スポーツ 格の違い

 
バルセロナ(スペイン)が苦しみながらも決勝トーナメント進出を決めた。勝たなければ1次リーグ敗退が決定するブレーメン(ドイツ)との対戦でチームを救ったのはエースFWロナウジーニョの技ありFK弾だった。

 前半13分、相手ゴール前でFKを得たロナウジーニョはブレーメンが作った壁がジャンプするのを予測しグラウンダーのシュートを放った。ボールはゴールへ吸い込まれ貴重な先制弾となった。

 バルサは立て続けに同18分にもFWジュリのパスを受けたFWグジョンセンがゴールを決め、前半だけで勝負を決めた。ブレーメンもFWクローゼを中心にバルサを上回る21本ものシュートを浴びせ追いつめたが、及ばなかった。

 FWエトー、メッシなどケガ人を多く抱えるバルサだが、2年連続欧州王者へ第一関門を突破した(日刊)

ロナウジーニョ

 予定どおり! 前半の威嚇が効きました、サッカーにおいて勝たなければいけない試合では良くあるのですが、前半の最初に猛烈に飛ばして相手を驚嘆させてゴールを決めるという典型的なパターン・・・・という事で今日は90分ではなく20分の試合だった。

 しかしながらそこでしっかりとゴールを決めるのがロニーの凄いところ。
何度も言うように偉大な選手と単に上手い選手の違いは大事なときに大事な仕事が出来るかどうか、間違いなくロニーは前者の部類に入るでしょう。

 今日は珍しくグジョンセンがいいプレーをしているなと思いましたが、案の定大事なところで(ジュリ含)・・・・しかし動きは良かった。




 あと今夜はJリーグの1部2部入れ替え戦の第1戦があり、神戸と福岡はスコアレスドローだったようです。 これによりアビスパは土曜日の博多の森で勝つ しかなくなりました、シーズン当初から言ってるけど決定力が欲しい・・・・FWなのかMFなのか分からないような役割の選手にゴールを求めるのはやっぱり 厳しい。