縁と運

テーマ:

 

 

経営者の先輩に「会社経営には何が必要か」を質問するとその多くが

 

 

 

 「縁」 と 「運」 と御答えされます。

 

 

 

「ヒト・モノ・カネ」ではなく「縁」と「運」です。

 

 

 

ヒトとモノはカネがあれば何とかなります。

 

 

 

しかし「縁」と「運」だけはカネでは手に入りません。

 

 

 

私は創業してから7年、本当に「ご縁」に恵まれたからこそ、ここまでこれたと思っています。

 

 

何かに引き寄せられるかのようにご縁をつないで頂いています。

 

 

 

最近、「なぜ、これだけの良縁に恵まれるのだろうか」と考えることが増えました。

 

 

 

会社の業績が良い時にはほっておいても多くの人に出会えます。

 

 しかし低迷しているときには多くの人が去っていきます。

 

 

その状況の中でもご縁がつながるという事は本物の縁だと思います。

 

 

本当にしんどい時に「あなたの為なら何でもしますから何が必要か教えてください」と言葉をかけてもらえた時・・・

 

その縁の長さと縁の強さに心から感動します。

 

 

 

 

 

私もそのような人物になりたいと心から思っています。

 

 

困った時こそ優しく手を差し伸べられる強い人物になりたいと。

 

 

 

「利他主義」

 

 

私はおばあちゃん子で小さいころから毎日仏壇に般若心経を唱える子供でした。

 

 

善い行いをすれば天国へ行ってご先祖様に褒めてもらえる。

 

  悪い行いをすれば地獄で閻魔様に舌を抜かれる。

 

 

子供ながらに本気で閻魔様を恐れていました(笑)

 

 

家族、仲間、他人の為に自分が働く。

 

 自分は苦労してでも他人を楽にしてあげる。

 

 

私に優しい言葉をかけてくれる仲間はきっととてつもない苦労をしているんだと想像する。

 

 

そんな仲間に褒めてもらえるよう、これからもめちゃくちゃ苦労して他人をめちゃくちゃ楽にさせたいと思う。

 

 

今日はそんな気持ちになれた有り難い日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月から全日空国内線のプレミアムクラスをご利用のお客様向けにパイナップルクランチチョコレートが採用されました。

 

 

今回の商品は春からの企画。

 

今までにないチョコレートを楽しんでいただきたく、「くちどけ」ではなく、「クッキーのような歯ごたえからのチョコレートの広がり」!?

を楽しめる設計になっています。

 

 

パッケージのデザインから商品企画を中心で取り組んでくれたのが昨年から果実工房の首都圏営業を任せている宮﨑さん。

 

女性の感性を生かした彼女初の新商品です。

 

某大手食品小売業様からもすでにオファーを頂く人気商品。

 

 

このチョコレートは温度にも強いので来春から夏でも積極的に販売できます。

 

 

第二弾の新商品も検討中。

 

ぜひご期待くださいませ!

 

 

 

古新田300という名のチーム

テーマ:

岡山市南区古新田。

 

 

その交差点から半径300m以内に・・・・なんと・・・

 

 

岡山イノベーションコンテスト2017 のファイナリスト(それも全員が同じクラス)が3社事務所を置いていると。

 

 

 

これは何かのご縁だ!

という事で古新田300というビジネスチームが出来ました。

 

 

 

今夜はその定例会に同じくイノベーションスクール生が集まってくれて5名で情報交換会。

 

 

 

初代のイノベーションスクール生とあってやっぱりヘンタイばかりです(笑)

 

 

同世代にこんなにすごい仲間がいるなんてとても幸せを感じます。

 

色んなビジネス本を読むけれど、こんな仲間と話合う1時間の方がとても勉強になると思う。

 

 

ご縁に感謝の毎日。

 

 

 

 

ANA国内線機内販売スタート

テーマ:

10月1日より全日空国内線にてシュミ・ド・ショコラ蒜山ラスクチョコ カフェオレ味が販売開始します。

 

 

 

 

シュミ・ド・ショコラシリーズは真空釜において特殊な加工を施し、生地の奥までチョコレートを染み込ませたチョコレート菓子。

 

 

 

2017年夏に発売してから大人気商品となりました。

 

 

岡山県北に位置する「蒜山高原」で育った貴重なジャージー牛から絞られた黄金ミルクを贅沢に使用して水を一切使わずに

 

ラスクを焼き上げました。

 

 

ラスクも女性の声をきき、一口サイズにしています。(歯形と食べかすがNo!の声が多く!)

