ヒーロー番組の鉄則 | 愚痴テレビジョン
2005-03-03

ヒーロー番組の鉄則

テーマ:バラエティチャンネル
<悪の秘密結社編>
・目立っていてもあくまでも「秘密」結社。目的がバレバレでも秘密結社。
・幹部は見た目も怪しくなくてはいけない。
・手始めは幼稚園襲撃ダム爆破、または宝石類の強奪から。
・ザコ戦闘員はかけ声以外発してはならない。
・ヒーローが「待てぃ!」と言ったら待つ。そして一応周囲を探す。
・ヒーローが何人いようと全員の「自己紹介+決めポーズが終わるまでおとなしく待つ事。手を出したり逃げたりしてはいけない。
・巨大ロボは一旦やられてから。ヒーロー本人と同じく、ヒーロー側のロボットが合体中は基本的に攻撃不可。(一部例外アリ)
・怪人本人が巨大化できる場合も、最初から巨大化して襲ってはいけない
・後日ヒーローになる人間の改造の時は、洗脳(または脳改造)は一番最後に。

<ヒーロー編>
・ヒーローが1人の場合は基地の代わりに喫茶店などにたまっても良い。グループの場合は秘密基地。
・たとえ相手が警察であっても正体をできるだけ隠す。バレた場合は相手にも秘密を守らせる。
・「待てぃ!」と登場する時は高いところから。可能であれば片足を一段高い場所におく。
・飛び降りる時は回転またはポーズを入れること。
・変身シーンで爆薬が炸裂してもたじろいではならない。
・最後の1人が決めポーズを終えるまで、残りのメンバーはそのポーズで待機。
<映画用特別ルール>
自分たちと同じようなコスチューム+配色のヒーロー戦隊がいきなり登場しても慌てず騒がず、打ち合わせなしの共同戦線を張ること。ただし脇役戦隊は崖の上から登場すること。


案外変わってるようで変わってないんだよなあ。

こんなの見つけました(笑)

えふぃーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス