1坪 1㎡ ?????? | 赤羽不動産ブログ♪

赤羽不動産ブログ♪

北区赤羽にある不動産業者『エフエム・プラス株式会社』と申します。
不動産のこと、地域のこと、会社のことをアップしていきますのでどうぞよろしくお願いいたします^^

こんばんわ!!

エフエム・プラスの山本です!!

 

今回はお客様からよくご質問がある1坪って何㎡?1㎡ってどれくらいの広さ?

について記事にしていきたいと思います!!

 

それでは行きましょう。

土地を探しをしていますと、「南向き土地●●●m2、敷地面積は●●坪!」という広告を目にしたり、マンションでも、「2LDK●●m2」なんて記載を見ることがあります。でも、具体的な広さがイメージできない、そもそも坪とm2(平米)の換算がわからない……という人もいるのでは? そこで、坪、m2(平米)、畳などの広さを表す単位の説明や、物件探しに役立つ広さの目安についてまとめました。

 

マイホームを購入する際に知っておきたい広さの目安

1坪って何m2(平米)? 1m2(平米)って何畳?

住まい探しをしていると、部屋の広さを示す単位として、「m2(平米)」、「畳」、「坪」といった表記を目にしますが、それぞれ、どのぐらいの広さかよくわからないという方もいるようです。まずそれぞれの広さについて建築士の石井渉さんに伺いました。

「1m2(平米)は『1m2』とも書き、1辺が1mの正方形面積になります。1畳というのは畳1枚分の広さ、1坪はだいたい畳2枚分の広さになります」

 

1畳・1平米・1坪の早見表

畳 ※ 平米(m2
6畳 9.72m2 約3坪
8畳 12.96m2 約4坪
10畳 16.20m2 約5坪
12畳 19.44m2 約6坪
18畳 29.16m2 約9坪
20畳 32.40m2 約10坪

※「不動産の表示に関する公正競争規約(表示規約)」で定められている1畳=1.62m2に基づき算出しています

それでは、畳1枚の大きさは具体的にどれくらいになるのでしょうか。
「弊社では6尺×3尺(182.0cm× 91.0cm)を基準にしていますが、メーターモジュール(※1)を採用している場合や地域によって畳の大きさは変わります。また在来工法の場合は柱を基準に建築していくので、尺単位に柱を立てて、そこに壁を設置していくことになります。これらは柱と柱の中心の距離を示しているので、実際には柱や壁の厚さの分だけ少し狭くなります。さらに壁の厚みによって部屋の広さも微妙に変わるので、6畳といっても実際は少しずつ広さが変わることがあります」

※1 1m(100cm)を基本単位とする設計基準のこと。 一般的な「尺モジュール」より約9cm長いため、廊下や階段、浴室・洗面所、トイレなどのスペースは、尺モジュールの設計より広くなります。一方、和室の畳やふすまなどのサイズが合わないこともあります。

 

それではまた来週~!!