施術後に笑い出す?

テーマ:

施術後のリアクションって

人それぞれです。

先日いらした、お客さんのリアクションに

驚かされました。

30代女性、2度目の来店、主に脚の疲れ

60分程の施術が終わって、起き上がり

ベッドに腰掛けた状態で

「ぷっ!ふふふふふ」って笑い出したんです

「えっ、どううしたの?」と聞くと

「脚が・・・」と嬉しそう。

どううやら、脚が軽く、楽になったのが

想像以上で、驚きの反応だったようです。

 

ふと、映画「ラーメンガール」を思い出しました。

(2008年:米国)アメリカ人女性が日本のラーメン店に弟子入り。

このラーメン店主が西田敏行さん、日本が舞台なので

おなじみの日本人キャスト多数出演、松竹映画のようです。

 

で、西田さん扮する店主のラーメンを食べると

客が幸せそうに笑い出してしまうんです。

弟子のアメリカ人女性のラーメンを食べると

悲しくなって、泣き出してしまう。

これを思い出しました。

 

方向性として、こんな感じ

目指してみようかな、なんて思ってます。

 

 

気づくと6年

テーマ:

昨年は自宅の引っ越しがありバタバタでした。

年が明けて、ふと気づいたら、開業して6年が経っていました。

たいていは独立する場合、独立前の勤め先での顧客に声をかけ

顧客を引張ってくるものです。

私の場合、そういうのはせず、まさに0から100%自力で

何とかやってきました。

 

罪悪感や後ろめたさ、の全くない商売、

身内や友人にも薦められる商品・サービスを売る。

これはやってこれたと思います。

 

そして、常連のお客さんの中には、もう5,6年のお付き合いの方が

何人もいらして、ホント有難いことです。

そして、ウチのお客さんはみんないい人ばかり、

幸せな事だと思います。

ありがとうございます。

 

 

 

以前、うちの奥さんが「クリニックガイド」なる本に

紹介された、ある整骨院にいきました。

 

このガイドブックは優良なクリニックや治療院を

紹介するといった感じのモノで、女性向け。

 

奥さんの不調は日常の疲労からくるものです。

で、その整骨院の院長先生からこんな事を言われた

そうです。

 

 「捻った、って事にすれば、健康保険が使えるよ。」

 

多くの人は、こう言われたら

 “治療代が安くなるから有り難い”

 “融通の利く、いい先生だな”

とか、思うのではないでしょうか?

うちの奥さんも、そんな感じでした。

 

これ審査の甘い、社保・国保を食いものにした

不正請求です。

殆どの接骨・整骨院で行われています。

多くは、患者さんには言わずに肩こり・腰痛を

保険適用される捻挫・打撲などとして

処理しちゃってるんですね。

 

奥さんには、説明して、厳しく言っておきました。

 

接骨・整骨院って、ラーメン店より沢山ありますよね、

皆さんも不正の片棒を担がされないよう

お気を付け下さい。