 

 

機内では11月末までの販売を予定しています。

 

 

全日空で空の旅のおともにぜひお楽しみくださいませ!

 

 

 

 

久しぶりの講演

テーマ:

7ヶ月ぶりの講演。

 

 

 

2月の倉敷市主催の創業支援セミナーを聴講していただいた中国銀行さんからのオファーでした。

 

特段会計知識があるわけではないけれど(一応 全商簿記1級です) 創業から今までの苦難の道のりを

 

創業前の皆さんにお伝えしました(笑) (創業が嫌になったかと思います・・・)

 

 

コーディネーターの鈴鹿さんから「創業者は変態です」と嬉しい紹介がありました(笑)

 

 

そうです!

 

創業者はヘンタイです!

 

じゃなきゃこんなにしんどい棘の道を自ら歩むはずがない・・・。

 

今からでもサラリーマンに戻りたい!(笑)

 

そういいつつも頑張る私でした。

 

 

 

マカオでの催事販売

テーマ:

私はまだまだ国内の需要に向けた営業を進めていきたいのですが、お蔭様で輸出のお話をおおく頂きますが、

顔が見えない取引はしないと決めているので基本的には現状はお断りしています。

 

 

唯一、神戸の張さんとは顔を合わせて打合せもしますし、片言の日本語で一生懸命に説明もしてくれ、お取引を進めています。

 

その張さん、マカオでの販売状況を知らせてくださいました。

 

 

 

神戸の食材が中心での催事ですが、

 

 

 

 

なんと、フルーツコラーゲンゼリーは第五位の売上だそうです!

 

 

 

 

張さんからのウレシイメール。

 

また御礼に神戸へ行かないとね!

 

 

顔が見える取引って大切です。ECや通販が主流だからこそ、人と人の体温を感じる商売が有り難く感じる。

 

 

社長として少し営業から離れていた3年。

 

色々と考えさせられることも多かった。

 

 

だからこそ、今秋からは第一線に立ち戻って営業をやります。

 

お客様は神様じゃないけど、やっぱり大切な仲間。

 

社長がその姿勢を社員に見せるときです。

 

 

毎月6日の東京出張。本当にありがたいことにお客様からたくさんの期待を込めた宿題を頂いております(笑)

九州地区の新商品開発、大手小売業との共同開発、沖縄県内での販路拡大、雑貨メーカーとの共同開発、障がい者の就労支援に向けた共同研究・・・。
 
ご縁のお陰でたくさんの案件を頂いております。
 
 
しかしながらさすがにそろそろ本社に右腕となるべく人材が必要になってきました。(←いつも言ってますが・・)
 
 
私は朝令暮改もしますし、思いつきで意見を言うし、わがままだし(笑)
 
それでもこの世の中にまばゆい光をかざしたいと本気で思って行動しています。究極の利他心を持った生き物です(笑)
 
 
こんな私の傍で3年営業を頑張れば(正確には耐えられば)間違いなくどこでも通用するスーパー営業マンに育てられる自信があります。
 
 
と言いながら数カ月。中々出遭うことが出来ませんが今後数年で3億円から10億円に成長しようとしている果実工房で収入を得ながら激流の中にいるような毎日を体験してみませんか?(笑)
 
この数年は普通の会社の3倍もの様々な体験をすることが出来るでしょう。
 
果実工房での3年は他社での10年。 そう思えば人生得した気分になるんじゃないでしょうか。
 
人生にまつわる全ての価値は「経験」だと私は思っています。
 
 「経験」=成功体験、失敗体験、ご縁・・・。
 
良いも悪いもたくさんの経験を積むことが出来るのが果実工房です。
 
 
 
そんな貴重な経験が出来る貴方の為に面接は私が特別に行います!
 
 
夜の面接だったらビールつきです!
 
 
我こそ平野の営業技術を盗んでやろう!と思った貴方! 遠慮なく挑戦して下さい。
 
 
応募は info@kajitsukobo.co.jp 人事担当 まで。
 
 
2019年3月には沖縄県で色々と活動が始まります。
 
今なら沖縄へ行けるかも♬
 

 

 

こんな方と一緒に働きたい!

