~結婚披露宴司会実績2000組の

アナウンサーが導く~

『なぜか結婚できない40代からの

おしゃれな婚活』

 

 

広島婚活塾 主宰

婚活コンサルタントの永田眞希です。

 

 

 
 
昨夜のテレビ放送で、
「この世界の片隅に」
という映画を観ました。
 
 
 
 
8月、私の住む広島では
戦争と平和に関する特番が
多く組まれるのですが
この映画もその一環です。
 
 
以前、この映画をつくられた
片淵須直監督の講演会で
司会をさせてもらったご縁から
ずっと この作品に興味を持っていました。
 
 
太平洋戦争と広島といえば
重いテーマになりがちですが、
この映画は戦時中の庶民の暮らしに
焦点を当てたほんわかとした内容で、
 
 
映画に出る地名も景色も
馴染み深いところばかりだし
考えることも、やることも
今の私達と何も変わらない。
 
 
あんなに残酷な歴史の中で
案外 普通の暮らしをしていたのは
ちょっと意外でした。
 
 
でもだからこそ、
教科書の出来事ではなく
妙に自分ごとに感じたのかもしれません。
 
 
実写版も話題になりました^^
 

主人公の女性は
親が決めた男性の元に嫁ぎ、
 
 
食べるものもなく
家族も亡くし
明日の命があるかどうかも
分からない中で
一生懸命生きていました。
 
 
それしか選択肢がないので
仕方がなかったのでしょうが、
今の時代に生きる私には
とても耐えられそうにありません…。
 
 
それに比べると今は
まるで夢のような時代に
生きているんですよね。
 
 
でも失ったことがないから
 
 
幸せなのが当たり前だから
 
 
満ち足りていることに気づかないから
 
 
感謝の念なんてちっとも湧かない。
 

それどころか、
 
 
「おもしろくない」
「〇〇が足りない」
「なんか違う・・」
 

「あの人が××だ・・」
「自分なんかどうせ・・」
「将来どうなるんだろう・・」
 
 
と、不足のメガネをかけて
世の中を見ていたのかもしれません。
 

ほんの数十年前、
実際にここで暮らしていた人達が
心の底から憧れていた世界に
今、生かしてもらっている、この私。
 
 
仕事があること

住む場所があること

食べ物があること

家族や友人がいること

お金があること

自由があること

命があること

また明日がくること
 
 
永遠に続くわけではない
人生という時間。
 
 
いま手にしているものを、
「もっと大切にしよう」
そう思えた夜でした。
 
 

平和公園に隣接するお気に入りのカフェ
 
 
 
■お知らせ■

今ご縁のある塾生さん
クライアントさんのサポートに
注力するため
 
しばらくの間
ブログ更新をお休みします。
 
更に有益な情報を発信できるよう
バージョンアップしますので
よかったら時々覗きにきて下さいね♪
 
 
ご登録はお気軽にどうぞ
 

~結婚披露宴司会実績2000組の

アナウンサーが導く~

『なぜか結婚できない40代からの

おしゃれな婚活』

 

 

広島婚活塾 主宰

婚活コンサルタントの永田眞希です。

 
 
 
 
以前、
結婚相談所で活動していた女性の話です。
 
 
彼女は綺麗でサバサバした性格で
思ったことははっきり口にする
男性から人気のある人でした。
 
 
なので申し込みも多く
コンスタントに
お見合いをしていましたが、
 
 
なかなかピンとくる人に出会わず
お見合いから1~2回会っては終了する
その繰り返しでした。
 
 
元々お仕事も忙しく
シフト勤務で土日もお勤め。
 
 
だんだん活動も負担になり
自分には向いていないかも…と
相談所を辞めることになりました。
 
 
すると、
退会手続きをするその日に
ある男性から申し込みが来たんです。
 
 
どうしようかと悩まれましたが、
「じゃあ、最後にこの人とだけ
お見合いをしてから辞めます」
ということになり、
 
 
それで結局・・
 
 
その相手と結婚されたんです!
 
 
 
 
ちょっとドラマのような展開ですが
私がこの女性に一番強く感じたのは
 
 
『心のセンサー』に従って
上手く進まれたんだな~
ということです^^
 
 
どうしても婚活中は
焦りや不安があるので
慎重になるあまり
何かの考えに固執してしまいます。
 
 
そんな時は執着心が生れて
流れが悪いんです。
 
 
だけど、アレコレ考えずに
もっとシンプルに
軽~い気持ちで
直感に従う方が
だいたいうまく行きます。
 
 
考え過ぎは
エネルギーが重たくなって
願いが叶いにくくなりますが、
 
 
執着を手放すと不思議ですけど
本当に上手くいきます。
 
 
かといって無計画すぎるのも
どうかと思いますが、
 
 
大切なのは
『心のセンサー』に従って
シンプルに
軽~い気持ちで
直感に従うことだと思うんです^^
 
 

 
 
結婚相談所で活動される方は
みなさん真面目で真剣です。
 
 
でもその真面目さが
気づかないうちに
何かの固執になっていないかを
ときどき振り返ってみると
いいかもしれませんね。
 

イヤならイヤでいいんです。
 
 
でも必要だと感じるならやってみる。
 
 
その判断はいつも
自分の心のセンサーに任せましょう♪
 
 
 
 
 
 

~結婚披露宴司会実績2000組の

アナウンサーが導く~

『なぜか結婚できない40代からの

おしゃれな婚活』

 

 

広島婚活塾 主宰

婚活コンサルタントの永田眞希です。

 
 
 
 
婚活相談に来られる方の傾向として
結婚の意欲は十分あるのに
「恋愛モード」になっていない方が
多いように感じます。
 

「出会いがないんです」
という女性に
一日の生活パターンを聞いてみると、
 

朝起きて、
仕事に行って、
休憩中に動画見て、
帰宅して、
ご飯食べて、
ヨガをして寝る
 

みたいな男っ気が全くない
ライフスタイルの方が多いんです。。
 
 
そりゃ、出会いはないですよ^^;
 
 
出会いがないって言う人は、
 
 
『出会いがないライフスタイルを
選択しているだけ』
 
 
だということを
まずは理解して頂きたいんです。
 

これはただの選択であって、
能力とか、自分の価値とか、
そういうことではないんですよね。
 
 
家と職場を往復するライフスタイルで
出会いがあるわけないですし、
 

今まで結果が出なかった所に
ずーっとい続けても
やっぱり結果は出ないでしょう。
 

出会える場所に行かないと
出会える人は変わらないと
思うんですよね。
 

たまに、家と職場を往復する
ライフスタイルをしている時に、
 
 
「突然白馬に乗った王子様と出会う」
みたいなことを期待している方がいますが、
・・ちょっと難しいかなと思います。。
 
 
私は2000組のカップルに会ってますけど
真面目そうに見える人も
運命的な出会いをしている人も
 
 
よくよく話を聞いたら、
出会うためにけっこう頑張って
動いていらっしゃいますからね。
 
 
 
