どうもご無沙汰になってしまいました。

釣りの動作はYouTube 

 

ロジカルな考え方はStand.fm

 

にて発信しております。

ちょっと文章書く時間がなかなかとれなくて・・・・

 

んで、久々の今日は、ここ2ヶ月ぐらい高松沖でシャローばかりを釣っているのですが、どうもシャローでは2種類の鯛がいるようなので、そのへんの違いと対応の仕方について書いてみようと思います。

 

2種類の鯛とは?

結論から、以下の2種類の鯛がいます。

①ボトムでベントス食べてる鯛

②中層のシラス等を食べてる鯛

 

これらの鯛の習性の違いと、釣る時の留意点をまとめてみます。

 

ボトムベントス喰い鯛

この鯛は高松沖タイラバでは最もベーシックな魚です。

シャローに限らずどの水深にもいて、この鯛を狙うのが1番”ハズレ”が無いです。

 

ただ、シャローで狙う場合にはちょっと工夫が必要です。

高松沖のシャローとは、3号の定義では20mより浅い海域のことです。

 

まあ、20mだと大丈夫なのですが、これが15mをきりだすと、普通に船をスパンカー立てして釣ることの弊害が発生します。

一つはエンジン音。

かなり活性が低くなるように思います。

 

 

もう一つがバーチカルに巻くことによる”追いかける距離の不足”が出てきます。

 

タイラバで1番簡単に釣れるときは、潮が1ノットぐらい流れてて、船が潮と同調し、10回巻いては落とすを繰り返したら釣れる、という条件です。

この条件の場合、10回巻くと極端なハイギア・ローギアリールでないかぎり、5~7mぐらい巻き上げて落とすことになります。

これが、15mをきるようなシャローになると、5m巻き上げただけで残りの水深が10mとなり、水面プレッシャーとでもいいますか、鯛がそれ以上追いかけないということがおこっているように思います。

 

ということで、シャローのベントス喰い鯛を攻略する時、この二つの障害をクリアする必要があります。

 

いろいろ方法はありますが、3種類ぐらい対応が考えられます。

①キャスティング

②ドテラ流し

③ずるラバ

 

①はわかりやすいですね。

キャストして斜めにひくことで、船から離してエンジンプレッシャーを回避しつつ、斜めに巻くことで追いかける距離を稼ぎます。

シャローなので手返しも良く、遊漁船ではメインの対応方法になるでしょう。

 

②については、エンジンを切ったドテラ流しで、エンジンプレッシャーを無くして、風があれば斜めに巻くことができます。

ただし、この方法を高松沖でやろうとすると条件が限られます。

一つは潮の向きと風の向きの関係です。

潮と風が同調する方向にあれば全く問題はありません。

船は潮と風の両方の推力で進んでいくので、広くポイントを探ることができます。

問題なのは潮と風が逆の場合です。

この場合は、船が潮でながされようとするのを風が邪魔するので、船の位置があまり変わらず、ポイントを広く探ることが出来ない上に、ラインばかりどんどん出て行くことになります。

条件さえ合えば、ドテラ流しはかなり有効となります。

 

③については②の応用版です。

違いはタイラバを巻かずにずるずると底を引っ張ることです。

そんなことして釣れるの?と思うかも知れませんが、下を向いてボトムをついばんでいる鯛は、しっかり食ってきます。ちょっとフッキングが難しいですが・・・

そんなシャローでのボトムずるずるの釣りは以下でどうぞ。

 

 

中層シラス喰い鯛

ボトム鯛がベーシックですが、今年の高松沖はシャローにシラスが多く入っています。

例年入っていて釣れていたのですが、今年はその期間が長いように思います。

シラスを追ってブリの幼魚も入っているので、小規模なナブラが立ったりしています。

このような状況では、シラスを意識したタイラバをすることで、良い釣果になることがあります。

 

ボトム鯛と違うのは、動くベイトを捕食しているところです。

このため、以下のようなことを心がけると、バイトが多くなるように思います。

①早まき

②ナチュラルカラー

③場合によってはジグ

 

ボトムの鯛は極端にはずるラバで釣れるぐらいで、基本スローな巻きとなります。

しかし、シラス喰いの鯛は動きの速いベイトを捕食しているので、速い動きに反応します。

また、シャローで光量が多く、タイラバがしっかり見えているので、すこしナチュラルカラーにしてシルエットをぼかしてやった方が、バイトが深いように思います。

 

 

さらにさらに、当然ながらジグが効くタイミングもあります。

なんですが、ジグはいつでも効くわけでは無く、効くタイミングはジグだけしか当たらない・・・みたいになるので、タイミングが難しいです。ジグは入れてみて反応する場合はすぐ当たるので、怪しければ入れてみて、ダメならすぐ辞めるということで対応するのが良いかなと思います。

