あざみ通りの花スタジオ 花詩織りブログ

あざみ通りの花スタジオ 花詩織りブログ

富山市大泉東町の花屋「花スタジオ 花詩織り」のブログです。


テーマ:

 

こんにちは、花詩織りです。

 

花詩織りの前は銀杏並木。銀杏の実が落ちています。

 

 

 

秋色のアーティフィシャルフラワーは自然が生み出す

 

小枝や木の実ととても相性がいいんです。

 

 

 

 

昨日、お天気が良かったので、近くを散歩してみました。

 

よく見ると、いろんなものが落ちていました。

 

紅葉したモミジや松ぼっくり、黄色くなった銀杏の葉‥‥

 

 

 

ずっと心に留めておきたいアイテムに

 

秋色のアーティフィシャルフラワーやドライフラワーを

 

合わせると素敵なブーケになりますよ。

 

 

 

2018年の秋の思い出作りにいかがですか。

 

いい風が吹いたら、一度ふらっとお出かけください。

 

ご自分でハンドメイドをご希望される場合はご指導致しますし、

 

ご要望に応じてお作りすることもできます。

 

心よりお待ちしております。

 


テーマ:

 

こんにちは、花詩織りです。

 

もしかして、今日どこかの花屋さんで花束を作ってもらおうかな?

 

って考えてますか?

 

「この歳で男が花束を買いに行くのって、恥ずかしい」

 

って、もしかして感じてますか?

 

だったら、ご心配なく。

 

 

富山市あざみ通りの花屋さん、花スタジオ 詩織りでは、店の前の

 

あざみ通りにキュッと車を停めて、お店に入って花束を注文される

 

多くの方が男性です。(リピーターも多いです。)

 

 

 

「ウチのが、この間贈った花詩織りの花束をすごく喜んでくれたから」

 

「妻に入院されて有り難みがわかったよ。今日、退院だから。。。」

 

「アレの誕生日には、毎年花贈ることにしとるから…。」

 

など、理由は様々ですが、

 

そんな特別な機会に、花詩織りの花束を選んで頂けて本当に幸いです。

 

 

 

 

花束をその場でオーダーし、お持ち帰りになりたい方は、カフェスペースで

 

お待ち頂けます。(20分ほどです。無料コーヒーサービスがあります。)

 

事前に電話でご注文を頂ければ、お越しになるまでにご希望の内容で

 

制作しておくことが可能です。

 

(ご予算、生花か造花か等希望の材料、アレンジのスタイル、お受け取りに

 

なる方の年齢、性別、好み、希望の色などをお伺いします。

 

全部お任せでももちろんOKです。)

 

 

 

花スタジオ 詩織りは、富山市中心部、星井町の交差点から

 

あざみ通りを立山、劔岳の方向にいたち川まで来て頂ければ、

 

すぐの所(進行方向に向かって右手)、橋を渡って2件目の所にあります。

 

スタッフ一堂、心よりお待ちしています。

 

 


テーマ:

 

こんにちは、富山市の花スタジオ、花詩織りです。

 

9月15日は敬老の日ですね。

 

日頃は胸の中にしまい込んでいる「ありがとう」の気持ちを

 

今週はフラワーギフトにしてみませんか?

 

 

 

 

花スタジオ 花詩織りでは今、おじいちゃんやおばあちゃんに

 

きっと喜んでもらえるコチョウランの花鉢(5,400円 税込)おすすめです。

 

 

 

ランはその姿がとても華麗で美しく、しかも

 

長期にわたって咲き続けてくれるので、敬老の日のプレゼントに最適です。

 

 

「でも、蘭は手入れの仕方が難しいのでは?」とお考えの方に、

 

ランをなるべく長くお楽しみいただくためのお手入れの基本をご紹介します。

 

 

ランの水やり

 

蘭を育てるうえで一番気になるのは、やはり水やりでしょう。

 

ランに水を与える時に気を付けたいことは、鉢の中の空気を

 

同時に入れ替えるつもりで水やりをすることです。

 

