きみ夏の話アレコレ

テーマ:
先日話せなかった「きみがいた夏」の諸々

何書こうかなーって思ってたんだけど
ストーリーに関して書けることは正直あまりないんです、もうアレが殆ど全部だったので。


なので、何を大事に作ったかを書こうと思います。


今回は会場が小劇場ということで会場見学をしたんですが、その時に一番最初に決めたのは一回の客席数でした。
桟敷席も出せば作れたので30人ちょっとは用意できたんですが、団員との会議の結果控えさせて頂きました。

「MAX25名」

理由は小劇場という元々客席にゆとりを保ち辛い空間で、どうやってストレスを少なく観てもらえるかを考えた結果です。チケット完売後もチケットが欲しいとのお問い合わせを頂き、本当に嬉しかったんですが、全てお断りさせて頂きました。

劇団ですので、チケット代を頂けたらそれは最高に嬉しいんですが、あくまで僕らの事情。
お客さんが窮屈な思いをされて芝居に集中出来なければ本末転倒なので、見易い空間を作る為にすぐに設定しました。
実際僕がメチャクチャ狭い客席だと落ち着かなくなっちゃうので、完全に僕が観れるかどうかが基準です。僕がワガママボディだったのです(違う)

予想以上にチケット完売が早かったので、結果的に当日券もすぐに消失してしまいましたが、嬉しい誤算でした。
恐らく今後も小劇場で公演する際は人数設定をして、客席数もギュウギュウにならない様に設定していくつもりです。お断りした方々本当に申し訳ありません。


さて
芝居作りに関しては、ハトブレで長いことずっと言い続けてる「作品の世界に生きる」事を徹底してみんなに言い続けました。

なんの芸もありません、前回とも同じです。
でも、僕はコレこそが地方アマチュアとして活動している僕らが一番大事にしていくべき事だと思っています。

スタッフが世界の空気を作り、役者がその世界を生きる…。

当たり前に思われるかもしれませんが、コレが非常に難しいんです。
演劇やってるから出来る訳じゃない、しかもモチベーションも演劇に対しての考え方もバラバラ人が集まる地方だと、意外と纏まらずに終わってしまう舞台が山ほどあるんです。

今回はメンバーと参加者に救われましたが、次回も今回と同等、又はそれ以上の纏まりを出せるかは正直分かりません。

油断してはいけない事なんです。


あとは出来ない事を潰すよりも、出来る事に気付かせたり伸ばしたりする事をいつもより意識しました。
やはり、何年やっていても自信なんてものは簡単に身に付かないです。認められたり、褒められたりする事は日常にはあまり無いですから。

だから、良い表現は良いと素直に言い、違えば何が違うかを伝える
そういう事をして形にする様に努めて作りました。


どれもこれも、当たり前だと言われてしまう事かもしれませんが、その通りです。
逆にそれ以上の事はしていません。
もし作品を気に入って頂けたのなら、それは役者スタッフが表現に真っ直ぐ取り組んだ結果だったんでしょう。


あとはそうですね、コレも昔から変わっていませんが、音響と宣伝美術(フライヤー・チケット・サイト)に拘った所がありますね。
いや、正確に言うと音響に関しては僕は殆ど「OK🙆‍♂️」って言ってただけです。拘ったのは僕じゃないです、伊藤卓弥です。
あいつは基本的に僕のイメージの三つ上の音響プランを持ってくるのでほぼ好き勝手やって貰っています。オペレーターをやった寺島かおりは苦労したと思います。

宣伝美術に関しては昔は僕がやっていたので拘りが強く、かなり担当の渡辺と詰めました。
形になって案を提出された時は、見事なバランスで出来上がったフライヤーを見て嬉しくなりました。


本当は全員について触れたいけれど、長くなりすぎるのと打ち上げで言う事無くなってしまうのでこの辺りで。


僕も頑張らんと。
「さぁ、次書こう」。
昨日、劇団『昇心ハートブレイク』第六回公演「きみがいた夏」が終演致しました。

公演二ヶ月前にチケット完売という驚き、そしてそこから駆け足で作っていた舞台が、無事にお客様にお届けする事が出来て胸を撫で下ろしています。

アンケートも概ね好評だったようで、本当に沢山の有難いお言葉、気が引き締まるお言葉、考えさせられるお言葉を頂いて感謝の言葉しかありません。

如何でしたか?平成最後の夏の想い出の一つになったら幸いです。

お借りした「あそVIVA劇場」さんのあまるさんヒッキーさんにも本当によくして頂きました。
素敵な劇場でした。またお借りしたいと思っています。

改めて
ご来場頂いた皆様、差し入れをお持ち頂いた方々、誠に有難う御座いました。


Aキャスト

Bキャスト







さて、此処からは独り言、というか呟きです。
Twitterの延長線上の様なものです。
お楽しみ頂ける内容かはわかりません。
僕個人の呟きですので、ご覧になる方は流し見して頂ければと思います。

言葉を崩して書きます。





10年も昔に書いた脚本をアレンジしようと思って始めた公演だったけど、結局殆ど新作みたいなもんだった。
毎度のことだけど、製作メンバーには土下座するレベルで遅筆だった。本当にごめんなさい!

出来てる話を変えるのって大変だ。
しかも10年前の執筆レベルで勢いだけだった脚本だから手を焼いた。

でも、協力的なメンバーが集まってくれたので短期間で形にしてくれました本当に感謝してます。ありがとう!


