.

.

.

大井です。


釣りのガイドをする人は最近増えていますよね。

まあ、今のこのご時世ですから、人気が出ているのでしょう。


地元の釣り人ならではの土地勘に基づく案内役。

それに付随した釣り方を教えながら、釣ってもらう。



ドライでもニンフでもウエットでも。

湖ならストリーマーですか。



その時期のその河川には、このフライがいい。

この狙い方がいい、と言う知識と情報が武器になります。

いい傾向だと思います。



一方、

私の場合は、ガイド業ではありません。

何でしょうね・・。

コーチングとか、ティーチングとか、

講師とか、先生とか、

色んな呼び方がありますけど、どれもいまいちしっくりこないのです。



釣りの技術的なことはもちろん主として教えますけど、

それ以上に、やはり、


何を観るか、とか、

何を感じるか、とか、

何を分析するのか、とか、

何故そうなのか?とか、


そういうことを教えたい訳で、釣りの中で。



なので、

敢えて言うなら、

釣りの、ブレインダンプコーチとでも言いましょうか・・・。



私には、

人の能力を見抜く力があると思います、普通の人より。

感性とか。



その人の才能や能力がわかるので、

その力を引き出してやりたい、という衝動がいつもあるのです。



実際、人間は自分のことを客観的には見れません。

自分は自分としてベタッと張り付いていて、

自分を自分から引き剥がすことは出来ないのです。

どうあがいても。



だから、人の力が必要なのです。


私が残念に思うのが、

自分を低く見積もっている人が多いということ。

つまり、自分には大した才能なんてないと。

釣りも、いつもぼちぼちで才能を感じないと。

釣りが下手だと。


そう、見積もっています、自分のことを。


言い方を変えれば、

「劣等感」

に、支配されながら釣りをし生きてる人が多いのです。



いや、

私もそうですよ。

自分のやれていない部分は分かっています、

ボンクラだと。ほんと。(苦笑)



で、何でしょうね私の場合、

それ以上にある種の自信というか、

他の人にはない感性があるとも、正直感じています。



自分自身を、冷静に客観視するのは実に難しい。

何故なら、人は自分がなんだかんだ一番可愛いですし、

だから、自分にとって都合のいい解釈をします。



都合の悪いものは、何かにすり替えて自分を正当化し守ります。

もしくは、無かったことにする。(笑)



バイアスがバリバリ掛かりながら、人は生きているのです。

釣りでも、まったく同じ理屈が存在します。



ユーロニンフでもイマージェントハントでも、

最終的にその人の釣りを決めるのは、


「感性」


です。



なのですが、

「考え抜いた先のひらめき」と、

「何も考えないひらめき」では、月とスッポンぐらい差があります



そもそも、

何も考えなければ、ひらめくこともないでしょうけど。



直感が鋭いとか、

直感に頼るとか、


それって、

結局、過去の経験や思考の先に感じるものであって、

何もないところからは、生まれません。



直感という言葉の意味が把握できていて、

初めて感じたりひらめいたりする訳で。



だんだん、何言ってるのか分からなくなってきましたので、

話を戻しますと、



例えば、

数を釣ることより、大物を釣ることより、


「狙い通りの釣り方で、思惑通り戦術通り、

自分のコントロール下で全てが完結し、

そして、釣るべくして釣った」



この時に、一番充足感がありますし、

アドレナリンとドーパミンが大量に分泌されて、

非日常的自由を強く感じますね。



魚が釣れれば、

その釣り方にこだわらず、釣り人は興奮するし、

満足感は得られます。



でも、

どんな釣り方でもいいのか?と言われれば、

そうではないですよね。



毛彫釣りでしか味わえない興奮がありますし、

満足感も高い。


だから、

みんな毛鉤釣りをしているのだと思います。



で、

毛鉤釣りの他にはない醍醐味をもっともっと高めて

クリエイティビティーを探求していった結果が、

その一つの結果が、


イマージェントハンティングに集約されていると私は思います。



つまり、

毛鉤釣りの持つ魅力を最大限凝縮させた釣りだと言えます。


狙い通り。

思惑通り。

魚の心理を突き、

全てを自分のコントロール下で完結する釣り。

賢い魚を逆張りしてフックセットさせる釣り。

狙った魚を仕留めていくハンティングとしての釣り。



だから、

満足度は最高に高い。



私の経験では、

毛鉤釣りの中で一番その面白さがあり、

自由度が高い釣りなのです。





釣りのブレインコーチ イマージェントハンティング
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?FF-JotatuClub


この釣りの考え方は、応用範囲がものすごく広い。

何がどう応用範囲が広いのか?