何度もちょろちょろと水を与えたのでは、鉢の中の空気までは入れ替わりません。

 

なので、水を与えるときは、たっぷりと与えます。

 

 

また、ランの根腐れを防止するために、水を与える前に一度

 

鉢の中の土を乾かすと良い生育条件が保たれます。

 

水を与えてから2~3日たったら、鉢の中の土に指先を差し込んでみて、

 

もし完全に乾いていたら、またたっぷりと水を与えます。

 

まだ、土が湿っているようなら、乾いたと感じるまで水やりを控えます。

 

ただし、乾かしすぎもよくないので注意が必要です。

 

 

ランの置き場所

 

蘭を置く場所を決めるうえで大切なのは、光と通風、室温です。

 

屋内でも屋外でも、明るく、風通しが良い場所ならどこでもOKです。

 

ただし、蘭に直射日光は基本的におすすめできません。

 

直射日光の当たる窓際に置きたい場合は、レースのカーテン等がかかっていて

 

カーテン越しの光が当たる場所を選ぶとよいでしょう。

 

 

ランの越冬

 

ランの冬越しには細かい配慮が必要です。

 

まず耐寒性が弱いので、「暖かい場所」に置くというのが第一条件です。

 

昼間はレースのカーテンごしに日光の当たる窓際など、夜はもちろん室内の、

 

一番暖かい部屋に置くといいでしょう。

 

 

花スタジオ花詩織りでは、白やピンクのランの花鉢を多く取り揃えています。

 

是非、一度お越しになってみてください。

 

 

 


テーマ:

 

こんにちは、花詩織りです。

 

今年6月にオーナーフローリスト牧野美恵子の職人技がTVで紹介され、

 

彼女が経営する富山市の花屋「花スタジオ 花詩織り」がノスタルジックで

 

おしゃれな店として評判が口コミで広がっています。

 

 

そして、なんとネットの世界では

 

BELCY 『富山のおしゃれな花屋おすすめランキングベスト10!」

 

堂々第1位「花スタジオ 花詩織り」が選ばれました!!

 

 

 

富山のおしゃれな花屋おすすめランキングベスト1

 

花スタジオ花詩織りの魅力は「お客様のこだわりに適確に応える技術力」です。花束の作成を依頼する時も、花束のスタイル・イメージ・カラー・季節・イベントなどの様々な項目からカウンセリングをもとに作成していきます。プロのフローリストによる、豪華なフラワーアレンジメントは、男女問わず、多くの人に好まれます。

 

また、花スタジオ花詩織りでは店舗の豊富な素材で花レッスンを行っています。日々の暮らしに活かせるアレンジメント技術から、おもてなしの際に喜ばれるアレンジメントなど、様々な用途に合わせたレッスンを受講することができます。体験レッスンもありますので、気になる方は是非チャレンジしてみてくださいね!

 

 

BELCYさん、本当にありがとうございます!

 

このWoman Life Style Magazine BELCYは、イキイキと生きる女性を

 

応援するための情報が満載のとてもハイセンスなサイトです。


そのサイトで花スタジオ詩織りを「富山のおしゃれな花屋のおすすめ第1位」に

 

選んで頂けたことは、とっても光栄なことです!!

 

 

 

 

これからもお越しになる皆さまに「やっぱり、花詩織りはおしゃれ!」と

 

思って頂けるように頑張りますので、まだ花詩織りをご存知ない方は

 

是非一度足を運んでみてくださいね!