 

■ 果実工房の商品を好きな方(たま~に商品を知らずに面接に来られますがその地点でxです)


■ 本社の豊富なネットワークでビックなビジネスをしたい方(やる気さえあれば東京、九州、沖縄での大きな案件(きっと家族に自慢できると思います(笑))に関わることが可能です)


■ お客様の為に自分を犠牲にしてまで尽くそうと思える方(お客様を笑顔にできずして果実工房の成長はあり得ません!)


■ やりとげる責任感と情熱を持つ方(やる前からあきらめるな!そういう人が増えている日本が心配です・・)


■ 好奇心旺盛でバイタリティーあふれる方(数少なくなったと思います。出会いたい・・・)

 

果実工房の【営業職】はこのような仕事をしています

 

ケースA [商品企画]

お取引先の大手公共交通売様。

観光キャンペーンに合わせての商品開発を受託。

協力工場、資材メーカーと3か月に及ぶ打合せを実施しながら取引先担当者と詳細を詰める。

2017年秋に無事に納品。

 

 

ケースB [ルート営業]

通常の主な業務は既存のお取引先様を定期訪問し、店頭での装飾の入れ替えや販促物の提供、商品データの提供などを行う。

毎日7~10店舗をルートに分けて訪問。営業車に積み込んだ商品を納品しながらお客様が取りやすく選びやすいように陳列します。

 

 

ケースC [店頭販売応援]

繁忙期にはお客様の店頭に立って商品の宣伝販売を実施。お客様とのコミュニケーション強化にもつながる営業として重要な業務。

 

 

基本的業務はこの3つ。もちろん他部署へのヘルプもあるし、もっと大きな業務も与えるかもしれません。

その全てが自分の学びだと思って一生懸命に取り組める方と出会いたい。

 

 

 

 

仲間を募集しています

テーマ:

果実工房は単なる食品製造業ではなく、

開発力やデザイン力によってあらゆる果物の出口(消費場所)を作り  農業の中に必ず必要とされる「仕組み」の一つになろう

と思っています。

 

私たちの生み出す商品は新しい加工技術の組み合わせによって新市場を拓くことが出来、その結果、果物がより自然に身近にあふれる社会を生み出せると信じています。

 

 果実工房について

 

 

 

【果実工房で活躍するために必要な能力】

 

●全ての商品の原料となる「果物」の栽培現場に積極的に参加しようとする熱意。

 

● 果物の仕入れから開発まで、自分自身の思いが一番重要であり自ら判断し行動できる力。

 

● 世の中に無かった「形状」「食べ方」「加工方法」を必要とするクリエイティブな商品企画力。

 

● 販売商品が絞り込まれており、商品知識には製造方法、販売手法まで幅広く深い知識を学ぼうとする力。

 

 

 

 

果実工房で使用する果物の多くは、実際に私が畑にお邪魔して仕入れさせていただいているものです。

 

 

 

 

 

それは栽培現場をみるというだけではなく、生産者さんのお人柄を見るだけで、その先の仕入れ状態がわかるからです。

 

話を聞かなくても農機具の手入れ、農薬の保管状態、脱いだ長靴の置き方を見ればその生産者さんが育てる農産物の

クオリティーがわかるものです。

 

信頼関係のない取引だけはしたくないし、商品作りにも思いがこもらない。

 

だから社員たちにも「どんどん畑に出向け!」と伝えています。

 

 

 

      

 

 

最近では1兆円規模の食品メーカーさんから西日本の原料調達について相談を受けました。

 

大手企業は大都市中心として営業拠点に変化してきており、数十年前のように地方都市に営業マンもおらず、

 

地方の情報が少なくなっているんだと思います。

 

そういった面で地方の「優良」な情報が集まらず、私たちに声をかけて下さるのでしょう。

 

大手食品メーカーでも国内人口減少への対応は真剣です。

 

地方の企業と組むことで差別化された素材を手に入れることが出来ると考えているのかもしれません。

 

今後果実工房の役割はますます増えていくでしょう。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

私が出張すると何か新しい事が始まると社員たちは戦々恐々していると聞きます。

 

しかし何もしていない会社は日々衰退しているもので、誰かがどこかで新しいチャレンジをし続けなければ成長はできません。

 

 

 

これから求める社員像とは私と共に「新しいチャレンジ」が出来る人

 

 

 

 

私以外にこの様な人材が増えていくことで果実工房は次のステージに上る事が出来ると思います。

 

そしてそんな人材が将来、果実工房の経営幹部になると信じています。

 

 

 

 

 

採用情報はこちら→【採用情報】

 

 

 

 

 

製造部門長 兼 奈義工場長の太田は40歳。

 

    首都圏エリアの営業担当は26歳の女子。

 

       西日本エリアの営業担当は25歳。

 

若い仲間たちは私が驚くほど毎日成長していきます。

 

 

 

 

 

 

先週出来なかったことが今週できるようになった。

 

 

  昨日まで解決できなかった業務システムが自分の力で解決できた。

 

   

    一人で商談し協力工場と共に専用商品を企画、パッケージデザインまでこなし1400万円の受注をとる事が出来た。

 

 

 

 

 

 

果実工房の仕事は専門性よりも多種多様に及ぶためハードだからこそ、自己成長のスピードは一般の数倍だと思います。

 

 

 

  人生の中でそんな時期を5年間でも体験してみることも良いのではと思います。5年もすれば必然的にマネジメント業務に

変化していくでしょうし、組織マネジメントの為にも会社のあらゆる仕組みを理解して老いたほうがよいと思います。

 

 

 

 

 

採用に関しては、下記の通り本社と工場で各1名づつ募集いたします。

 

書類選考用に「履歴書」「職務経歴書」を送付していただき、書類審査通過者は私と面接していただきます。

 

      【書類送付先】 〒701-0203  岡山県岡山市南区古新田1153-6  ㈱果実工房  人事担当宛

 

 

 

片手で手軽に果物が楽しめるワンハンドゼリー「フルーツコラーゲンゼリー」は今後日本中の果実を使ってラインナップを拡大します。

 

  沖縄は石垣島かや宮古島、北は青森、北海道の夕張メロンまで、原料の仕入れや商談も増える事でしょう。

 

営業部、製造部分け隔てなく全国の生産者さんと更にネットワークを広げていきたいと思います。

 

                 食が好き、人が好き、日本が好き

 

                                                   という仲間が増えると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

●募集要項【営業職】

・勤務地    

 岡山市南区古新田


・職 種 

  正社員  ①西日本エリア営業担当1名 (岡山、広島、兵庫、大阪)        


・応募資格        
 大学卒業以上、普通自動車運転免許(AT限定可)、法人営業経験者優遇、 販売士検定取得者優遇、語学担当な方優遇

・給 与    

 営業職:月給20〜25万(営業経験年数にて相談)

・待 遇   

  交通費規定支給、各種保険完備、従業員割引有

   
   
   
   
   
   
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
​​●募集要項【製造職】

・勤務地    

 岡山県勝田郡奈義町西原 東山工業団地


・職 種 

  正社員  ①製造管理担当1名(製造フロー作成、HACCP運用管理、商品規格書作成)     


・応募資格        
 大学卒業以上、普通自動車運転免許(AT限定可)、食品メーカー出身者優遇、HACCPを学んでいる方優遇。

・給 与    

 総合職:月給20〜25万(実務経験年数にて相談)

・待 遇   

  交通費規定支給、各種保険完備、従業員割引有

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い夏こそ

テーマ:

今年はいつもより早い梅雨明けとなり、全国的に猛暑が続いていますね。

 

 

そんな時こそ フルーツコラーゲンゼリーを冷凍しておき、ちょっとしたおやつに楽しんでみてください。

 

 

 

グラスに浮かべて涼しげに。

 

 

 

ドリンクのマドラー代わりにも♬

 

 

 

 

フル―ツに合わせて食感が楽しいフルーツポンチにも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

47品開発したいな

テーマ:

商品開発をスタートさせたのが2009年。そして発売が2011年6月。

 

 

 

発売当初のデザインがこれです。

 

 

 

 

 

岡山県産以外にも福岡や愛媛、高知などから果物を仕入れていました。

 

 

そのご協力工場の生産ラインが減る事になり、新商品を増やすことが出来なくなりました。

 

 

2018年秋以降、全国の果実を使った新商品をリリースします。

 

奈義工場での開発スピードも高まり生産性も向上しています。

 

 

 目指すは全国47都道府県1品の販売。

 

 

全国の空港、駅で 片手で楽しめるフルーツコラーゲンゼリーが販売されますように♬