ピーター・クボタのハリウッド映画大好き
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

今年も東京国際映画祭!

実は、東京国際映画祭のプレスとして、何回も
取材したことがあります。

今日、今年のプレスリリースが入ってきました。

前に審査委員長のジョン・ボイドさんと、
話しました。
また、トム・ハンクスさんや、ロバート・デニーロを目の前に見かけました。

ロバート・デニーロの会場への登場の演出は、
 目の前に、車が停まり、ロバート・デニーロが車から降りてきました。それが、何故か凄くカッコ良かった!どうしてカッコ良かったのか?
今もって?ですが、カッコ良かった!





梅雨入りの季節、この映画「いま、会いにゆきます」

梅雨入りの季節、この映画「いま、会いにゆきます」


九州も梅雨入りということです。
この雨の季節、雨で嫌だなぁと
思う方には、
映画「いま、会いにゆきます」(2004年)
があります。

市川拓司さんの原作があり、その映画化です。
竹内結子さんは、この作品でもとてもいいです。
・・・かえすがえす、とても残念です。

しかし、この作品は、とてもいいです。

アンソニー・ホプキンスがアカデミー賞!「ファーザー」(The Father)

アンソニー・ホプキンスがアカデミー賞「ファーザー」(The Father)

原題はThe Father、邦題は、「ファーザー」。 
    アンソニー・ホプキンスが「羊たちの沈黙」 についで、2度目のアカデミー主演男優賞を受賞した2020年のイギリス、フランス製作。
これは、観てみたい作品です。日本でも、5月14日から封切りです。



アンソニー・ホプキンス出演作品は、そんなに観てはいませんが、
「ジョー・ブラックをよろしく(Meet Joe Black)」(1998年)は、良かったです。

  



ハラミちゃんの「耳コピー」を見て・・・

ハラミちゃんという、ストリートピアノのYouTuber がいて、知らない曲、初めて聴いた曲を、「耳コピー」して、アレンジして弾く、動画を見ました。凄い!羨(うらや)ましい!と最初は、思っていました。

  私は、一つのゴスペルを歌えるために、いったいどれだけ聴いて、歌っているのだろうか?・・・などと。

しかし、ある方から「それがいい」と言われました。
???
しばらくしてから、「それがいい」がわかってきました。「それ」とは、
「絶えず、賛美している」ことです。
直ぐに「耳コピー」出来たら、
そうはならないからです。

考えてみると、私の人生で、こんなにゴスペルを歌っていることはなかったと思います。

そして、気がついたのは、
「賛美する時に、そこに神様は住まわれる」と、聖書に書いてあることです(詩篇22篇3節)

いつの間にか、沢山賛美して、歌っている中で、
神様のご臨在の中に
私はいたことがわかって来ました。

「耳コピー」出来ないのは、一見マイナスかなと思っていたら、実は大きなプラスでした。感謝🥲



映画「プリンス・オブ・エジプト」の主題歌
When you belive は、マライア・キャリーと
ホイットニー・ヒューストンが歌ったゴスペルで、アカデミー賞主題歌賞を受けました。この映画、この歌、とても良いです!

普通のアニメではない!『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』(Missing Link)

普通のアニメではない!『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』(Missing Link)

  2020年の第77回ゴールデングローブ賞で、「トイストーリー4」「アナと雪の女王2」を押さえて、
最優秀長編アニメーション映画賞を受賞した作品というので、見てみました。ユーモアがあって、ストーリーも良く、また、普通のアニメとは違う感じでした。



調べたら、ストップモーションアニメ。人形を作って、コマ撮りして作る映画でした。
有名なのは、「羊のショーン」等のイギリスのクレイアニメの①アードマン・アニメーションズ(Aardman Animations, Ltd.)と、アメリカの②ライカ(Laika, LLC.) があります。

これは、ライカの作品でした。
主人公の怪獣研究のライオネル卿(きょう)の顔がなぜか声を担当している、ヒュー・ジャックマンに似ていました。ライカの作品では、前に映画「KUBO クボ 二本の弦の秘密」を見ました。『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』(Missing Link)は、2019年アメリカ映画で、なかなか良かったです。

夢を諦めない!映画「遠い空の向こうに」(October Sky)