 

 

 

あと、これは実証出来ているわけではないのですが、このシラスを追っている鯛はすごくバレやすいです。

何故バレやすいかというと、捕食の仕方が噛みついてすぐに反転するような動きをしているように見えます。

これは、魚探を見ていると解るのですが、シラスを捕食しているからといって、鯛は中層に浮いていないようです。

ボトムに待機していて、ベイトを見つけると一気に上昇して捕食し、すぐに反転して海底に戻っています。

鯛がスズキのような、吸い込み型の口であればこれでもベイトがしっかり口の中に入る、つまりタイラバも口の中に入るのでしょうが、鯛は吸い込む力が小さい口の形状のため、しっかり掛からないのだと思います。

ベントスを捕食している鯛は、すぐ反転せずにタイラバを追従する時間があるため、その間にハリが口の周りのどこかに掛かりやすく、これが通常のタイラバの、巻き続けて掛ける、という方法となるのですが、これがシラスベイト鯛には通用し難いようです。

 

では、シャローのシラス喰い鯛をどのように釣れば効率がいいかというと

・早まき

・やや大きめフック

・リアフックは長めのチモト

・スモールシルエット

 

こんな感じになると思います。

上手くいけば、80gのSWITCHでも早まきで掛かってきます。

 

 

ということで、高松沖のシャローには2種類の鯛がいる、という内容でした。

 

ではではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、暑いですね!

鯛の釣果も熱く・・・なればいいのですが、ここんとこバラシが多いです。

 

シャローの鯛が何故良くバレるのか、理由を考えてみました。

 

・シャローなので最後まで元気!

・ラインが短いのでラインの伸びで暴れのショックを吸収できない。

・シラスベイト食いは即反転バイトだから掛かりが浅い。

 

順に解説します。

 

シャローなので最後まで元気!

鯛は浮き袋をもつ魚です。

このため、深い場所で掛けると上がってくる間に水圧減少により浮き袋が膨らみます。

この影響で、浅い所まであがると弱って暴れにくくなるため、わりとすんなりと取り込み出来ます。

しかし、浅い所の鯛は、船縁まで水圧減少が少ないため元気いっぱいです。

このため、最後にすごく暴れてバレるというのが多発するのだと思います。

 

ラインが短いのでラインの伸びで暴れのショックを吸収できない

PEラインはかなり伸びの少ないラインですが、それでも破断時には5%ぐらいは伸びます。

水深20mで破断まで伸びると1mぐらいは伸びるわけです。

実際には破断するほどのテンションは掛けないので、半分として50cmぐらいはのびているということです。

鯛は首を振るような暴れ方をする魚なので、この暴れを吸収してやらないとバレる原因となります。

深い処だと、ラインの伸びで魚の暴れが吸収されるのですが、浅い所ではラインの伸びがほとんど無いので、ロッドで吸収するしかなく、あとはドラグで調整するしかないです。

瞬間的なテンションの増加は、ドラグでは対応が難しく、バレる可能性が高くなっていると思います。

 

シラスベイト食いの即反転バイトだから掛かりが浅い

魚探を見ていると、最近の高松沖でのシャローの鯛は、ボトムから浮き上がって中層で反転して帰る行動をしています。

これは、おそらくですが、シラスを喰っているのだと思います。

冬の中層の魚は、漂うようなベイトを捕食しているので、鯛自体も中層に浮いて餌と同じレンジで捕食をしています。

しかし、今の時期の鯛は、中層にいるシラスに対して、ボトムから突き上げるようにして捕食しているように見えます。

憶測ですが、シラスは逃げるので、下の死角から捕食することで、捕獲率を上げているのだと思います。

通常のタイラバだと、バイトが出てから軽く掛かった状態でそのままタイラバを追従してきて、反転した時にフッキングして掛けるということになります。

これが、今のシラスに死角から襲いかかるようなバイトだと、タイラバに向かってバイトして、そのまますぐ反転するという行動になります。

餌であれば口の中に入るのでそのようなバイトでもしっかり掛かるのでしょうが、タイラバは鈎とネクタイが分離しているので、鈎はほとんど口の周りにスレ掛かりになります。

ですから、すぐに反転されると浅掛かりの状態で、掛かってもバレやすいのでは無いかと思います。

 

ということで、最近シャローの鯛がバレやすい原因について考えてみました。

バレまくる動画は以下ですww

 

参考までに

ではではまた!

 

シーズナルパターン

6月の初旬はアフタースポーンでした。

ちょうどタイラバカップがあったころですね。

 

水温の上昇とともに、タイはいろんなエリアに広く散らばっていました。

 

餌もイカナゴからベントスまで様々。

 

タイは水温上がって活動はできるようになっているのですが、いかんせん産卵後で体力が低下しており、気難しくなることが多かったように思います。

具体的には、タイラバのちょっとしたセッティングや巻きスピードの違いで、バイトが出たり、出なかったりが発生し、その日のパターンを見つけられるかどうかが重要でした。

 

また、通常であれば梅雨時期であり、降雨による河川からの淡水や濁り水の供給によっても、エリアや活性が変わるという季節だったのですが、今年は空梅雨だったので、そういうことはあまり気にしなくて良かったように思います。

今後、淡水が供給されなかったことが、夏に向かってどのように影響してくるのか・・・因果関係を考えるのは難しいですが、気にしていきたいところです。

 

ということで、エリアやベイトによる違いを以下に見極め、釣っていくかが問われる6月でした。

 

6月の3つのパターン

6月は先も書いたように、非常に広いレンジやエリアで釣れました。

逆に、広くどこでもつれるようであっても、その日に釣れないところに行ってしまうと全く釣れない・・・という悲しい状況にも遭遇しました。

 

基本的には餌を起点に、釣りやすい状況かどうかとして潮をからめて考えていきました。

 

大きくは3つのエリア・レンジに分けました。

・浅いけど潮がよく流れてフラットな砂~泥底エリア

 

このエリアのベイトは・・・よくわからない。

でも、たぶん底にいるベントスだと思います。

数年前までだと、緑色の薄い殻の二枚貝を食べてる魚が多かったのですが、この数年はそのようなベイトがいないみたいで、歯の削れや砂が胃袋に入っているので底物をつついている感じはするものの、特定できないような感じです。

魚探にはあまり反応出ないので、辛抱強く、潮がしっかり動くタイミングで巻き続けるのが良いパターンです。

タイラバのセッティングは、しっかり目立つカーリーが良く、私はオレンジカーリーと黒ストレートを組み合わせた、ネクタイだけのセッティングをよく使います。

あと、今年導入した”無限”のオレンジカラーも良く反応しました。

底付近ですぐに動きはじめてアピールできるネクタイセッティングが良かったです。

 

・深くて潮がよく流れるチャネル

 

 

このパターンがアフターとなる6月のメインパターンだと思います。

タイラバカップでのパターンがこの状況でした。

ベイトは状況によりちょっと変わるみたいで、基本は底にいるベントスであり、たまにイカナゴが流れたり、シラスがいたりすることで活性が上がるような感じでした。

ベントスは、タイラバカップの時、ワンピースⅢ後藤船長が、イケマにウミケムシをいっぱい吐いてたということなので、ホントに底にいる何かをついばんでるという感じなのだと思います。

タイラバのパターンは、STARTのショートカーリー3本鈎仕様のものが最強でしたね。

もさもさしている感じがいいのか、底付近をデッドスローで巻いていると当たりが頻発するという感じでした。

そして、ボトムに張り付いている状況から、巻かないタイラバ”ズルラバ”も好調でした。

 

一生懸命巻くのが馬鹿らしくなるほど、バイトが多いことがあります。

まあ、底物をつついているなら確かに理にかなってはいるんですよね。

 

・サンドウェーブ・サンドバー

潮が結構ながれるシャローでの釣りで、ベイトがベイトフィッシュなのが特徴的なパターンです。

6月の初期~中旬まではイカナゴがベイトの主体でした。

この時は、SWITCHの中層スイミングやスモールシルエットのタイラバを中層まで巻き上げるのが非常に良かったです。

そして特徴的なのが、タイジグが有効なタイミングがあるということです。

早まきで巻いていると、ズガン!と当たるのでとても楽しい釣りでした。

 

 

ここから、6月中旬以降になると、ベイトがシラスになりました。

ベイトが魚探の振動子200kHzには映るけど、50kHzに映らないということで、とても小さいベイトだと確認できて、かなりのシャローですが、タイがたくさん入っている感じでした。

水面ではヤズ(ぶりの幼魚)がボコボコとボイルしていて、今にもつれそうなんですが、ベイトが小さすぎて釣るのは難しいというパターンでした。

タイラバのセッティングとしては、スモールシルエットの無限や、スカート有りのカーリー等のセッティングが良かったです。

 

 

無限に関しては、鈎のセッティングが特徴的で、いろいろ試してイイ感じになってきたので、また今後の動画とかで紹介したいと思います。

 

ということで、2022年6月における、高松沖での3パターンを紹介してみました。

これから高松沖は地獄の夏になります・・・・

高水温と濁りとの闘いになり、魚の活性が低下するので、朝イチ以外にどうやって魚を釣るのか?頑張って探したいと思います!

 

ではではまた!

 

 

 

 

面白い釣りができたので動画にしたのですが、イマイチ伸びが悪い😂

なので、ここで簡単にご紹介!

 

一人で釣りをしていますが、船員1号を召喚!

その正体は”ずるラバ”船員1号!

 

手巻きで巻き巻きしつつ、横で電動セットの船員1号が、ずるずるとタイラバをひこずっています。

すると、手巻きの私より効率よくバイトを稼ぎます!

 

出来る条件は以下

・砂、泥底の根掛かりしない底質

・水深があまりかわらないフラット

・ドテラ流し

・ボトムベントスを喰っている鯛(魚探でボトム張り付きの反応)

 

まあまあ条件は限られますが、結構釣れます!

だまされたと思ってお試しあれ!

 

 

 

2018年以来のタイラバカップに参加してきました。

結果から言うと全然ダメだったんですけどww

結果はダメでも、釣りとしては面白かったので、前日練習を含めて記事にしておきます。

 

前日プラクティス

ブラックバスの試合もやってたんですが、タイラバの試合ではバスの試合と比べると前日プラクティスの意味合いがかなり違います。

これは、自分が行こうと思ったポイントに行けるわけではないということです。

バスなら、前日の釣り方、ポイントが試合結果に直結するわけですが、タイラバの試合は遊漁船に乗せてもらうので、ポイントは選べないです。

ですから、練習の意味としては、海の状態の把握と魚を掛ける感触、フィジカル的なところの慣らしといったところが主体になります。

まあ、ポイントは私が選ぶよりも、毎日出ている遊漁船の船長さんの方が良いポイントに入る可能性が高いわけなので、あとは自分がどうやって釣るかだけと言ったところです。

 

ということで前日プラクティスをしました。

ポイントはなんとなくしばらく行ってなかった方面。

ちゃんと本番で行きそうなポイントに行けば良かったんですが、前の週に行って様子はなんとなく掴んでいたので、それよりは魚が多くてたくさん掛けることができそうなポイントを選択しました。

結果的に、中層に浮いた元気な魚が居てくれて、短時間で数枚釣って感触を得たといったところでした。

 

シーズン的にはアフター回復が大きそうなので、それを狙えればというところですが、セッティングで釣り分けるのは難しく、とにかく数釣って混ぜるしか無いな・・・という感じでした。

 

 

試合当日

試合ではワンピースⅢの後藤船長にお世話になりました。

この船は老舗の船で、普段は一つテンヤで鯛釣りを案内されています。

前日の情報としては、水深40m前後の水道深場で、比較的数は出ているという状態でした。近くで流していた僚船では60以上が複数枚出ており、サイズも期待できる感じでした。

 

私の戦略としては、前週に釣れた大型がディープでも浮いていたこと、前日プラでも比較的浮いた魚の活性が高かったことなどから、水道ディープだけども少し上までしっかり巻いて、追わせて喰わせようというイメージでスタートしました。

 

スタート直後から同船者さんにヒットが続き、次は自分だ・・・と思いながら過ごした2時間・・・

チャリ1枚でかなり打ちひしがれていました・・・

こんなはずでは・・・

同船者さんが釣れたタイラバを見て真似してみたり、あれやこれやと迷走してしまって、その後2時間ノーバイト・・・

ほんと、釣りはメンタルですね。

まあ、潮下ということもあったのですが、それ以上に自分の釣りができていなかったなあ・・と反省しました。

 

その後、潮上近くの位置になって、釣り方自分のセッティングに戻し、丁寧に釣って4枚の鯛をキャッチして終了となりました。

 

試合結果としては、2枚の鯛の長さ合計で85センチぐらい?と全く勝負になりませんでしたが、以下の学びがありました。

 

・自分の釣りをしっかりやり続けることが大事(毎回思ってる・・・)

・お隣さんのタイラバセッティングが完全にはまっていて新しいパターンを確認できた

・2号のデッドスローが効いてたことから中層まで追わすパターンは違ってた

・普段あまりやらない水道ポイントが結構熱いことがわかった

 

本気で釣りに集中して、普段乗らない遊漁船に乗せてもらうことで、一人では解らない新しい発見がたくさんありました。

試合結果としては悔しかったけど、自分がレベルアップできたと思えたのでとても良かった試合でした。

 

 

大会の企画運営をして下さったタイラバーズのみなさん、船長の後藤さん、一緒に参加の1号2号、釣りの最後に動画見てますと声をかけていただいた同船者の方、楽しい一日をありがとうございました!

 

ではではまた!