 
じゃあなぜ
「出会いがないライフスタイル」
を選択しているかというと、
 
 
それはおそらく
「恋愛スイッチがオフ状態」
だからなんですよね。
 

だから、まずは、
この恋愛スイッチをオンにしないと。
 
 
特に長年恋愛スイッチが
オフになっている人は
恋愛スイッチをオンするのに
「リハビリ」が必要になってきます。
 
 
細かいことでいいんですけど、
 
 
電車に乗っている時に、
オジサンの隣と
イケメンの隣が空いていたら
躊躇せずに
イケメンの隣に座ってみるとか、
 
 
コンビニのレジが男性店員だったら、
お釣りをもらう時に
ちゃんと目を合わせてみるとか、
 

自分の中の女子力が上がる
洋服を着るのもいいし、
通勤にハイヒールを履くのもいい、
 

ラブラブカップルと一緒に
食事をするのもいいでしょう。
 

どれも、
ちょっと勇気がいることだったり、
居心地の悪さを
感じることかもしれません。
 

でも、このちょっとした
リハビリをしているうちに、
 

「恋愛っていいかも♪」って感覚が
少しづつ強くなってきます。
 
 
すると自然に
恋愛スイッチがオンになってくるのです。
 
 
スイッチがオンになると、
勝手に
「出会いがあるライフスタイル」
に変わっていきますよ。
 

これは仕事やダイエットとかも全部一緒で、
どれだけ自分のスイッチを
オンにできるかどうかなのだと思います。
 

そのためには「それっていいな♪」
って思えるような経験を
自分にたくさんさせてあげることです。
 
 
何の運動もしていない人が
いきなり42キロを走れないように、
 
 
しばらく恋愛スイッチがオフの人が
いきなり結婚のステージに上がるのは
ハードルが高いかもしれません。
 
 
スイッチがオンになれば
ライフスタイルも結果も
自然に変わっていくし、
 
 
ちゃんとそれなりの出来事を
引き寄せるものですよ^^
 
 
いい人が現れるから
恋愛スイッチが入るんじゃないんです。
 
 
恋愛スイッチが入るから
いい人が現れるんです。
これホントです^^
 
 
ちなみに私は今、
「痩せたいスイッチ」がオンされているので
こんなものを引き寄せました(笑)
 
 
私の二の腕を心配した塾生さんからのプレゼント(笑)
 
 
明日から実践して
ノースリーブを着こなすぞ~!

 

 

 

 

 

ご登録はお気軽にどうぞ。

 

 

男性婚活応援メルマガ

 

女性婚活応援メルマガ

 

 

女性の方にはご登録直後に

こちらのメール講座が自動配信されます。


 
 
 

~結婚披露宴司会実績2000組の

アナウンサーが導く~

『なぜか結婚できない40代からの

おしゃれな婚活』

 

 

広島婚活塾 主宰

婚活コンサルタントの永田眞希です。

 

 

 
 
今日は私と同い年の女性との
カウンセリングでした。
 
 
彼女は離婚経験があり
高校生のお嬢さんがいらっしゃいます。
 

30歳の頃には1000万円の貯金があり
元の旦那様も新婚当時すでに
2000万円の貯蓄があったのだとか。
 

彼女は今も「株」をしているので
仕事以外に その収入があり、
株主優待もあるため
お買い物は三越でするそう。
 
 
ちなみに時計はロレックス派
ブランド品や高級品を持つことが
彼女にとっての当たり前なのです。
 
 
なんだか同い年でも
ぜんぜん違うな~と感じました^^;
 

でも不思議と、
それが羨ましいとは感じないんですよね。
 
 
なぜなら私は、
お金や高級品よりも
自分が注目されることや
自分が活躍することに
関心があるからです。
 
 
こんな風に人の好みは様々ですが、
好みの物や関心が高いものは
何だかんだ言って
だいたい手に入るようになっています。
 

そして自分の周りにも似た傾向の人や
関連する出来事が増えてきて、
だからますます
またそのことを考えるようになるわけです。
 
 
これを、
心の中の優先順位が高い状態と呼びます。
 
 
 
 
同じ24時間365日の中で
 
 
・いつもよく考えていること
・なぜか関心が湧くこと
・お金を払っても手に入れたいこと
・上手く行かないと落ち込むこと
 
 
それがあなたの心の中で
優先順位が高いものだし
あなたの人生の一番の関心事といえます。
 
 
それは
お金に関することかもしれないし
美に関することかもしれないし
家族の面倒をみることかもしれません
 
 
仕事で成功することかもしれないし
仲間との時間かもしれないし
地位や名声を得ることかもしれません
 
 
誰と話していても
「この人はココがこだわりなんだな」
と思えるポイントが必ずあります。
 
 
そして無意識のうちに
結婚相手にもそのポイントを求めるし
同じような人と引き寄せ合います。
 
 
つまり・・
あまりに自分とかけ離れた人を
求めるのはムリがあるんです。
 
 
バリバリ働く相手がいいなら
自分も仕事に打ち込む。
 
 
カッコいい人がいいなら
自分の外見やセンスを磨く。
 
 
楽しく語り合える相手がいいなら
自分の見聞を広げる。
 
 
自分の好きなタイプに、まず自分がなる
ということが
好みのタイプを引き寄せる近道です^^
 
 
自分の中で優先順位の高いものは
必ず現実になります。
 
 
もしあなたが婚活を続けていても
なかなか実りがないと感じるなら、
 

それはあなたの心の中に
結婚より優先順位の高い何かが
存在しているのかもしれませんよ。
 

もしそうなら、
結婚が第一優先になるよう
スイッチを切り替えましょうね。
 
 
こちらで、お手伝いしています。

 

