自分の事ながら、かなり面倒臭い性格の私です。


今日、◯京ガスの営業マンが訪問して来ました。


安くなりますよ!


まぁ、営業マンだけに口は上手い(笑)


チェンジングすると、東電さんより安い電気を供給出来ます。


但し、チェンジングするには

「スマートメーター」を取り付ける事が条件です。


まぁ、今取り付けなくても「2020年」には全て付け替えないと電気の供給がされなくなるし、国の政策として義務化は安倍さんが決めたことだし••••。


云々。


何も知らない人なら、それは大変だとスマートメーターを取り付けてしまうだろう。


偶然にも、スマートメーターの健康被害について世界的に問題になっているのを知っていたので、とりあえず保留にして引き取ってもらった。


早速、ネットで資源エネルギー庁のまとめた検討会資料を読み、気になった「2020年義務化」というのが本当かを調べると。


結論から言うと、「2020年義務化」というのは嘘です。


東京電力や関西電力でも、やはり義務化という言葉を使ってスマートメーターを取り付けていた事例があり、問題点として取り上げられていました。


資源エネルギー庁の電力、ガス事業部門に電話して担当する部署の人とも直接話して確認も取りました。


国の政策としては、2020年代の初頭には取り付けを完了したいという目標で進めているが、義務化でも強制でもない。


との事でした。


スマートメーターを取り付けてから、頭痛や睡眠障害の事例が相当数報告されているので、年間3〜4000円程度安くなるメリットを取って健康被害というデメリットに悩むかは、自己責任で判断してください。


スマートメーター取り付けは、強制でも義務化でもありません。


断ることも可能です。


あなたなら、どちらを選びますか?


ちなみに、スマートメーターの取り替えを進めている目的はチェンジング後に検針員を確保しないで済む「人件費削減」がが狙いというのが本音なのだろう。





桂歌丸さんが逝去

落語家の桂歌丸さんが逝去された。

夏至を迎えるまでに旅立つことが出来なかったのは、やり残したことが多過ぎたのだろう。

インド哲学のある話では、ウッタラアヤナ(冬至から夏至)の間に、死を迎えられた人は今生での人生に満足して旅立つことが出来た人だとされている。

また、ダクシナアヤナ(夏至から冬至)の間にこの世を旅立つ人は、やり残したことや今生で生きた人生に満足出来ずに、悔いを残して旅立った人だとされているのです。

マハーバーラタにも出て来るある聖仙は、ダクシナアヤナで旅立つ事を嫌い身体が朽ち果てさうな状態でありながら意識を保つことで、ウッタラアヤナに入るまで入滅することをしなかったとされています。

この時に聖仙が唱えたマントラが有名なマハームルチュンジャヤ マントラだと言われています。

落語家として、お茶の間を楽しませてくれた桂歌丸師匠の逝去に伴い、深く哀悼の意を表したいと思います。

また、次の人生では悔いのない人生となることをお祈り致します。


ワールドカップ決勝トーナメント

ベルギー戦の結果をプラシュナで占断してみた。


「質問」ベルギー戦で日本は勝ちますか?


ラーシクンダリーで成否を見ると


ラグナがプルシュトーダヤにあり


答えは「No」


日本はベルギーには勝てない。


と出ました。 


何故勝てないのか?の理由を読み解いてみると


7室に高揚した火星、それから月とケートゥがあり、これが物語ることは、相手(ベルギー)の勢いに惑わされ、12室の太陽が表す本質の損失は日本の持ち味が出せないと読み取れます。


ヨーガを見ても、イシュラーフヨーガが現れていることから、否定の形が形成されているので残念な結果になることが示されています。


熱狂して応援しているサポーターには、水を差すようで申し訳ないが過剰な期待はしない方が良いかと思います。




来るか?
東海大地震、南海トラフ大地震の予兆?

リブログの記事にも書いたけど、私のプラシュナ 占断でも6月20日前後で地震は起きるか?の質問に「ある」という結果だった事から、東日本然り熊本然りで、数日前から予兆があるから、皆さま地震に備えておいた方がいいですよ!