パリのお花屋さん

パリのお花屋さん

パリの花にまつわる徒然日記

「パリのお花屋さん」のブログへようこそ。


パリ在住のフラワーデザイナー Akiko Usami が花&パリ生活のあれこれを気ままに綴ります♪


$パリのお花屋さん-パリの花屋インタビューバナー1




テーマ:

初春を感じるような暖かい1週間が続いたと思ったら、寒い冬に逆戻りの1週間もあったりと・・・

 

体調管理に気を付けなければいけない季節ですあじさいぶー

 

↓こちら、ランジス花市場で見つけたビビットカラーのアネモネ達虹

 

パステルカラーはマカロンみたいラブラブ

 

 

色付きパウダーでお化粧したアネモネちゃんでしたキラキラ

 

 


テーマ:

今日はパリの美味しいパティスリーのご紹介です♪音譜コーヒー

 

パリには次々に新しいパティスリーが出来ていますが、寛げるサロン・ド・テ(イートインコーナー)が併設している所を探すのはなかなか難しいのです。

 

 

先日気になっていた北マレ地区にある”Bontemps”へ行ってきました!

久しぶりに感動的に美味しい!!と思えるケーキに出会いました照れラブラブ

 

道に面するウィンドーもかわいらしくデコレーションされていますピンク薔薇

 

手前ではお持ち帰り用のケーキを販売していますピンクマカロン

 

 

中庭を通って奥へ進んで行くと・・・

 

乙女心をくすぐる可愛らしいインテリアのサロン・ド・テがキラキラ

 

ソファー席などもあり子連れの女性も寛げそうですグッド!

 

テーブルには季節のお花が飾られていて華やかな演出もピンク薔薇

 

ティーカップもリモージュのアンティークで可愛らしい♡コーヒー

 

見た目地味なレモンタルトも、マンゴーケーキも、と~っても美味しかったです恋の矢照れ

 

 

クローバーBontempsクローバー

57 Rue de Bretagne, 

75003 Paris

 


テーマ:

先週の初春を感じさせる陽気はどこへやら・・😢虹

 

また雨と寒いパリへ逆戻りの一週間です雨

 

 

さて、週1回の定期花は、珍しく色をミックスしてみました♪

 

普段はグラデーションかポイントでコントラストを付ける花合わせが多いのですが、

 

パープルからオレンジっぽく色付いたユーカリを見ていたら、オレンジバラとパープルのトルコキキョウ・クレマチスを合わせたくなったのですピンク薔薇

 

 

 

もうすぐ春ですし、ファッションもメイクも明るい色に惹かれますよね虹照れ

 

お花も、これからいろんなカラー合わせをしていきたいなと思います音譜

 

さらに写真をご覧いただけます♬右矢印 N.430

 


テーマ:

少しづつ気温が上がり春の訪れを少しづつ感じ始めてきましたキラキラ

 

先週はそんな春を感じる桜(Prunus)を、一足早く活けてきました♬ブーケ2

 

 

季節的にはまだ少し早いため、市場の仲卸屋さんに何度も確認の電話を入れてなんとか咲いた枝を用意してもらえましたあせる

 

 

シャンパンブランド”Nicolas Feuillatte (ニコラ・フィアット)”の新作ロゼ・シャンパンのお披露目パーティーにお花を飾らさせていただきましたキラキラ

 

ロゼワイン最後に一杯ご馳走していただいちゃいました♡照れ ほんのり甘い春の陽気を感じる爽やかな口当たりで・・・ラブラブ

 

日本レストランEnYaaでの会場風景はこちらにて♬ 右矢印 N.428 N429

 


テーマ:

今日はヴァレンタインデードキドキ

 

フランスでは男性が女性にお花をプレゼントするのが主流です赤薔薇

 

「商業的過ぎて好きじゃない」と言って全くお祝いしないフランス人も多いですが。(うちの旦那のように・・ダウン言い訳のようにも聞こえますがね。。ぶー女性はどんな理由でもお花をもらったら嬉しいですよね!)

 

 

それでも世のお花屋さんは大忙しの日です!!

 

昨日は市場でも赤いバラの値段が数倍に跳ね上がっていましたアップ目

 

オランダから輸入されたバラがずらりビックリマーク

 

こんな砂糖菓子みたいな子達もラブラブ

 

↑こちらはチョコレートみたいで美味しそう♬ウシシ

 

 

淡い恋が実ったり、破れたり?!、愛を確かめ合う1日だったと思うと、やっぱりロマンチックですね恋の矢

 


テーマ:

先週はブルーの花”デルフィニウム”をメインに活けてみましたあじさい

 

今活けている器は口が大き目なので内部に少し細工をして細い枝の花や葉が倒れないようにしています。

 

それでもオアシス(吸水性スポンジ)を使っていないので思うままに形を決めていくのはなかなか難しいですDASH!

 

ただフランスの花屋ではあまりオアシスを使わずにそのまま器に活けていく”投げ入れ”がメインです。

 

やはりその方が自然な雰囲気に仕上がりますねクローバー

 

”生け花”でも剣山を使う方法もありますが、投げ入れも大切な手法ですキラキラ

 

大きめの紫陽花や、アンスリウムなどの葉で”土台”を固めてから高さのあるお花を挿していくのがポイントですグッド!

 

ダークボルドーのスカビオサで色のアクセントをつけましたキラキラ

 

 


テーマ:

今週のパリは今冬2度目の雪を降らし寒い寒い1週間となりました雪の結晶

 

今年は過ごしやすい暖冬かと思いきや、やはりそう簡単には冬は終わってくれないですね。。

 

今から暖かい春が待ち遠しいですクローバーキラキラ

 

 

さて、ランジス花市場では冬の花であるラナンキュラスやアネモネ、チューリップが色とりどりに数多く並んでいます。

 

そんな中でもこの季節特に目につき惹かれるのが小さく束になって売られているスミレの花キラキラあじさい

 

 

スミレはフランス語で"Pensée(ポンセ)"と言われ、これは動詞「思う・考える」と同じ発音になるため、

「あなたのことを思っています」という意味合いを込めて大切な人に贈る習慣があります♡

 

ほのかな香りのするスミレ、可愛いですねドキドキ

 

 

そして日射時間が少なく太陽を恋しく思うからでしょうか、この季節に出回る明るい黄色のミモザにもついつい目が行きます目

 

活け込みの日は雪の降った寒い日だったので、少しでも気持ちを明るくしていただこうとミモザをポイントに足してみましたキラキラキラキラ

 

ラナンキュラスやライラックと合わせて♬

 

 

 


テーマ:

あけましておめでとうございます!!

 

 

今年は個人的な理由によりお花に触れることが少なくなりそうですが、

 

人生のうち今しかできない貴重な時間を優先して過ごしていきたいと思っておりますキラキラ

 

それでも大好きなお花に関われる時は、その幸せをかみしめながらしっかり向き合っていこうと思いますクローバー

 

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします!!


テーマ:

今年のクリスマスツリーのテーマは”和”です。🎌

 

パリでは2018年、日仏友好160周年を記念した”ジャポニズム2018”が開催され各地で日本の展示会やイベントが行われました。

 

そこで今年はヨーロッパのお祭りを和風にアレンジしてみようと、折り紙の鶴や風船をいっぱい飾ってみましたウシシ音譜

 

パリMIKIのお店にて、この時期お子様に折り紙を折ってもらってツリーに飾ってもらえるような参加型のデコレーションになっていますクリスマスツリーキラキラ

 

 

カメラクリスマスツリーの写真クリスマスツリー

Ameba人気のブログ