 

男性婚活応援メルマガ

 

女性婚活応援メルマガ

 

 

女性の方にはご登録直後に

こちらのメール講座が自動配信されます。

 

~結婚披露宴司会実績2000組の

アナウンサーが導く~

『なぜか結婚できない40代からの

おしゃれな婚活』

 

 

広島婚活塾 主宰

婚活コンサルタントの永田眞希です。

 
 

 
 
今日は男性の塾生さんとの
カウンセリングでした。
 
 
彼はコミュニケーションが上手で
先日お見合いをした女性とも
いい感じで交際しているようですが
ひとつ気がかりなことがありました。
 

それは、連絡の頻度です。
 
 
永田) ところでお相手とは
どのくらいの頻度でLINEしてますか?
 
 
塾生) 週一くらいです。
 
 
永田) え!!!!!
 
 
・・少なすぎます^^;
 
 
普通の恋愛なら
時間をかけて相手を知っていくので
お互いの人柄が分かっていますが、
 
 
「婚活交際」の場合は
関係性が希薄なので
一度会っても次回会うまでの
やり取りが少ないと
あっという間に
他人に戻ってしまうんです(涙)
 
 
そうならないためには
合えない間の
接触頻度がカギなのです。
 
 
なのでできれば、
一日一回は連絡してください。
 

そしてもうひとつ、
とっても大切なことがあるんです。
 
 
それはLINEがエモーショナルであること。
 
 
LINEメッセージの中に、


・自分の感情を入れたり
・あなたに興味がある
・あなたに好意がある


という意思表示をちゃんと入れるのです。
 
 
大人になると羞恥心や遠慮が生れるし
つい文章を簡潔にまとめがちですが、
婚活の場合、そんな文章では
なかなか距離が縮まらないんです。
 

例えば・・
「今日は〇〇をしました」
ではなく、
 
 
 
 
「今日〇〇したので
××な気持ちになりました」
 
 
とか、
 
 
「今日〇〇に行きました
よかったら次は一緒に行きませんか?」
 

とか、
 
 
「今日、〇〇している時に
この前話した△△を思い出しました」
という感じです。
 

相手から連絡が来たときは
「了解です」
「分かりました」
 
 
ではなく
 
 
「お誘い嬉しいです^^」
とか
 

「そこ行きたかったです!」
「楽しみにしています♪」
 
 
など、
素直に感情表現してみてください。
 
 
最初は抵抗あるかもしれませんが
だんだん慣れてきます。
 
 
普段の接触回数が少なく、
業務連絡みたいな内容だと、


久しぶりに会ったとき
2人の関係が振り出しに戻っているので
関係はなかなか深まらないんです。
 

LINEは単なる連絡手段ではなく
会えない2人の心理的距離を
縮めてくれるもの。
 
 
ちゃんと「感情を入れること」を
忘れないで下さいね。
 
 
ちなみに彼は交際相手の女性が
現在、資格試験を控えているため
連絡は遠慮しているのだとか。
 
 
でも私なら、
そんな遠慮をされるより
メッセージを貰った方が頑張れるし
会社帰りの1時間でもいいので
実際に会いたいです。
 
 
LINEが来たくらいで
試験勉強の邪魔にはなりませんし。
 
 
・・そんな女心を力説し
すぐに彼女にお誘いLINEを
入れてもらったところ
 
 
『ぜひよろしくお願いします
楽しみにしています♪』とお返事が。
 

ほらね^^
 
 
まずは自分から心を開くことで
相手からも嬉しい返事が届くんです。
 
 
「とはいえ、毎日毎日
何を書けばいいんですか?」
と感じるあなた。
 
 
何か特別なことを書こうと思わず
「今日は何をシェアしようかな?」
くらいの軽い感じでいいんですよ。
 

もし私に交際中の相手がいたら
今夜はこの写真をシェアするかな~♪
 
 
 
 
自宅から花火大会の
音だけ聞こえるんですが
毎年見るのはテレビ中継です(笑)
 
来月の花火大会は
一緒に見れたらいいですね^^
 
とかなんとか書いたりして・・
 
 
 
 
LINEやメールのやり取りは
日常会話そのものなので
それが噛み合わない人とは
この先の交際も上手くいかない
かもしれません。
 
 
せっかくの便利なツールを
もっと気軽に楽しんで
相手との関係を温めて下さいね。
 
 

 

 

男性婚活応援メルマガ

 

女性婚活応援メルマガ

 

 

女性の方にはご登録直後に

こちらのメール講座が自動配信されます。

 

~結婚披露宴司会実績2000組の

アナウンサーが導く~

『なぜか結婚できない40代からの

おしゃれな婚活』

 

 

広島婚活塾 主宰

婚活コンサルタントの永田眞希です。

 

 

 
 
「なんであの時、
話し合いに応じてくれなかったの?」
 

「察して欲しいなんて無理よ。
ちゃんと言葉で説明しなきゃ
分かり合えないじゃん!」
 
 
「なんで私ばっかり
我慢しなきゃいけないの!?」
 
 
「逃げずにちゃんと向き合ってよ!」
 
 
昨日カウンセリングにいらした
マミさん(仮名・40代女性)は
時間内ず~っと、延々と、
昨年破局した彼とのことで
怒りをぶちまけていらっしゃいました。
 
 
・なぜそうなったのか?
・その失敗から学ぶことは何か?
・それを次に活かすには?
そんな有意義なお話は一切なし!笑
 
 
ただただ、ひたすら
怒りを吐き出してもらいました。
 
 
やがて外も薄暗くなり
もういい加減終わらないとな~
という時間になって
やっと怒りの炎も鎮火したみたいで、
 
 
「ああ、なんかスッキリしました~♪」
 

「私が心の中でずっと
引っかかっていたのはこのことです!」
 

「本当はずっとこう言いたかったんです」
 

「周りは私に我慢が足りないとか
もっと大人になれっていうけど
なんでいつも自分が我慢しなきゃ
いけないのかって思っていました」
 
 
そして最後に、
 
 
「わたし、結婚相手は
ちゃんと話し合える人がいいです♪」
 
 
「肝心なことをあやふやにする人は
絶対にイヤです!」
 
 
と清々しい表情で帰っていかれました。
 
 
・気持ちを吐き出す
・本音に気付く
・新たな選択ができる
これ、カウンセリングのお手本です^^
 
 
 
 
なんかスッキリしない
前に進めない
同じところをループしてる気がする
 
 
そんな時は自分の心の中の
モヤモヤを一旦吐き出すことが肝心です。
 
 
みんないい人すぎるので
何かが上手く行かないと
それは自分のせいだと思い込んだり
向き合う前に諦める人が多いのです。
 
 
いろいろなメソットやツールを使う前に
まずは洗いざらい本音を出さないと、
何も見えてきません…。
 
 
そうそう、
マミさんはこう言っていました。
 
 
「私、誰かのことを批判するのは
ダメだと思っていました。
だから思っていても
口に出しちゃいけないと
我慢してきたんです。
でも今日、言ってスッキリしました~^^」
 

心の中にある言葉は、
口に出しても出さなくても
同じなんです。
 
 
だったら害のないところで
ちゃんと口に出して
消化させた方がいいです。
口に出さないと心の中で毒素が溜まり
あなたのヤル気や希望を奪っていきますから。
 

ちなみにマミさんが仰った
 
 
「わたし、結婚相手は
ちゃんと話し合える人がいいです」
 
 
「肝心なことをあやふやにする人は
絶対にイヤです」
 
 
というのは、
彼女の本音から出た言葉なので
これから彼女の全意識は
そんな人を探し始めるはずです。
 

ただ、ただ、今の心の中を
思いっきり吐き出す。
 
 
それなしでは、
あなたの結婚したい!という
本気の気持ちに火はつかないのです。
 
 
私があなたの火に油を注ぎますよ~^^
 
 

男性婚活応援メルマガ

 

女性婚活応援メルマガ

 

 

女性の方にはご登録直後に

こちらのメール講座が自動配信されます。

 

~結婚披露宴司会実績2000組の

アナウンサーが導く~

『なぜか結婚できない40代からの

おしゃれな婚活』

 

 

広島婚活塾 主宰

婚活コンサルタントの永田眞希です。

 

 

 

 

ある提携先の婚活サイトから

カウンセリングの予約が入ったので
これから出かけようとした直前に、
 
 
「予約がキャンセルになりました。
次回の希望は〇月〇日だそうです」
と、事務局から連絡が入りました。
 
 
「予想通~り!!」
 
 
と思わず呟いた自分がいました(笑)
 
 
なぜならこの女性は
一週間前にも同じことがあったからです。
 
 
更には、1か月前の婚活パーティも
直前でキャンセルしたらしく 
これで3回目。
 
 
これはもう、この人の癖だし
生き方そのものなので
お会いして相談に乗ったところで
上手くいかないんです。
 
 
婚活の土俵に上がる以前の話なんです。
 
 
でもまあ、ここまではよくある話で
肝心なのはここからです。
 

こうも同じ人からキャンセルが続く、
そのあおりを自分が受ける、
そういうときは
その人だけを責められないんです。
 
 
「万象わが師」といいますが、
その出来事が自分に何かを
教えてくれているんです。
 
 
 
 
私は以下の3パターンを考えました。
 

【1】自分の在り方が相手に映っている。
 
「類は友を呼ぶ」というように
自分の考え方と似たような人が
自分の周りに集まります。
 
 
つまり私自身がどこかで誰かに
この女性と同じようなことをしていないか?
ということなんです。
 

こんな時はその女性に言いたいことを
自分に言うんです。
 
 
今回の件ならば、
「自分の都合で相手に迷惑かけてるよ」
「その行為は信用を失うよ」
「逃げてないで腹をくくったら?」
 

このセリフが今の自分にも必要なのではと
胸に手を当てて探すんです。
自分もどこかでこの女性と同じことを
していないかを振り返るんです。
 
 
気づかずその行為を続けると
いつか本当に信頼を失ったり
決断できず時間切れになりますから。
 
 
人のふり見て我がふり直せ…ですね。
 

【2】自分の願いが叶っているだけ
 
心の中で「今日は休みたい」
「行きたくない」と思っていると、
本当にその予定が流れたり
キャンセルになって休めたりします。
 
 
実は今日はすごく疲れていたので、
とにかく休みたくて
ぶっちゃけ キャンセルになって
嬉しい自分がいます^^;
 
 
なんだ!自分の望みが叶ったのか♪
ということかもしれません。
 
 
【3】エナジーバンパイア
 
人を翻弄したり迷惑をかける人を
エナジーバンパイアとか
時間泥棒と呼びますが、
そういう人は
『お人よし』をターゲットにします。
 
 
何度キャンセルしても
いいよと許してくれたり、
 
 
可哀そう、何とかしてあげたい
とお節介したくなったり、
 

そういう優しい人や
使命感が強い人の周りには
迷惑をかける人が現れます。
 
 
これを断ち切るには
『お人よし』を辞めないといけません。
 
 
以上の3つを踏まえると
だいたいどれも当たっているんですが^^;
今の自分に一番
しっくり来るものといえば・・
 

【3】だったんです。
 
 
・きっと何か理由があるんだろう
・そんな人を何とかしてあげたい
という気持ちが
どうも私の中には強いんです。
 
 
でも それは
そろそろ辞め時みたいです。
 
 
強すぎる私の思い入れは
相手の強すぎる依存心を生むだけ。
 
 
心の準備と覚悟の出来ている人を
サポートしていくためにも
私がもっとフラットでいなければ・・と
キャンセル女が教えてくれたのでした。
 
 
あなたも連続して続く困りごとに
悩まされていませんか?
 
 
それはひょっとすると
「早く気づけよ~」という
神様からの大切なお知らせかもです^^
 
 
 
 

講座やカウンセリングの案内は

メルマガから行います。

こちらから登録してお待ち下さい。

 

 

男性婚活応援メルマガ

 

女性婚活応援メルマガ

 

 

女性の方にはご登録直後に

こちらのメール講座が自動配信されます。

 
 

~結婚披露宴司会実績2000組の

アナウンサーが導く~

『なぜか結婚できない40代からの

おしゃれな婚活』

 

 

広島婚活塾 主宰

婚活コンサルタントの永田眞希です。

 


 
 
ここ数日、参議院選挙の
ウグイス業務をしてきましたが
やっとその任務がおわりました。
 
 
私が担当したのは
全国の中でも特に注目の
激しい選挙区で
当落ギリギリの新人候補。
 
 
テコ入れのため
内閣総理大臣ほか、
有名閣僚が次々に応援に駆け付け
何の因果かその際の司会を
すべて私が担当することになり
とても貴重な経験をさせてもらいました。
 
 
 

長い選挙戦では
候補とひとつの車に同乗するので
色々なことを肌で感じます。
 
 
比較するのもおこがましいですが、
やっぱり政治家というのは

・志
・忍耐力
・重圧
 
私とは全てが桁違いだなと感じました^^;
 

だけど選挙の終盤で
地元の集会に顔を出したとき
いつも凛としている候補が
演説中に涙を流したんです。
 
 
「ここに帰ってくると
家族に迎えられるようだ」と。
 
 
そして
 

「これまで応援されるのが
当たり前と感じていたけど
それは自分の驕りで、
改めて地元の有難さに気づいた」と。
 

どんな人にも本音と建前があって
それを隠して
頑張らなきゃいけないときもある。
 
 
だけどその本音を
素直に吐き出せる場所があるって
すごく大切なことです。
 
 
涙を流す候補の姿に、
「凄い人」から
「この人好き」に印象が変わりました。
 
 
人は「凄い人」より「好きな人」を
応援したくなるのかもしれませんね。
 
 

僅差ではありましたが
現職を抑えて当選しました!!!
 

きっと婚活中のあなたにも
「本音」と「建前」のように
いろいろな気持ちがありますよね。
 
 
その本音を
誰かに話せるなら幸せだし、
 
 
そんな人がいなくても
ちゃんと自分で気づいてあげたら
それでいいんです。
 
 
気分が落ち込んだら
無理に頑張ろうとせず
静かに過ごし、
 
 
不安に感じるなら
安心できる環境を整えたり。
 
 
結婚という目標に向かうのも
国会という目標に向かうのも
その原動力は自分の心。
 
 
いろいろな気持ちを
自分の中で上手に消化しながら
自分の本音を大切にして
進んでいきたいですね。
 
 
凄いな、素敵だなって
思われることも大事だけど
 
 
それ以上に
なんか好きだなって
思って貰えるのは
その人の本音が見える時ですからね。
 
 

 
 
行く先々で待っていた
「おやつ」や「ご馳走」に
愛されていることを実感した
ウグイス永田です^^
 
 
 
 
気になる「二の腕問題」は
もう少ししてから取り組みます!
 
 
~結婚披露宴司会実績2000組の
アナウンサーが導く~
『なぜか結婚できない40代からの
おしゃれな婚活』


広島婚活塾 主宰
婚活コンサルタントの永田眞希です。




日々、婚活コンサルで
結婚についてあれこれ考えていると、


「結婚ってそんなに
難しいことだったかな~?」と
自分でも分からなくなる時があります。


結婚って元々は本能的な営みなので
頭で考えすぎると踏み込めなくなりますね。


たとえ、
お料理が下手でも
自分勝手でも
自分に自信が持てなくても


それでもいいんです。


それより大事なのは、


「恋人が欲しい!」
という強い気持ち。


「男性(女性)が好きだ♪」
という素直な気持ち。


その気持ちが強ければ強いほど
自分から色気が放たれ
それが磁力となって
恋が舞い込んでいます。


ぜひ、これから磨くなら
お料理の腕や
仕事での成功もいいけど


セクシャリティにも
磨きをかけてみて下さいね。


セクシャリティに磨きをかけるって
要は自分に素直になるとか
本能に従うということですが、


こういうミュージックビデオを
聴く(観る)というのも役に立ちますよ♡


~結婚披露宴司会実績2000組の

アナウンサーが導く~

『なぜか結婚できない40代からの

おしゃれな婚活』

 

 

広島婚活塾 主宰

婚活コンサルタントの永田眞希です。

 

 

 
 
自分で言うのも何ですが、
私は昔から
『イメージしたものを実現させる力』
が強い方かなと思います。
 
 
これまで色々なものを、
自分の思い通りの形にしてきました。
 
 
その一例が今の自宅です。
 
 
我が家の自宅は目の前が広い公園で
とっても見晴らしが良いんです。
 
 
でも家を建てた当時は
その公園はただの空地で、
将来はそこに中学校が建つと言われており、
それを承知の上でこの場所に家を建てました。
 
 
だけど住んでみると、
あまりの見晴らしの良さと静けさに、
やっぱりこのまま
学校なんて建たないといいな~
って思うようになりました。
 
 
するとどういう訳か
いつまで経っても中学校は建たず、
 

ついには予算の関係で
学校建設の計画は中止になり
今の公園になりました^^
 
 
自宅に花のある生活をしたい…って
新婚当初から思っていました。
 
 
また引っ越してきたばかりの頃は
団地内にスーパーがなく
ちょっと不便だったので、
 
 
「近くにスーパーが出来ないかな~」
 

「できれば私のお気に入りの
○○スーパーがあたらいいな~」
 

と思っていると、その半年後、
徒歩3分の場所にその○○スーパーが
開店したんです!
 

あのときは嬉しい反面、本当に驚きました。
 
 
「だけど欲を言えば
銀行のキャッシュコーナーがあればな~」
 
 
そう思っていると、
しばらくしてそのスーパーの隣で
何かの建設が始まり、
半年後には私のメインバンクの
キャッシュコーナーが出来たんです!
 
 
恋愛に関してもそうです。
 
 
昔、遠距離恋愛が破局したあと
「やっぱり近くにいる人がいいな…」
と、しみじみ思ったんです。
 

そして、
 

「できれば○○大学の出身がいい」

「職業はこんな感じで」

「雰囲気はあんな感じ」と
 
勝手に自分の理想を思い描いていました。
 
 
すると半年くらい経ってから、
本当に近場で○○大学卒で仕事も外見も
思った通りの人と出会い
恋人になれたんです。
 
 
海外の俳優さんにハマった時期には
やはりその半年後、
アメリカ人の恋人ができました。
 

英語なんてろくに勉強してないのに
あの時だけは
英語が喋れるようになりました(笑)
 
 
私の人生、こんなことばっかりです(^^;
 
 
 
 
だけどその頃は
「引き寄せの法則」だの
「思考が現実化する」だの、
そんなこと全く知りませんでした。
 
 
なのになぜ叶ったのかというと、、、
 
 
ただ純粋に心から望んでいたからです。
 

まさか叶うとも思わず、
自分の心の中で好き勝ってに想像し
妄想していただけなんです。
 
 
本当にそれだけです。
 
 
だから今、思います。
自分の欲求に蓋をしちゃいけないな、と。
 
 
いや、本当は蓋なんかできないんだから
自分の夢を諦めたり、
許可を下さないままだと
いけないな、と思います。
 
 
遠慮せず、
「ぶっちゃけこうだったらいいな~」
と思うものを心に描けばいいです。
 
 
婚活が長引いてくると
だんだん我慢が多くなるかもしれませんが
 

そんな時こそもう一度
自分の欲求に素直になってみて下さいね。