STAFFのブログ

STAFFのブログ

フィッシングハヤシ
STAFFの釣行記・日々の出来事などをお届けします。

こんにちは

三谷ですニコニコ

 

10月4日に

本田教頭先生と大野さん

と一緒に武者泊、フタゴに行ってきましたデレデレ





お世話になったのは

山洋渡船さんグラサンびっくりマーク


私と本田教頭先生は上物



大野さんは底物デレデレ

 



開始直後から

僕の釣り座には

大きなキツが見えていました立ち上がる

 

コマセ投げて

仕掛投入しウキが消し込む→合わせる→ドラグ止まらない→ラインブレイク

が何度かありましたニコニコ

海水温がまだまだ高いみたいで魚が元気びっくり

 

突然緑色のでこっぱちが

現れたので大野さんに報告し

コマセを撒き続けて足止めウインクびっくりマーク


大野さんがルアーを投げて

仕留めましたビックリマーク

 



シイラ106㎝笑い泣き

 



船頭さんからは

グレはあんまり釣れてないと

聞いていましたが

 

 

やっぱり・・・・

 

 

 

あの人はやりました。

 

本田教頭先生。




いっぱい釣って楽しそうでした。

あー良かったですね。

あー良かったですね。

あー楽しそう。

あー良かった良かった。

 

最後の撮影照れ







写真を撮っている

本田さんを

撮るキョロキョロ


さりげなく撮るキョロキョロ


ドアップで撮るキョロキョロ

 



 

武者泊行かれる方は

水温が高いので少し強めのタックルがいいかもしれませんビックリマーク

 

山洋渡船さんは仮眠所もあります飛び出すハート

前日の夜アジングを本田さんと一緒にして前入りしていたので

仮眠所を利用させていただきました照れびっくりマーク

 

本田さんの布団に近づけて寝てみようと思いました

 



 

が知らない間に離されてました。

 

嫌がらせをしすぎると無視されるようになるので

気を付けましょう。

 

 

山洋渡船さん

ありがとうございましたびっくりマーク

 

 

 

 

 

 

こんにちは 中平です。

 

10月2日(日)にダイワフィールドテスター有岡只祐さん主催の鮎友釣り大会

「2022.有りのまま茄子がまま杯」に参加させていただきました。

 

今年も名手様が沢山集まっている、こわーい大会です。

5組に分けて1時間半の試合を3回行い、各組の勝ち上がりが決勝戦に進むルールです。

 

1回戦、自分のエリアは「与床」※写真は2017年の物です。

橋から下流の浅瀬が連続する左岸から開始。

水温19℃、気温も低いので掛からんろうと思いよったら1尾目は直ぐに来ました。

 

3尾目を抜いた時に仕掛けを後ろの竹に絡ませてしまい、新品のメタルがパーに。

掛かった鮎はメスで18㎝のオトリ頃。入れると直ぐに掛かりましたがタモの手前でポロリ。

1回戦はオトリ込み6尾、2位タイでしたがジャンケンで負けてしまいブロック3位。

 

2回戦、去年も入った「正弘」

新垢パターンか!と朝イチでやったような浅瀬を攻めるも無反応。

瀬肩に上がって2尾目のオトリを放すと泳がずレロレロ。

 

どこをやっても全く掛からず、一度も鮎の気配を感じず

苦悩の1時間半でした。検量するとなんと5人中4人がボーズ。

 

昼飯を食べて3回戦、「ホタル公園」

写真のポイントから右岸寄りの残り垢を狙いますが、根掛かり連発で嫌になって橋の下流に移動。

 

浅瀬を泳がせていると「ガガーン」ときついアタリ!