そこが肝であり、何より重要なのです。

その考えをぜひ取り入れてください。









【フライフィッシング イデア】

「芸術であり、スポーツであり、哲学であり、ハンティングであり、祈りである」



私に聞いてみたいことなどありましたら、お気軽に連絡してください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
http://www.flyfishing-japan.com/shop/

 

大井です。


前回のメルマガで、

「技術より考え方が大切」

という野村監督の言葉を紹介しました。


~~~~

選手を指導する真の目的は、「技術的なことを教える」ではなく、

「正しい考え方のエキスを注入すること」にある。

その選手の考え方が、そのまま今の取り組みに反映される。

いくら表面的な技術面の指導をしても、考え方自体が間違っていれば、

その選手は伸びないのだ。

~~~~


でも、

考え方と言っても、

漠然としていて掴みどころがない、と感じる人もいるでしょう。



釣りの中で何をどう考えるのか?

簡単そうで難しい。


「そんな面倒くさいことより、

結局セオリーをなぞっていく方が楽だし簡単でしょ?」



そう、あなたは思うかも知れません。


それも一つの方法ですが、

仮に、セオリーが通用しない状況の時は、

もうなす術がなくなる。


煮詰まる。


こうなってしまいます。



この、煮詰まった状況(釣れない状況)の時に、

諦めるのか、考えるのか?によって、

その人が進化できるか後退するかが決まるんだと思います。




去年から公開をを始めた、

イマージェントハンティングは、

1つの考え方のエキスを釣りの具体性に落とし込んだいい例です。



もう、何というか、

「考え方の妙」というか、


どこに焦点を当てるかで、

こんなにも釣りが変わってくるんだ、

という視点の違いが一番の特徴です。



「視点をずらす」とでも言いましょうか。


ライズというものを、どう捉えるか。

どう考えるか。



そもそも、ライズを獲るとはどういうことなのか?

こういう思考の末の一つの表現形態が、

イマージェントライズハンティングなのです。



スクールで書いている、

ホワイトボードの図解。



あの図は、

たぶん、誰も書けないんじゃないかと思います。


何故なら、

そこまで考えなくても釣りは成立しますから。



しかし、私には、

毛鉤釣りをする中で多々疑問に思うことがあって、

その疑問を解消したくて「常識の外側」から観察してみた結果、

あのような図で整理したらしっくりきたという訳なんです。


常識の外側とは、つまり非常識という事です。



あの図は、

フライフィッシングという釣り方の構造が

一発で理解できます。



その事で、

フライフィッシングの中にあるセオリーだけに

縛られることもなくなる。



ところが、実際は、

既存概念が正解であって、

他に何かあってはいけない。

間違っても疑ってはいけない。



一歩間違えると、

恐ろしい狭窄状態を生み出します。

しかし、これが現実です。




で、ですね、

イマージェントスクールに参加してくれた人に、

追加情報ですけど、

あの図解というのは、

実は、様々なジャンルに応用可能です。



例えば、

仕事の現場だとか、

日常生活のあらゆる場面で。



何かを事細かに分断しているような事象があれば、

あの図を当てはめて考えてみてください。


新しい捉え方や見方が生まれると思います。

少なくとも、現状打開のきっかけになるはずです。


本当ですよ。

価値ある図解です。



イマージェントライズハンティングは、

釣り人にとって非常に心地いい釣り方です。


何とも言えない、自由度がある。

軽快さとリズミカルな生命力を演出できる釣り。

心がふわっと上昇するような心地良さがあります。



ミッジ

ストーンフライ

メイフライ

カディス

テレストリアル



その川の水生昆虫の生息状況に合わせて、

自由な感性で釣りができます。


そして、抜群に釣れます。





フライフィッシングの中で、

最も好きな釣りは何か?と問われれば、

イマージェントハンティングだと私は即答します。

http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?FF-JotatuClub

中級者の欄です。
一番下の、参加してくれた方々の声も読んでください。

参加お待ちしています!
めちゃくちゃ楽しいですよ!