夢を諦めない!映画「遠い空の向こうに」(October Sky)

ホーマー・ヒッカムさんの自伝「ロケットボーイズ(Rocket Boys)」の映画化(1999年)です。

ホーマー・ヒッカムさんに、ジェイク・ギレンホールが、なっていて、若い!お父さんに、クリス・クーパー。学校のライリー先生に、2019年に『マリッジ・ストーリー』で、アカデミー賞助演女優賞を取ったローラ・ダーン。

原題は、「(October Sky)は
1957年10月、ソ連が人類初の人工衛星「スプートニク」の打ち上げに成功したのが、10月(October)だったから、そうなっているのかもしれません。邦題は、『遠い空の向こうに』。米国ウエスト・ヴァージニアの高校生の実話です。

とても良い話で、「最後まで夢を諦めていけない‼︎」とつくづく思います。


実は余り期待してなかった映画でしたが・・・

実は余り期待してなかった映画でしたが・・・



映画「天地創造」のDVDをついつでに借りました。実は余り期待せずに、流し始めたのですが、良かった!

聖書の天地創造から、ノアの箱舟、アブラハムが、イサクを捧げる所まで、
聖書通りでした。タイトルの
原題はThe Bible。1966年アメリカイタリア合作の作品です。


監督は、ジョン・ヒューストン。
昔、東京の銀座で、ジョン・ヒューストン監督の映画『マルタの鷹(たか)』(原題は、The Maltese Falcon)(1941年)をやっていて、観た気がします.

Malteseは、マルタ(島)の
falcon(ファルコン)鷹 ( たか)。
映画「カサブランカ」の、ハンフリー・ボガードが出ていたと記憶しています。内容は忘れましたが、見応えがあった様な気がしています。

音楽から映画へ 、映画「糸」、映画「涙(なだ)そうそう」

音楽から映画へ



1998年の中島みゆきのヒット曲「糸」をモチーフに出来た作品です。

平成元年生まれの高橋漣(れん)と園田葵(あおい)を、菅田将暉さん、小松菜奈さんが演じています。なかなか良かったです。



歌から出来た作品では、

映画「涙(なだ)そうそう」(2006年)があります。


兄が、妻夫木聡(つまぶき・さとし)さん、妹が、長澤まさみさん。

これも、歌が映画とマッチしていましたというか、映画が歌にマッチしていました。妻夫木聡さんは、最近の映画「浅田家」で、嵐のニノさんのお兄さん役、良かったです。


果たして「至福(しふく)の時間になるか?アイスクリームのMOW(モウ)に新商品!

アイスクリームのMOW(モウ)に新商品!


私は、アイスクリームの「MOW(モウ)の
キャラメル」が、とても好きで、毎日食べていた時期がありました。正確には、「クラシックソルティーキャラメル」です。
 どこが、いいかというと?余り量が多くなく、キャラメルの味が良い。
ただ、「期間限定商品」なので、今は販売してないので、食べてはないのですが。


4月26日からは、MOW(モウ) の新作シリーズで、MOW PRIME (モウ
プライム)が、2種類出ていて、かなり高評価だそうです。

何故(なぜ)その名前か、以下説明がありました。

「MOW PRIME 名前の由来
一日の中の、至福の時間(PRIME TIME)を彩る商品であってほしい。という想いを込めて「MOW PRIME(モウ プライム)」と名付けました。」

PRIME TIMEとは、調べたら、TVのゴールデンタイム、夜の19時から23時を意味するそうです。

果たして「至福の時間」になるのか?
今週、「MOW PRIME(モウ プライム)」をトライしてみたい!

マーク・ウォールバーグさんとメル・ギブソンさんで、新作!

俳優マーク・ロバート・マイケル・ウォールバーグ(Mark Robert Michael Wahlberg)さんが、メル・ギブソンさんと映画製作。

実在のボクサーで、後に神父になったカトリックのスチュアート・ロングさんを描く作品だそうです。マーク・ウォールバーグさんは、映画「ザ・ファイター」 (The Fighter)(2010年)で、やはり、ボクサーを演じています。

マーク・ウォールバーグさんも、メル・ギブソンさんも、敬虔なカトリックです。信仰の作品だそうです。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>