儲かるらしいというだけで、
FXを初めてしまうのは、大変危険です。

オイシイ話には、必ず裏があるものです。

FXの取引というのは、
外国為替を取引して、外貨のレート変動によって、
利益、損失を得るというものです。

最大の特徴は、証拠金取引ですね。

レバレッジ、てこ というものを使うことです。

証拠金というは、
例えば、手元に10万円しかないとしても、
100万円の外貨を買って、
取引できるようにするような仕組みのことです。

この場合、レバレッジは10倍です。

10万円しか手元に無い時に、
1000万円の外貨を買って取引できるように
するのは、
レバレッジが100倍、というわけですね。

レートがよくなって、利益が出る場合に、
レバレッジの分だけ利益が大きくなります。

初めにこのことだけが強調されます。

でも、レバレッジが大きいぶん、
レートが悪くなった時に、
こうむる損失もその分だけ大きくなります。

これは、あまり強調されない点です。

しかも、レバレッジが大きいと、
強制ロスカットというものが実施されます。

損失が大きくなりすぎないうちに、
強制的に、外貨を円に戻すという制度です。


株の場合は、株価が低くなったときにも、
手放さないで、
しぶとく保持しておいて、
あがったときに売るということができます。


でも、強制ロスカットを食らった場合には、
レートが悪くなった時に、それを保持しておくことが
できないんですね。


多くの初心者は、この点を理解していません。

それで、長期で、持っておこうと思っていたのに、

いつのまにか、勝手に円に戻されていた、ということになるのです。

しかもですよ、
それが、レートが悪くなったときに、
つまり、損失が出る時にのみ、
発動されるもんですから、

確実に損をするというわけですね。

ということで、
はじめから、そんなに大きな額では初めないことがおすすめですね。

10万円を入れてみて、
色々なレバレッジを試しながら、
感触をつかんでみる、というのから始めるほうがいいでしょう。


なお、口座開設、口座の保存だけは、
無料でおこなっているところがほとんどですので、

まずは、口座開設をしてみて、
10万円ほど入れて、
期間限定のキャンペーンを活用しながら、

ちょっとずつ慣れてみる、
というようなことをしてみるのがいいのではないでしょうか。

ということで、

今回の記事では、
FXの初心者が陥ってしまう、失敗で、
必ず気をつけなければいけないということについて、

ご紹介いたしました。

FXに関する、有益な情報をこれからも追加していきますので、

読者登録を宜しくお願いしますね。

AD