おはようございます。

たくさんのコメントを頂き、ありがとうございます。確認はしておりますが返信が出来ずすみません。

今日の三時ごろに妻の母より連絡があり、
妻の呼吸の様子が違う気がする、とのことでした。

私は寝てしまっていたのですが、昨日より手伝いに来てくれている私の母が連絡に気付いたため、すぐに妻のところへ行きました。

呼吸が一時荒くなっていたようですが、戻って来ている感じでした。
1時間ほど様子をみてからつい先ほど帰って来ました。

血圧も特に変わらず(母の体感で110くらい)、呼吸は少し肩で息をしているところはありますが、苦しそうにはしていませんでした。
ぐっすり眠っている感じです。
今の妻にはそれが何よりのことだと思っています。

昨日の11日より話しかけても反応がなく、目を開けている時間も非常に少なくなりました。

身体には黄疸や足のむくみなどの典型的な肝臓機能低下の症状も出て、原発の左胸の腫瘍も露出している部分が増大してきています。
本当にガン細胞の成長力は恐ろしいです。
まだ大きくなりたいとは。
この力を他のことに活かせないのかな?とか考えてしまいます。

とにかく楽に逝かせてあげたい、今はその一心です。本人もそう思っているはずです。

退院して1週間、鎮静剤のドルミカムを利用して約5日となりますが、病状が進むのが本当に早いと感じます。

私も妻の母も、もう数日のうちなのかな?という感覚です。