いつも通る路にある大きな琵琶の木の実。

 

日に日に橙色が濃くなってきます。

 

 

数日前、通り過ぎようとしたら、

 

「良かったらどうぞ。」とその琵琶をくださいました。

 

少し年を重ねた葉や種にある効用。

 

琵琶の実が熟れるちょっと前に来るカラスの悪戯の様子。

 

などなど、ご夫妻がお話ししてくださいます。

 

約80年の琵琶の木なんだそうです。

 

 

 

 

数日置いておいて、今日いただいたらとっても甘くて。

 

 

うぶ毛みたいなものが柔らかに生えている皮に触れ

 

その実を口に含むとふわっと香りが広がります。

 

懐かしい幼少期に過ごした実家の庭の琵琶の木。

 

今は亡き父の思い出と共に幼少の頃の思い出が過ります。