げちゃいました。 またイラスト部の皆様の作品が出揃い次第、ブログに上げさせて頂きます。それでは、また。

      1
      テーマ:
  • 23Aug
    • お食事会

        こんにちは。この前は、イラスト部の皆さんの素敵な絵をブログとして上げさせて頂いたチェシャです。前回書き忘れてしまいましたが私もメンバーの一員だったりします。 今回は、8月17日にフォルツァで行われたお食事会のイベントについてブログを書かせて頂ける事になりました。 お食事会はお昼からでして、午前中は射的が行われておりました。最初はあまり盛り上がりを見せてはいませんでしたが……。 当たらないっ……!あまりの当たらなさにムキになっちゃう人続出。というか、当たっても倒れないので……。 苦肉の策。ラムネの上に乗っける大作戦。しかしこれでも、なかなか倒れませんでした。 さて、射的で体と頭を動かした後、お腹ペコペコで私達が向かった先はこちら。  熱帯食堂というタイ料理のお店です。メインイベントであるお食事会はこちらで行われました。タイ料理ってあまり聞いた事がなく、どんなのだろうと思って来たのですが。  めっちゃ辛い!!!!!しかし刺激的すぎるほどの辛さの中に確かに旨味があって、大変美味でございました。グリーンカレーだけは泣きそうになったけど(^^; 私の妹が凄い辛いの好きなので、『あれ辛かったよ』『これ食べてみ辛いよ』などなど情報交換してましたね。スタッフの嶋田さんや田中さんも『これ辛いですよねー』とか『ごはん系が意外に辛い』とか。  揚げ物が結構多くて惹かれましたね。ピリッとした辛さのものからがっつり辛いのまで様々でしたが。カレーとかスープとかずらっと並んでまして、 野菜も好きなのを選んで、自分だけのサラダが作れます! 気分転換に汁そば、なんてのもアリかと思います。ちょっとラーメンみたいにも見えますね。 食後のデザート。こっちはもう甘いです。ただ甘いだけでなく、独特な食感が楽しめます。見た目もかわいい!  いや~、楽しかったです。美味しかったです。またこのようなイベントがあれば参加し、またブログに上げていきたいと思います。ではまた、次の機会に。

      テーマ:
  • 04Jul
    • イラスト部

       初めまして。今回から、ブログを書かせていただける事になりましたチェシャと申します。 さて、イラスト部にて部員の皆様が描かれた綺麗な作品が少々出揃いましたのでアップしようという運びとなりました。まずはこちら。 コレットさんによるらくがきでございます。左はドラえもん、右はカービィですね。彼女の周囲でそんな話をしていたら、これが出来上がっていました。聞いていたんですね。 ここからは塗り絵ゾーンとなります。色使いが素敵ですね。紫陽花をカラフルにして、あえて白い色の花を多く残す事で色がうるさくならず、より色のついた花びらが引き立つ。なんかもう、分かってるなぁって感じ。花や葉のうえに落ちた雨粒も綺麗ですし、何より見過ごせないのが青空の中でにっこりと笑った太陽。スタッフの古木さんが「かわいい!」と絶賛しておりました。 綺麗なお花いっぱい!全体的に淡い色で綺麗ですが、よくよく見ると花の種類によって色の濃さが違います。丁寧に、そして時に大胆に。淡い色をした花もありますが、はっきりとした色を持つ花もありますよね。その塗り分けがよく出来ています。葉や実の色も、形や種類で大きく違うのが分かりますよね。 はい、塗り絵ゾーン最後の一枚です。あえて犬とレンガの色を抜き、舞っている葉や実の色を塗る事でシンプルで美しい一枚に仕上がっています。室内でクーラーの風を浴びながら、つい秋の風を思い出してしまうような気がします。ああ、また寒くなるんだなぁって。 さて、今回最後の一枚になります。まだ線画の段階であります。最初のドラえもんとカービィを描いたコレットさんが描かれました。これからの季節、夏祭りに行かれる予定のある方も多いと思います。左の絵は、夏祭りに向かう道中の女の子たちを描いたもので、浴衣を着た女の子とは対照的にとびっきりおしゃれな洋服を着ている女の子。関係性が気になりますね。 右はヨーヨー。色は見にくいかな……?最初の段階では中に金魚を入れてしまって、スタッフの吉田さんより「息できないから!」というツッコミが入り、柄という事になった秘話があったりします。 いかがでしたでしょうか?皆様、とても丁寧で美しい塗り絵や絵を描いたりなされますね。でもこれ、自分でも描いたり塗ったりしてみると意外に楽しかったり、リラックス出来たりするんですよね。ではまた、機会があれば。

      テーマ:
  • 25Jun
    • 臨床心理士山田の心理学の話

      こんにちは!フォルツァの生活支援員で臨床心理士の山田進治です。今回も、ちょっとした心理学の話をしていきたいと思います。前回までで、困ったことがあった時に「物事の捉え方」を変えたり、実際に行動することで解決する方法についてお話ししました。今回はまた別の意味で捉え方を変える方法についてお話しようと思います。何個も困ったことが重なった時、人はだんだん憂うつになっていったりします。だんだん希望を失い、何個もの問題を解決する気力も無くなってきます。こういう時、問題になることの一つが、自分の捉え方の問題になってくるのですが、悪いことばかり見えてくる、覚えていてしまうことです。これではますます落ち込んでいきます。これに対する方法が、「毎日寝る前に、ノートに今日あった良いこと3つを書く」というものです。ここでポイントになるのが、当たり前かと思っていることもよく見つめて、良いことに挙げていくことです。「今日の夕食はおいしかった」など、当たり前かと思うことも入れましょう。この方法の何がいいかと言うと、自分の目を「良いこと」の方に向けることなのです。悪いことばかり見ていた目に、良いことを見せていくことで、自分の毎日に対する捉え方が変わってくるのです。ぜひ一度使ってみてください。

      1
      テーマ:
  • 15Jun
    • イラスト部を始めました!

      こんにちは、この度フォルツァでイラスト部を立ち上げました!毎週火曜日の午後、自習の時間に実施します。今回は、参加してくださった方のイラストを紹介したいと思いますメンバーの恐竜Xさんが描いた、「ジュラシック・アート」です!カラフルな恐竜がたくさんで、とても素敵ですいろんな恐竜を知っていてすごいですね!恐竜が大好きなのが伝わってきます他にも参加してくださった方のイラストも投稿していきますので、どうぞよろしくお願いします!

      1
      テーマ:
  • 06Jun
    • フォルツァの紹介記事をアップします!9

      ブログアップ担当Kですメンバーのかなさんがフォルツァの紹介記事を書いてくれました!かなさんのフォルツァ紹介記事●ガムのさくせいが楽しいです。●フォルツァにはいっぱんきぎょうではたらきたいからかよってい ます。●いっぱんきぎょうではたらくためにコミュニケーションがにがてな のでフォルツァでべんきょうしています。

      1
      テーマ:

プロフィール

forza4510

お住まいの地域:
大阪府
自己紹介:
大阪府高槻市にあります就労支援センターフォルツアと申します! 『FORZA』とはイタリア語で『力』...

続きを見る >

フォロー

就労支援センターフォルツァの詳しい自己紹介はこちらの記事からどうぞ!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス