他人に対して「待つ」のは容易い。待つのが難しい時、内にあるのは。。 | 【新潟・心屋塾】自分を信じる心が育つ♪~Feeling-safe~

【新潟・心屋塾】自分を信じる心が育つ♪~Feeling-safe~

心屋塾@新潟
本来の自分に「戻る」リセットカウンセリング
母性で自分を受け入れ、自分を信じる心(自信)が
育ちます。


テーマ:

「待つ」って、関係性が近いと、なかなか難しい。。

(感情や、期待の気持ちが湧きやすいから)

 

また、別記事にして 続きを書きたいと思います。

 

最後まで、ありがとうございます。^^@

 

https://ameblo.jp/feeling-safe/entry-12445253827.html

 

ーーーー ↑この記事の続き。 ーーーーーーー

 

こんにちは。

魂の鐘を鳴らす、小田あゆ美です。

 

 

最近、何かで読んだ言葉。

 

『「待つ」ということが最大の「慈愛」』

 

ガイア(地球意識)が

人類の行いを正そうとせず、

じっと意識の成長と進化を待つごとく。

 

清濁あわせて「受け容れ」つつ、

「在りようを見守る」大きな愛。

 

そんな趣旨だった。

これを

目の前の我が子や、他人や、あるいは自分に

ひきよせて考える。

 

 

 

思い通り予想通りの好ましい状況になくても

(最悪な)状態であっても、

 

『どうなってもあなたは大丈夫だ!』

「経験と体験こそ、あなたの財産だ」

 

 と根底で信頼し見守って

(距離を置いて)

「今を精一杯生きる」のに任せて待つ。

 

必要とされたらサポートする。

 

 

 

「見守る」って、

ずっと見ているのではない。

(それ、「監視」になりがちだよ、ええ(汗))

 

 

「見守る」って、

自分こそ自分を生きてないと出来ない!

とわたしは思う。

 

「監視」「見張り」「コントロール」

・・・

自分を抑圧して自分を生きていないと

他人にジャッジと共にしたくなるもの。

 

 

 

『どうなってもわたしは大丈夫だ!』

という自己信頼

起こることに、「今ここ」の意識であたる。

        =

 

「今ここ、で何を選んでも何の問題もないとしたら、

 わたしはどうしたい?どうありたい?」

 

と、意識を内に置き続けて生きる。

 

 

大丈夫なんだと「知っている」

 

だから、

『どうなってもあなたは大丈夫だ!』

って、他人を観て、待てる

 

(いや別に、待ってないけどね)

 

 

 

冒頭の言葉を借りて一部変えると

 

『「何もしない」ということが最大の「慈愛」』

かな。

 

 

 

さてさて、それじゃあさ。

 

(わたし、何もしてもらってないんですけど。。

 無視されてるのかしら?もう見放されたのかしら?)

 

関わってもらえないのは、愛されてないってこと?

 

って、、、、どう?

 

     ↑

ええ。。。気持ちはよーーーーーーっっく、わかります!

 

(わたしなんて、どうでもいい存在なのね。。。)

(嫌いだから、わたしに関わりたくないんでしょ?

 無視したり避けたいよね。。。)

 

って、拗ねた気持ちに陥りがちですよね?!

特に親へとか、パートナーへ、とか。

笑い泣き

(それは、わたしもありました。汗)

 

 

 

でも、この言葉から滲み出ている波長。。

   ↓  ↓

 

わたしなんて。。

 

どうでもいい存在。。

 

嫌いだからでしょ。

関わりたくないんでしょ?

 

無視したいよね。。

 

避けたいよね。。

 

(どうせ、わたしなんて。。。エンドレス。)

  ↑  ↑

自分の存在へも、

他人からの愛も、

まったく「信頼」してないですよね!

 

笑い泣きゲロー(再汗)

 

 

 

「何もしない」ということが最大の

わたしへの「慈愛」

 

なのかもしれない・・・!!

 

っと、薄眼を開けて逆転の発想をしてみませんか。

 

そう♪ あなたは「信頼」されて任されている♪

必要な時には、

「関わりを求めるヘルプ」を出せば

誰もが寄ってきて助けてくれます。

 

 

 

(何もしてあげられない、、、から)

逆に、子どもに何もしない(出来ない)ことを

罪だと感じている場合も。

 

 

 

「何もしない」ということが最大の「信頼」

 

ってことだよ・・・おい!!

 

っと、両目見開いて、自分に呼びかけてみてー。

 

 

なんかザワザワしたら、、、

石や木や土や雲や海、

地球意識になったつもりで

半眼(薄目)で観るの。

 

(手も足も出ない存在で、笑)

 

清濁あわせて「受け容れ」つつ、

「在りようを見守る」大きな愛。

 

 

『どうなってもあなたは大丈夫だ!』

 と根底で信頼し見守って

(距離を置いて)

「今を精一杯生きる」のに任せて待つ。

 

 

待つのは難しい!と感じたら、

自分の内に「勝手な期待」がある、きっと。

 

人間だもの。まして、身近な人へは、

自然にあるもの。

 

 

だから、相手のことは見ない!(笑)

忘れるくらいに

自分のことに集中して

楽しんで生きて、

 

必要とされたら出来ることでサポートする。

 

 

 

・・・理想かな・・・?

 

 

頭の中に理想を描けている時点で、

もう現実のタネは植えているよ。

 

 

だから、あなたの思い(タネ)を

丁寧に取り扱っていれば

未来に花はひらくよね。

 

image

 

 

ありがとう。

今日の言葉、ぜんぶ自分に入ってきました。

 

 

最後まで、ありがとうございます♪

 

 

魂の鐘を鳴らす女神☆小田 愛弓 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