■ユーロに学ぶ事は多いです。

しかし、それを踏まえた上で乗り越える挑戦を始めるべきです。

彼らにないものが我々にはあるはず。

無いなら、作っちまえばいい。

「Get over the Euronymph」
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?enmastershool





ではまた。








北海道ユーロニンフ&イマージェントライズハンティング

http://fishingrecord.flyfishing-japan.com/index.php










【フライフィッシング イデア】

「芸術であり、スポーツであり、哲学であり、ハンティングであり、祈りである」



私に聞いてみたいことなどありましたら、お気軽に連絡してください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
http://www.flyfishing-japan.com/shop/

大井です。 もちろん、 技術的なことは大切です。 ですから、レッスンで技術は教えます。 飛ばないよりは飛んだほうがいい。 不正確なキャストより正確度が高い方が釣れる。 ドラグフリー リトリーブの技 メンディング フックセット イマージェント 釣れる毛鉤の要素 色んな技術は存在します。 しかし、 スクールの真の目的はそこではないんです。 私の考え、感覚に非常に近い文を見つけ感銘を受けたので、 紹介します。 ~~~~~ 「正しい考え方を身に付けさせることが指導の本質」 選手を指導する真の目的は、「技術的なことを教える」ではなく、 「正しい考え方のエキスを注入すること」にある。 その選手の考え方が、そのまま今の取り組みに反映される。 いくら表面的な技術面の指導をしても、考え方自体が間違っていれば、 その選手は伸びないのだ。 野村監督 ~~~~~ 常に、今まで私がメルマガで言いたかったことを、 ズバリ簡潔に言語化していて、さすがだと思います。 「表面的な技術を追い求めても、 考え方が間違っていれば伸びない」 釣れる毛鉤や釣り方やキャスティングテクニック。 これらを追い求めても、 その大前提のあり方や考え方がフワついたものならば、 当然、達人には程遠い、ということですよね。 伸び悩むのは当たり前。 しかし、 世間に出回る釣りの情報のほとんどは、 釣るための技術を追い求めているもので溢れ、 それに付随する道具を売る為の手段にすぎない。 かくいう私も、そういった側面はあります。 ありますが、私はそのことを自覚していますし、 そのレベルで終わらせないという強い意思があります。 ここが、 その他とは違うところだと、自己分析してますけどね。 この辺の感覚。 分かる人には分かるはずです。 あなたの感性に、アンテナにビビッときたなら、 ぜひ、私のスクールに来てください。 他にはない、釣りの価値を共有できると思います。 逆に、 何にも感じない、よく分からない、という人は、 まだ時期尚早です。 まず、私の過去メルマガを読んで勉強してください。 眠らされていた感性を蘇らせてください。 仕舞うしかなかったアンテナを高く伸ばしてください。 例えば、 技術が上がればいいんだよ、 釣れればそれでいいんだよ、 他に何があるの? という思考の釣り人は、 そのレベルで釣り人生が終わっていくのでしょうけど、 それはもう、仕方がない。 気付かない事に気付かないまま、終わりを待つしかありません。 私には、どうにもできません。 私が観察するに、 残念ながらそういう人は多い。 自己の欲望だけに溺れ続ける悲しき釣り人。 本当の意味で、釣りの持つ偉大な力に気付いていない。 どうすれば、 そこから抜け出せるのか? その道筋が、私のスクールには存在します。 ■侍ニンフィング(葉隠編) http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?enmastershool ユーロを超える挑戦が始まる。 ■イマージェントライズハンティング(中級者の欄) http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?FF-JotatuClub ライズの釣りを再定義した革新的な釣り。 初心者の方にこそ、 こういう世界観があることを知ってもらいたいですね。 テクニック云々は、二の次で十分なのです。 リピートの方には、 さらなる上位概念の扉を開きます。 今から予定を組んでおいてください。 「北海道ユーロニンフ&イマージェントハンティング釣行記」 http://fishingrecord.flyfishing-japan.com 「BILZY zone」 http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?bilzyzone 【フライフィッシング イデア】 「芸術であり、スポーツであり、哲学であり、ハンティングであり、祈りである」 私に聞いてみたいことなどありましたら、お気軽に連絡してください。 http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!) http://www.flyfishing-japan.com/shop/