第1ステージで投げなかった朝倉か山井が先発だと思っていたが中3日で小笠原が来るとは思わなかった。そして巨人が術中にはまり過ぎたのも予想外だった。そして見事に期待に答える左腕。シーズン終盤こそ勝ち星に恵まれなかったが、安定した力を大舞台でも発揮し、その心臓の強さは大学から現在に至る先輩に通ずるものを感じた。残る右4枚も試合を作ってくれさえすれば勝ち星を拾えるのだ。

最も警戒されながらウッズは本塁打を放つ。このダメージは巨人にとって大きいだろう。向こうのファンにしてみればこれほど面白くないことはない思われる。