現在5月中旬の高松沖の鯛は、ほぼポスト状態で、産卵最中です。スポーニングは魚において一大イベントなので、捕食行動はちょっと乱れるというか、パターン化するのが難しいと感じます。要するに、スポーニングに入ってしまうと、攻撃するためにタイラバにバイトするように感じていて、バイトが暴力的になってるように思います。

というように、シーズナルやポイントによるベイトの違いで、ある程度パターンというのは存在するのですが、魚・自然は単純では無くて、確率的にはそういうパターン化している魚を狙うのは効率が良いのですが、そのパターン以外に反応する魚というのは必ず一定数います。

今回の動画は、4月中旬の完全にノッコミ状態のパターンなのですが、そのパターンにはめた魚以外にも、ドシャローでイカナゴを追い回している鯛がいて、そいつはジグに喰ってきたりするんですよね。そういう、イレギュラーな魚を相手にするのも、釣りにおいての楽しみだと思いますし、状況によってはとんでもないサイズの魚や、本当に釣れない状況で釣れるのは、そういう魚だったりします。なので、王道パターンである程度魚が釣れた場合には、できるだけおかしい魚?を追いかけるように心がけています。

ということで、そういう感じで動画みていただければと思います。

ではではまた!

 

 

 

のっこみ鯛の動画の続きです。

前回動画では、朝から良い感じに魚探反応と勘が当たって久しぶりに思ったとおりにタイラバで釣れたのですが、このタイミングはしっかり潮が流れていて、釣れて当たり前の状況だったんですね。

でも、釣れるのはレギュラーサイズというか、十分なんだけど特大サイズは喰ってこなくて、このめっちゃ良い状況で・・・ってこと多くないですか?

それで、特大サイズが釣れるのは、やっぱりいまいち釣れない時に、横で釣ってたお姉さんとか、はじめてタイラバやりますっていう人とか、子供とかなんですよね。そういう状況では、慣れてる人ほど、サボるというか、釣れる気しないからあんまり真剣にやってないんですよね。

ということが経験として良くあるので、潮が流れなくなってきた・・・0.3ノットでは釣れんやろ・・・って思うときに、集中することが大事だと思います。でも、その流れなくて釣りにくい状況で、でかい魚がいるところを攻めてないといけないので、流れない中そこに当てているのはすごく難しいんですよね。

ということで、今回はたまたま読みが当たって、潮が無くなってきたタイミングでいいとこに入れたため、良いサイズの鯛が釣れた動画です。

それと、今回釣れた魚はしっかり魚探に写っていたので、タイラバに追いかけてきてバイトするまで見えて、こちらも面白いと思います。

 

ということで、ごらんいただければと思います。

ではではまた

 

 

 

2021年は4月の上旬から高松沖はのっこみに突入したようで、今現在5月上旬で一段落というところでしょうか。

今回のテーマはのっこみ鯛です。

 

のっこみとは、産卵に向けて鯛が動きはじめ、産卵前の荒食いをするため良く釣れるという状況と言われています。実際何故釣れ始めるのかはよく分かりませんが、実際にこの時期には鯛が釣りやすくなります。ただし、潮の状況や水温の急低下などで、いきなり釣れなくなるのもこの季節で、良い日に当たれば爆釣、悪い日に当たると撃沈するというなかなか船頭泣かせの時期でも有ります。

んで、のっこみのシーズナルな特徴としては、まず大型の個体から動きはじめるので、のっこみ初期に大型が釣れ、同じポイントを攻めると、後半になるほど小型が増えるというのが実感としてあります。これが、ポイントもいろいろあって、シーズン初期に釣れ始めるポイントがあり、後半に釣れるポイントがあり、これを上手く回ることで、できるだけ大型を選んで釣るということが出来そうなのがこのシーズンです。できそうというのは、まだ3号はそこまでできていないからですが、通い込むことで数年後にはできるようになりたいと思っています。

釣る上での特徴としては、冬の間に浮遊ベイトを捕食するために集まっていたポイントから魚が広い範囲に散りはじめ、産卵に適した広い潮の通る砂地にまばらに定位するようになります。なので、広い範囲を潮が大きい時に探れると効率的に魚を拾うことができるというのがこの時期だと思います。また、浮遊ベイトを追って中層に浮いていた鯛が、ある程度ボトムの餌を意識するようになり、基本ボトムタッチから始まるタイラバで釣りやすい状態になります。冬のタイラバが難しいイメージなのは、水温が低く、食べてるベイトも小さいので口を使わせ辛いというのもありますが、中層に浮くのでそもそもレンジコントロールができないと鯛の居るところをタイラバ通せていないというのがあると思います。これが、のっこみ時期になると、ボトムに魚がいるので、底まで沈めて・・・というタイラバで効率的に釣ることができるようになることも、のっこみで鯛が釣れ易いという理由の一つと思っています。

釣れ易くはなる鯛ですが、この時期に掛かった鯛は結構バレやすいです。タイラバを追ってバイトするようになったとは言え、まだ水温が低いこの時期は、しっかりタイラバを追ってバイトするという感じでは無いので、浅掛かりになることがおおいのだと思います。

 

ということで、まさにこののっこみ初期の状態での釣りについて動画にまとめてみました。

朝から走っていたら良い感じに魚探反応が出たのですぐに船を止めて釣りはじめます。すると狙い通り1枚目は釣れてハッピーになりますが、その後は魚探サイトでタイラバへの反応を確認しつつ釣るものの、追うだけとかバイトするけど掛けられないとかが多発し、それでも頑張っていると魚探サイトでしっかりバイトまで確認できる釣りが出来ています。釣れた魚は鈎1本だけしか掛かっていないことが多く、やはりしっかり魚掛けて、慎重なやりとりが大事ということがよく分かる結果でした。

後半でもタイラバを見つけて急上昇する良いサイズの鯛が掛かるのですが・・・続きは動画でご覧頂ければと思います(・∀・)

 

ではではまた

 

 

 

 

乗っ込みちょっと前の動画です。

 

この日は潮が小さくて、朝しか潮が動きそうに無いので早起きして走りました。

本来ならのっこみを意識して、のっこみの早い西エリアに行きたかったのですが、風が東から吹く予報だったため、帰りに風が強くなって苦労することを考慮し、東に走りました。

海の船釣りって、いつでも思ったポイントを釣れる訳じゃ無くて、天気や海況によってはベストと思われる海域に行けるわけではありません。

だから、いろんなエリアのいろんな状況を把握しておく必要があるわけで、その日のシーズナルと海況・天候を考慮し、”行ける範囲”でベストと思う場所を選択し、釣りをすることが必要になります。

ということで、ベストと思えるエリアには行けないけど、行ける中ではベストと思えるポイントに向かって走っていたのですが、その前に魚探反応が良くて、船を止めたポイントから始まる動画です。

この動画では、結構苦労して1枚の鯛を釣っています。

実は、動画を取り損ねた1枚目の鯛が、本当はパターンとして面白かったので、取り損ねた時はほんとに悔しかったです。

というのも、魚探反応がいつも釣れている反応とはちょっと違う、なんというかばらけているけど移動の早い、アクティブな感じの反応で、ガツンとかみつくようなバイトで、釣れた鯛の口からイカナゴが出てきたので、イカナゴパターンというのはこういう感じで釣れるのね、というのがよく分かった場面だったからです。

 

いろんな要素を書いたのですが、言いたいのはこの日の釣りがかなり苦戦したこと。

そして、その苦戦要素が海況というよりも自分のメンタルの迷い、弱さが原因だった気がするのです。

 

まず、天候の関係でほんとに行きたかったエリアに行けていないため、なんとなく目の前の釣りに集中できていないこと。

行ける範囲でのベストのポイントの手前で魚探反応で入って釣れたのは良かったけど、本命の行こうと思っていたポイントに気を取られ、良い感じで1枚釣れたのに、なんとなく集中できなくて本命ポイントと思った方に移動してしまったこと(結果、あまり良くなかった)。

イカナゴパターンだったことから、タイラバで1枚目釣れたにもかかわらず、サビキを付けるべきか迷い、朝の潮が動く貴重な時間にタックルセッティングの余計な時間を使ってしまったこと。

 

釣りはメンタルスポーツだと思っています。

知識と経験から今のベストを考えるのですが、それを実行に移して結果を残すには、その考えに自信をもって、やりきるということが何よりも大事だと感じた釣行でした。

 

ではではまた

 

 

 

ほとんど行ったことが無いポイントで唯一頼りになるのは魚探です。

3号がメインで使用しているローランスは、元々海図が入っていないため、これだけではさっぱりポイントを絞れません。

幸いにもホンデックスの海図があるので、大まかな地形は分かるので、これを元にある程度ポイントの目星をつけつつ釣りするところを探ります。

鯛ラバの釣りでは、冬の浮いた鯛は別として、基本的に鯛は魚探にあまり写りません。底に居る場合が多いためで、よく見ればボトム反応がちょっと違うので分かるのですが、明確に確信が持てるわけではありません。

それで、はじめてのポイントでは釣れるかどうか、鯛がいるかどうか分からないので、すごく不安なまま釣りをするわけです。

でも、上手く鯛ラバを船の真下に持って行くように操船すれば、鯛ラバが魚探に写ります。そして、その状態を維持していれば、鯛ラバにバイトしないまでも、鯛ラバに反応して浮き上がる鯛を魚探で”見る”ことが出来ます。

こういうことができれば、かなり魚探しが楽に・確信をもって出来るようになります。

今回はそういう釣り方で魚を探しながら釣りしていて、鯛ラバに反応する鯛をバイトまでしっかり確認して釣れたという動画です。

 

ではではまた