さて。


道を歩む上で

最も障害になるもの。



それと言うのも実は・・・



快楽。



快楽とは

ハイテンションと例えてもいいかもしれない。



一時的な高揚感。



一時的なので

消えればまた、求めることの繰り返し。



はい。



まあ、要するに。



ネガティブから逃げ続けて


「心地よさ」という名の

『快楽』に耽溺している限り



心は充ちないのではないだろうか。




そのように感じています。




世界には


苦しみを緩和するための麻酔があふれていて


その麻酔による催眠状態の中で、

痛みを麻痺させ、

幻想を抱き続けている。




どれだけ快楽を追い求め続けても

どこか満たされない。



それはなぜかと言ったら、



自分自身の一部を

拒絶し続けているから




なのではなかろうか。

だから、いつまでたっても満たされない。


全体感、と言うものが感じられない。


大切な何か


が欠けている感覚。




その欠けている


大切な何か


というのは実は


ウキウキキラキラワクワクドキドキ


ではなくって。



最後まで残しておいた

イッチバン美味しいのは


あるのに見ないフリをして


蓋をしてきた


ブラックボックス(実は一番の宝箱)


の中にあるのかも。





今まで向き合ってきた

つもりだったけれども(笑)


実は自分(の一部)を否定し

拒絶し続けてきただけだったような😅


要するに、

許せる自分、都合のいい自分しか

受け容れてこなかったっちゅうこっちゃ😭😭😭



今まで一体、自分は何をやってきたんだ!!



と、ジャッジメントをしつつ、

そんな自分も受け入れつつ。



大切なことは

あらゆる偏った価値観によるジャッジを越えて


好き嫌いを超えた世界で


全てを受け容れること。




陰と陽。

すべてが合わさって一となる。



で。

この記事のあったカードちょうだい!!

で出てきたカードがこちら。



超しっくり。


明確な結論はないのだけれど、




本当の自分ってのは

都合のいい自分だけじゃあないんだぜ!!




全てをまるっと受け容れた先にある

一なるもの。そこにある全体性。



それこそが本当の私。



光が当たっているところ

だけじゃあないんだよ。




そもそも。

『 光 』って言葉の意味がちがうのかも。


光からの視点っていうのは、



この映画を

映し出している側からの視点ってことだ。




ポジティブとか前向きとか

うれしい楽しいとか


そんな単純な

偏った見方だけじゃなくって



光を投影する者の視点。



いわば創造者( The Creator )の視点ってことだ。




光を当てている側の視点ってこと。



そして。

ゴールドの意味は



Everything OK !!






なるほどね!!



光がカタチになった色。



それがゴールド!!




チュウわけで。


今朝引いたカードがこちら。




私はここにいる。


全てを

受け容れよう









いつもありがとう!!