リーガ第26節 クラシコ | F.C.オレフッチム
2007年03月12日(月) 17時48分31秒

リーガ第26節 クラシコ

テーマ:りーがえすぱにょーら
さて、ついに来ました、クラシコ
バルサvsレアルでございますプンプン

現在2位のバルサと4位のレアル。
どちらも優勝争いという点からも負けられないし、当然クラシコだから負けられない。

戦前の予想では、もちろんバルサ有利だったのですが。
結果は3-3の引き分けでした。

今回のクラシコ、結果からして3-3と大味な展開だとわかるんやけど、なかなか面白かった。
まあ、サッカー的にはかなりひどい試合だったと思うけど、点が入ったのは面白い。

一番の感想は、滅私すげえ!!!
あの舞台で、あの若さで、カンテラ出身で、復帰後でハットトリック。
しかも、後半ロスタイムに同点ゴール。
俺なら死んでもいい。

いやあ、滅私はすげえなあ。
まず、一点目のパスを受けてトラップしてシュートなんやけど、
まあ普通なんやけど、最初のトラップがめっちゃうまい。
右足でトラップしたんかと思ったら、左だった。

二点目は、ようあの場面で高めにインステップで蹴れたね、って感じ。
そして最後のゴール。
トラップがうめえし、ドリブルがうめえし、シュートがうめえし。
後半ロスタイムであれされたら、敵はたまらんなあ。
前から気になってた、馬との仲の良さが、最後の最後で活きたシーンだったですなあ。
あの二人、できてんのかなあ!?


二つ目の感想は、多分今回の試合の審判は色々言われると思うんやけど、
俺が見た感じ、公平なジャッジだった。

まず、バルサのオレゲールのファールでイエロー+PK。
そして前半終了間際にオレゲール二枚目で退場。
その後もイエローをバルサにばっかり出す。
最後は馬が倒されたのに、馬のファールに。

この辺がサポーター的には不満なんやろうけども。
まず最初のPKはしゃーない。ひっかけてたんだもん。
二枚目も悪質だからしゃーない。
その後のイエローもしゃーない。むしろ、どさくさにまぎれてディアラももらってかわいそう。
馬が倒れたのはどちらもファールじゃないけど、倒れた後に馬がハンドしたよね。

だから、今回の審判は僕的には特に問題はないのでは。
ホームアドバンテージをつけろっていうなら話は別やけど。
でもまあ、この試合の展開をある意味もっともおもしろくしたのはオレゲールやったけど、
サッカー的にもっともつまらんくしたのもオレゲールやったけ、
そういう意味では僕的には、今となっては最初のPKは、
PKをあげてるんやからカードはなしでよかったんじゃないの!?
って感じで。

とにかく、
今回の審判について、注目しなきゃいけないのはそんなところではないのだ!
試合を見た人、気づいたであろうか。
今回の副審は、僕が以前から注目していたあの審判、
エルナンデス・エルなんです
だったのだ!!

なーんでこんな名前にしたんだろうねえ。
素敵だよ。エルナンデスドキドキ


なんやようわからん話になりましたが、
とにかく今回のクラシコは、サッカー的にはそうでもないけど、試合展開的にはおもしろかった。
双方痛み分けってことで。バルサファン的には、あの展開でホームで負けなくてよかった。

あとは、セビージャがどうなるか。
相手はあのジムナスティックじゃけえねえ。普通にやれば勝つだろうから。
ちょっと今シーズンはセビージャも応援してるので、今節はセビージャに勝ってもらって、
優勝争いを面白くしてもらいたいのだ!!

オレフッチムさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス