本日、新潟県クラブユース新人戦予選リーグが

 

新潟県各地で開催されました。

 

我らステラはグループE

 

グランセナ

バンダイ12

プリマサーレ

フリーダム

ステラ

 

以上の5チーム

 

上位2チームが決勝トーナメントに進出する

 

大事な初日でした。

 

初戦は上越のプリマサーレ

前半早いうちにレオの素晴らしいフリーキックで

先制したものの、後半に追いつかれ、そして追い越され

1-2の敗退

 

残念な結果でした。

 

内容的にはよく走りプレッシャーもかけて

パスもいいとは言えなくともそれなりと言えましたが。

 

「耐えきれなかった」という表現がピッタリな

逆転劇でした。

 

張り詰めた集中力が長続きしないのは

やはり普段の取り組み方も原因なのかも・・・

 

そんな状況から第2試合

 

グランセナ戦

もう何から何までステラの上を行ってました。

 

一生懸命に耐えて、やっとやっとの0-5

 

やはりミスからの失点が4点

崩されて1点

 

ボールへの寄せの速さ、切り替えの速さといったほうが

いいかも。

競り合いの強さ。特に高いボール。

ボールを奪った後の前への推進力(迫力を感じるほど)

ボールコントロールの正確で圧倒的な速さ。

パススピード。

 

いずれ追いつき追い越す!!

 

そういう思いで、明日は頑張れますか?

 

今日負けた相手と明日戦う相手の試合を

研究し見ることなく、仲間同士でふざけて楽しんでる

チームにどんな試合ができるのだろうか?

 

ふざけている仲間を知らん顔しているチームが

どんな試合をするの?

 

「子供はそんなもんだよね」なのか?

指導者としての自分の力不足なのか?

 

今日、副審をしている時、自分の背中で感じた

思いは、とても悲しかった。

 

指導者、スタッフ、父兄、サポーター

いくら頑張っても、試合をするのは選手!

 

集中力が続かないのは、そんな普段の自分たちの

取り組み方が映し出されているのかも。

 

明日の善戦を期待します。

 

明日の集合時間は自分たちの試合時間から

当たり前にわかるよね。

 

監督はジュニアのトレーニングのため明日は行けませんが

きっと頑張ってくれるものと信じています。

 

監督