直後に何年も前に作ったメタコンポ0.05号が高切れしていました。

 

もう1尾の天然はレロレロで泣きそうになりながら泳がせていると

40分くらい経って12㎝くらいのチビが引っ掛かってくれました。

これからやーと真面目にやりますが1尾バラシと2回のケラレで終了。

 

3試合やって掛けた鮎はたったの6尾で撃沈しました。

 

決勝戦は

岡林釣具 松尾さん

森下さん

川崎さん

国貞さん

西山さんの5名と

シードの有岡只祐さん

 

1時間半の試合を見せて頂きました。

 

皆さん、叩かれた後のポイントで丁寧に探って掛けていますが

圧巻は有岡さん。

オトリ込み12尾で断トツのトップ釣果でした。

有岡さんは参考釣果ということで

1位は国貞さん

2位は西山さん

3位は岡林釣具 松尾さん

でした。写真が無くてすみません。

 

安田川、先週までは良く掛かっていたそうですが、雨の後厳しくなったようです。

それでも名手様はちゃーんと結果を出してます。

 

とても良い大会でした。

主催の有岡さん、運営役員の皆様、大会に出席された皆様

お疲れさまでした。ありがとうございました。

 

 

こんにちは

三谷です!!

 

9月25日に

灘港出ている漁新丸さんにて

イカメタルに行かせてもらいました!!



メンバーは中屋功司さん、中屋貴輝さん、さえきさん、上西さん

アルバイトスタッフ濱口くん、友永くんの7名照れびっくりマーク

 

ポイントは約1時間ぐらいの場所ウインク

着いた頃には外は暗くなっていて

すぐにスタートニヤリ!!



開始直後中屋さん(父)が

いきなりヒットびっくりマーク

その後続々とヒットが続き


イカメタル初挑戦のさえきさんもヒットびっくりマーク


濱口君と友永君もヒットびっくりマーク





トリプルヒットもでたデレデレ



上西さんとも中屋功司さん着々と

釣り上げ





 

船全体で200杯越え!

竿頭50杯酔っ払い

 





台風の濁りの影響もそこまでなく

よく掛かっていました真顔びっくりマーク

 

シーズン終盤となりますが

高知沖でのイカメタル楽しんでみてはいかがでしょうかはてなマーク

 

漁新丸福留さん

中屋さん親子、上西さん、さえきさん

ありがとうございました!!

 

 

10月16日(日)に仁淀川にて

仁淀川 親子ふれあいハヤ釣り教室が開催予定です。

 

参加費無料 先着20組様

フィッシングハヤシの店頭でもお申込み頂けますが

詳しくは仁淀川漁協へお問合せください。

電話088-893-2300(平日9:00~17:00)

こんにちは、中平です。
 
22日(木)に高知県友釣連盟主催の「清流めぐり利き鮎会 SPG」に出席させていただきました。
3年ぶりの開催です。
 
今回は過去22回の大会でグランプリ・準グランプリを獲得した全国30河川の鮎が集合、
SPGつまりスペシャルグランプリを競う趣向でいつもの規模1/3ほどに縮小して行われました。

例年は立食ですが、今回は座席があります。
鮎はワンプレートに並べてくれてます。こちらの方がゆっくり吟味出来て良いと思います。
一次審査の集計表
一次審査の最中はどこ河川の鮎かは分かりません。
一次審査の後、各河川が発表されます。
一次審査を通過した鮎はこちら
奈半利川(高知県)
秋川(東京都内
美山町(京都府)
千種川(兵庫県)
安田川(高知県)
 
和良鮎の炭火焼き。いつも大人気でなかなか食べれませんが今回は食べることが出来ました。
過去グランプリ4回受賞の鮎は美味しかったです。
濵田高知県知事ほか5名様で二次審査
グランプリに輝いたのは高知県奈半利川のアユでした。
1次審査は和良川と同組という中で二次審査に勝ち上がり、頂点に立ちました。
グランプリ :奈半利川(高知県)
準グランプリ:秋川(東京都)
       美山川(京都府)
       千種川(兵庫県)
       安田川(高知県)
.
鮎集めに奔走されました全国の鮎釣師の皆様
「利き鮎会」を主催されました高知県友釣り連盟の皆様
美味しい鮎料理を準備してくださいました城西館の皆様
 
ありがとうございました。