某老人ホームでのリクレーションの日です。

お花は季節感への意識を高めるという効果がありますよね。

その季節を代表するような花や、その月、その日ごとを象徴する花と花言葉をまとめた本があります。

今日のリクレーションは、「5月の花」とされるピンクの薔薇と、カーネーションを使い、
 
それぞれの花言葉のお話しを交えながら進めました。
 
母の日の花、カーネーションの花言葉はまさに、「深い愛」。
 
今月の花、ピンクの薔薇は「感謝」
 
 
用意された花の中からひとつを「自分」に見立てて、最初にオアシスに刺してもらい、
 
あとは自由にアレンジを楽しんでもらいました。
 

各人が自分を大切にする気持ちになるような声かけを心がけます。
 
「これが私。ちょっといい感じでしょ?」と
 
あるおばあさんが中央の薔薇を指差して、ウィンクしながら教えてくれました。
 
そのドヤ顔の笑顔が、とても素敵で、こっちまで嬉しくなりました。
 
花は優しい気持ちと笑顔のコミュニケーションツールだと、しみじみ感じた瞬間でした。
 
NPO法人花プロダクションLINE@登録は下記をクリックして下さい
                                                  ⇓        ⇓