ヨーク観光 (達成!) | ayuのイギリス博士課程留学メモ

ayuのイギリス博士課程留学メモ

イギリスで博士課程をやってます。ブックマークに役立つサイトを入れているのでそちらもご覧になってください。


テーマ:
イングランド北部にある歴史ある都市ヨークに観光に行こうと思い立ちました。
(実際に行ってきたところには写真を掲載しています)


下調べのため、サイトをいくつかチェック。

色々調べたところ、見るところ(史跡など)がたくさんあって1日じゃ

とても見きれないと判明。


駆け足で無理にたくさん見ようとするより、在英中に何度か脚を運んだほうがよさそうかな。

※価格や開店時間のメモは2012年2月現在のものです。


【参考にしたサイト】

Visit York Official Website
 ヨーク市の観光ウェブサイト。

ヨーク観光ガイド[Hoteltravel.com]

ヨーク 観光[フォートラベル]

ヴァイキングの街ヨーク[イギリス国際結婚あんなことこんなこと]
 このブログはイギリスの物関係が色々面白かった。

螺旋の塔を昇る(ヨーク観光)[英国逍遥2007]
 螺旋の塔というと福岡県のどっかの寺でも登ったっけ。
 こっちの方が多そうだけど。


【行ってみたいところ】

The Adventurer's Hall
 中世の商人の集会所のようなものかな?


バーリー・ホール Barley Hall (大人4.95£、学生3.5£)
 建物そのものよりも2012年3月までやってる展示の方が気になる。
 From Hamlet to Hollywood: Fashion from Film
 営業時間:10.00 - 16.00

  $ayuのイギリス博士課程留学メモ-Barley Hall
  クリスマスのデコレーションクリスマスツリー(2011年12月)


ヨーヴィック・ヴァイキング・センター(Jorvik Viking Centre) (大人9.25£、学生7.25£)
 ※音が出ます
 再訪予定があるなら1年間有効でJorvik, DIG, Barley Hall, Micklegate Barの4箇所行けるYATチケット(大人16£、学生12.75£)がいいかな?
 3ヶ所行ったら元取れるし。
 営業時間:10.00 - 16.00 (last admission)


ミックルゲート・バー Micklegate Bar (大人3.5£、学生2.5£)
 Barというから飲み屋の一種かと思ったら城門のことだった。
 城門といえば「ヘンリー六世 第3部」でヨーク公リチャードの首級が晒された場所なので、
 これは是非見にいかないと!
 mickleはmykill "great"が語源と書いてあるけれどmicelと同じものだろうか。
 営業時間(冬季):11.00 - 15.00


リチャード三世博物館 Richard III Museum
 名前だけで行ってみたくなる博物館。
 公式サイトに割引券あり。


York Castle Museum
 人形や人間の展示があるらしく、生活が学べそう。
 行ってみたら高いだけあって見ごたえがあった。ちょっと疲れた。

  $ayuのイギリス博士課程留学メモ-castle_museum
  ヴィクトリア時代の居間の展示


ヨーク大聖堂(York Minster)

  $ayuのイギリス博士課程留学メモ-yorkminster
  クリスマスリース(2011年12月)


Cath KidstonのYork支店
 家族に「キャス・キッドストン買ってきて」と頼まれたけど近所に売ってる店がなかった。
 最近気付いたけど、ゴシック体でKidstonと書かれたブランドとは別物なんだね。

Whittardのヨーク支店


Bettys
 イギリスで有名なカフェコーヒー
 アフタヌーンティ(17£くらい)がすごいボリュームだった。
 お土産に紅茶やクッキーを買ったらおいしいと喜ばれました。

  $ayuのイギリス博士課程留学メモ-Bettys
  アフタヌーンティセット

************

ヨークというと、『ヘンリー六世 第三部』でヨーク公の生首が晒された街

(余談ですが私が見た「ヘンリー六世」ではヨーク公リチャードは渡辺徹でした)

や、『リチャード三世』で登場後瞬殺される幼いヨーク(エドワードVI世の弟)、

『リチャード三世』の冒頭の独白

Now is the winter of our discontent
Made glorious summer by this son of York.

(「英国王のスピーチ」でスピーチセラピストのライオネルが役者オーディションで暗誦した)

というイメージが強いです。


ヨーク大学の校章に白薔薇が描かれていたり、

白薔薇大学連合とかいうものがあったり、

バラの種類にシティオブヨーク(当然白バラ)があったりするのを見るだけで気分が高揚します。


バラの種類にはヨークアンドランカスターという、ピンク(赤)と白の混ざりのタイプもあります。

なお、シティオブランカスターという赤バラは無いようです。

ayuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス