カケロマ島 / Fish Bone ダイビングblog 「魚の骨」

カケロマ島 / Fish Bone ダイビングblog 「魚の骨」

奄美大島南部の離島、加計呂麻島にあるダイビングショップの海ブログです!

当ショップご利用予定、ご検討中の皆さまへ

 

 

当ショップは冬季休業を終え、4月よりシーズン明けのスタートをしたばかりなのですが

新型コロナウィルスの感染拡大による影響を懸念することから

しばらくの間ショップをお休みさせて頂きます。

 

現在のところ奄美大島・カケロマ島共、感染者は出ておりませんが、

今後もしも島内で感染者が出てしまったら、、、

と考えると、とても不安になります。

カケロマ島・奄美大島にはたくさんの高齢者が生活しています。

私事のような説明になってしまい、皆さまには申し訳ないのですが

私の側に居る両親も2人とも肺に疾患を持つ80代半ばの高齢者であったり、

家の隣人は90代の高齢者であったり、

隣人だけでなく集落内も同じように80・90代の高齢者がほとんどです。

 

カケロマの島内には病院もなく、

このような高齢者がもしも感染してしまったら、、

奄美大島に渡り病院へ行くことは簡単なことではなく、非常に大変で困難な事は当然、

命に関わる事となってしまいます。

 

この様なことから感染予防対策として、しばらくの間営業をお休みをさせて頂くことにしました。

色々悩んでいた部分もあり、お知らせが遅くなり申し訳ございません。

ダイビングのご予約、ご検討をしてくださったゲストの方々にはご迷惑をお掛け致しますが

どうかご理解をしてください。

よろしくお願い致します。

 

 

なお、営業再開の際にはこちらのブログでまたお知らせ致します。

 

 

フィッシュボーン

代表  須﨑 まさこ

 

 

 

昨年中はお引き立てを頂きまして誠にありがとうございました。

2020年度も奄美南部・大島海峡でダイバーの皆さんと

水中の楽しさや驚きを共有しながら、

安全第一で楽しいダイビングをご提供していきたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

現在冬季は勝手ながら休業を頂いております。

今シーズンの営業は4月4日(土)からになります。

ご予約・お問い合わせにつきましては、休業中もお受けいたしておりますので

お気軽にメールにてご連絡ください。

mas.fishbone@gmail.com

 

また料金を一部変更させて頂きました。

ホームページに掲載しておりますので予めご確認ください。

合わせてよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

Photo by 興さん

 

先日11/7の記録です。

業者会 「海を守る会」 の定例行事リーフチェックがありました。

今年で19回目で、ダイビングポイントでも使われている安脚場での調査です。

各業者で担当に分かれますが

フィッシュボーンでは無脊椎動物を担当させて頂きました。

ナマコ、ヒトデ、エビ、シャコガイ、ウニの種類を主にチェックします。

 

 

 

Photo by 海を守る会

 

参加業者で集合写真

奄美の海洋生物調査をされてる興さんに御協力頂いてます。

 

 

 

お疲れ様でした!

 

 

 

 

大潮

天気 :晴れのち曇り

水温 :26℃

 

① 黒崎

② 清水

③ カテツ

 

 

 

昨晩の豪雨から午前中は静かな青空が広がりました!

1本目の黒崎は時間がちょうど合ってほどよい流れの中

透明度も抜群に良くてユメウメイロやニセタカサゴの群れ、

ネムリブカ、クダゴンベなどなど最高のダイビングでした!

そして先日見つけた不明種のウミウサギが気になっててまた見てきました。

 

 

 

ウミウサギ類(不明種)

 

 

 

ノコギリヨウジ

 

 

 

ナカモトイロワケハゼ

 

お宿の瓶が移動して、また瓶がキレイにお掃除されててビックリw

居てくれて良かった~

 

 

 

カサイダルマハゼ

 

仲良し姿、キセキの1枚

 

 

 

マルソデカラッパ

 

 

 

極小ハマクマノミ

 

 

 

極小クマノミ

 

 

 

モウミウシ類もまだ健在です。

いつまで見れるかな?

 

 

 

 

 

 

最終日の青空、清水での小魚の群れ気持ちよかったね!

また来年会いましょう~

 

 

 

ありがとうございました。