 

 

生花はもちろんのこと、1Fには様々なアーティフィシャルフラワーの

 

コレクション、フラワーアレンジメントのグッズや花器、大小いろいろな

 

観葉植物、花束ができるまでお待ち頂けるカフェスペースなど、

 

広々とした店内はまるでギャラリーのようです。

 

花スタジオ花詩織りは富山市のあざみ通り、いたち川からすぐの場所に

 

あります。 駐車場はお店のすぐ横にあります。

 

 

 

 

2Fの「風のスタジオ VIENTO」では、月に2回の花レッスンを開いている

 

他、花のアレンジに利用したいアイテム、例えば流木のように

 

普通の花屋さんではなかなか見られないようなオブジェのコレクションも

 

置いています。

 

 

 

花詩織りの生花のコレクションをご覧になりたい方、とにかくお花が

 

大好きな方、おしゃれでアートな空間に浸って喧騒から離れたい方、

 

フローリスト牧野美恵子自らが作ったアーティフィシャルフラワーの

 

コレクションをご覧になりたい方、観葉植物をお探しの方、

 

おしゃれな花屋「花スタジオ詩織り」にご来店をお待ちしております。

 

一緒に花談義に「花」を咲かせませんか?

 

 

 


テーマ:

 

こんにちは、花詩織りです。

 

9月15日(土)は敬老の日ですね。

 

 

先日、生花のフラワーアレンジメントを富山から遠く静岡県にお届けする

 

ご注文を頂きました。

 

ご依頼主様のご希望は、「遠く離れた場所住んでいるおばあちゃんの

 

103歳の誕生日に、ご家族全員からフラワーアレンジメントの贈り物をしたい」

 

という内容でした。

 

 

このご依頼主様は、おばあちゃんが100歳の誕生日を迎えられた際に

 

100本の花で作られた大きな花束をご家族でお贈りになり、

 

おばあちゃんにとても喜んで頂けたというお話を、その時のお写真と

 

一緒にお聞かせくださいました。

 

 

そんな愛情のつまった思いを、お花の贈り物として

 

再びお届けになるために花詩織りをお選び下さり、本当に嬉しい思いで

 

一杯になりました。

 

 

 

 

花詩織りでは、ご依頼主様が花のプレゼントをされる理由や動機はもちろん、

 

お受け取りになる方の年齢、性別、お好みのスタイル、カラー、

 

イベントの場合はその内容、時間、距離などをお伺いすることを

 

とても大切にしています。

 

お受け取りになる方ひとりひとりを脳裏に描きながら、その方が一番

 

喜んで下さるような花の贈り物を作り出したいと願っているからです。

 

 

花詩織りのオーナー牧野美恵子は、35年花一筋に生きてきた

 

花に対する思いが胸にいっぱい詰まったフローリスト、

 

お花の選択からアレンジ、ラッピングに至るまで全部自ら担当します。

 

 

花を活かすこと、受け取り手に喜んで頂けること、生き生きとした状態

 

お届けすることをいつも一番に考え、

 

誰もが「素敵!」とニッコリ微笑む花のアートを、魔法のような感性で

 

手際よく作り上げていきます。

 

 

仕事に家庭に頑張る妻に贈る花、18歳の娘がもらって嬉しい花、

 

試合で活躍する息子に贈る花、リサイタルを開いた彼女に贈る花、

 

病床にいる方が慰められる花、夫が元気づけられる花、そういうお話を

 

どんどん花詩織りにお聞かせください。

 

 

できれば、

 

ご来店の方は、受け取り手についてのメモやお写真をお持ちください。

 

メッセージをおつけになる場合は、それにふさわしいカードのご用意も

 

しています。

 

受け取りの日時をご指定下されば、その時間までに完成させておきますし、

 

お待ちになりたい場合は、15〜20分ほどでお作りします。

 

(ご希望により、カフェで無料コーヒーサービスがあります。)

 

その場合は、事前に電話でお越しになる時間をご連絡頂けると幸いです。

 

 

お電話でご注文くださる場合でも、メール等でお写真をお見せ下さるなど

 

してくだされば、必ず拝見いたします。

 

そうして頂くことで、もっと受け取り手のイメージが伝わり、

 

焦点の合ったフラワーアレンジメントを生み出すことが可能になります。

 

 

 

花詩織りの花束、フラワーアレンジメントはどれも、35年のキャリアを持つ

 

プロのフローリストがその人のために心を込めて一つ一つ手作りした作品です。

 

 

今週は、敬老の日の贈り物を予約受付中です。