そうそう
今回初めて愛染屋さんと舞台を作りました。
実は立ち上げの時期も殆ど同じで、お互い面識が古くからあったんだけど、なかなかスケジュールが合わずに形にならなかったんだけど、ようやく形になりました。ずっと愛染屋の露木さんから出演したいというラブコールを頂いていてようやく気持ちに応えられたので嬉しかった。

愛染屋さんは、実はずっと前から尊敬している団体の一つでした。僕も劇団の座長なんてやらせて貰ってるんで団体を作る難しさを少しは分かっていると思うんですが、愛染屋さんはウチの劇団にはない非常に高い社交性を持っていて羨ましかった。色々あったけど前を向いて活動を続けている姿にただならぬ丹力も感じてて、スゲェなぁって思ってました。

同じ地区で幅広く活躍しているZ・Aさんは別格だったので、愛染屋さんは同期みたいな目で見てたんだと思います。

今回は愛染屋さんから露木さんと小林君が参加してくれて、二人ともとても素晴らしい役者さんでした。作品や劇団にマッチするのに多少時間はかかったけれど、終盤にはバッチリ合わせて来てくれた。素晴らしいを通り越して助けられました。お二人とも本当に有難う。

参加者では静大の演劇部だった外山さんにBキャストのヒロインをお願いしました。散々悩ませてしまったけれど、本番の彼女は晴れやかにやってくれて本当に良かった。有難う。

そして劇団soraの今井さんも三本連続(正確には四本)の参加。今回は今迄と違った役所に挑戦してもらいました。見事に雰囲気作ってくれた。実は専門学校時代の先輩だったりします。昔、芝居に向き合う大事な言葉をくれたのもこの人です。有難う。


長くなっちゃったな、作品のことも色々書きたいんだけど…まぁ、またにしよう。


あぁそうだ
あと一個、終わったら書こうと思ってたことがある。

んー、しかしどうやって書こう…。


僕は色んな場所で表現が盛り上がってれば良いと思ってる。
勿論僕らが活動してる藤枝もそうだ。

大先輩のZ・Aさんは昔から活動を続け県内の活動の幅も広く、更に活躍を続けていっている。
愛染屋さんも、高校演劇の講師に呼ばれたり、ストフェスなどのイベントにも積極的に参加して静大や高校演劇とのパイプも強い。
まだ拝見していないのでお名前を出して申し訳ありませんが、東京で活動をしていたユニークポイントさんという劇団も藤枝で活動されている。舞台写真だけ拝見しましたが空気感とセットが凄かった。絶対観に行きたい。


何が言いたいかっていうと…

『観に来ませんか?藤枝の劇団の舞台。』

来月はZ・Aさんの公演
10月は愛染屋さんの公演
ユニークポイントさんは来年短編演劇祭を行うようです!

良かったら
色々触れて観てください。
因みに僕は観に行きます。
もし会場で見かけたら人見知り激しいので、声をかけられると無理矢理感情殺して淡白になりますが内心喜んでるので、声かけてやって下さい。



因みにハトブレは立ち上げから今作の反省を踏まえ、暫く団体レベルアップ期間に突入です。
暫くは公演を行えませんが一年以内には何かやると思います。
その時は劇場でお会いしましょう。

何かまた面白そうなことが出来るようになって皆さんにお会いしたいと思ってます。

長々失礼しました。
最後まで読んで頂き、有難う御座いました。



表現×生き違い×SNS

テーマ:
こうしてブログを書くのも久し振りだ。

夢幻街の公演後、長らくSNSから離れていました。僕なんかの姿が見えなくなったところで大して問題は無いと思うのですが、それでも唐突な行動でご心配をおかけした方も居たので、お詫び申し上げます。


理由は簡単で単純です、SNSで自分が発信する意味を失ってしまった事です。
情報を発信したい人が沢山いる今の世の中に、僕がそれに割り込もうと発信する意味ってあるのか?とか、別に日常で表現やらせてもらってるし、そこまで強く世の中で発信したい自分の言葉なんて無いなぁと感じたので、ちょっと観る側に回っていました。


言葉や写真を使って世の中に情報を流して、それを共有していく。

なんとも夢のある世の中になったなぁ!
なんて改めて感動していました。

受け取る側に回った事により、あくまで僕個人の受け取り方が前提となる話ですが、沢山の事に気が付きました。

今まで流し見していたタイムラインに
気持ちの良い情報と気持ちの悪い情報の両者が有り、その割合が気持ちの悪い情報の方が圧倒的に多い事。

気持ちの悪い情報とは、最たるものとしては汚い言葉や陰湿な情報。
軽微なものとしては、僕にとってどうでも良い事。

人はお金を払って見ているんだから、どうでも良いものに付き合う必要はなくて
更には、発信したい人が多いんだから、そんなものに時間やキャパシティを使う気なんて更々ない。

要するに僕は全然SNSを使いこなしていなかったという事実。
そして流行りのSNSでは多分これからも下手なんだろうという、圧倒的な敗北感。
それらが分かりました。

これだけの素晴らしいツールと馴染みきれない僕は、情報化社会との付き合い方、そもそも人付き合いが苦手で天邪鬼な僕は、時代の負け犬です。


何処かでメンタルがアナログに尖って居るんだと
思います。進化し損ねました。


しかし、割と今はそれで良かったんだろうと思っています。
心底捻くれている自分を意外にも嫌いになれないので。


そういった理由で、SNSでの発信からしばらく離れていました。

これからは頻度は分かりませんが、少しずつ書くかなぁと思っています。
言葉にしてみたい事は黙っていた間に増えて来たので。


非常に生意気な言い草ですね…。
不快な気持ちにさせてしまったら申し訳ありません。
ですが、僕という人間を誤解されたままよりは良いかと思うので御容赦下さい。