久々にブログを書きます!!こんにちは!おがさんです!最近はサッカーW杯で寝不足だった人も多いんじゃないでしょうか?まだ、W杯は終わってませんが、ベスト4が揃い、いよいよ終わりも迫ってきました!日本ではフットサルもFリーグやら各カテゴリーが開幕し、本格的にフットサルシーズン開幕しました!

俺はFリーグ開幕セントラルと関東女子リーグ開幕が被ってたので、圧倒的に1年間での試合回数の少ない関東女子リーグを観てきました!今シーズンはTapaZidaと府中アスレチックプリメイラが下のカテゴリーから上がってきて、ますます面白さ増してきました!!個人的にはバルドラール浦安ラスボニータス、TapaZidaが楽しみ!!

ラスボニータスは人数が減ったものの、入ってきたメンバーの個々のメンツのスキルが高く、まだ、開幕では、チームはできてなかったものの、チームのポテンシャルの高さの片鱗を見せてもらいました!!
TapaZidaはエースのNo.15伊藤果穂選手が抜けて、どうなるかと思いきや、開幕ではVEEXに先制点を奪うなど、チームとしての完成度はそこそこの高さを見せてもらいました!!

    実はTapaZidaは2014年6月16日の俺のブログの☆フットサル関東女子リーグ開幕節観戦☆で触れてるんですが、それから、先シーズンまで、都1部リーグを観てきてTapaZidaの応援しに都内各所を廻りました!!そして今年の初めの入れ替え戦で、念願の関東リーグに上がることができました!!入れ替え戦は1日目だけあって行けたんですけど、2日目は仕事で、入れ替えが決まったのをSNSで知りました!
2014年からですから3年間、関東女子リーグに上がるまで、追ってきたわけですから、思い入れがないと言うのは、嘘になります。

もともとは元ラスボニータスの吉田桃子選手がTapaZidaへ移籍したのをキッカケに応援してきたわけで、もともとはラスボニータスサポでした。TapaZidaが関東リーグに上がるのをSNSで知った時、俺の目には涙が浮かんできました。

まぁ、関東リーグ上がる嬉しさと、TapaZidaのサポーター席からは去らなければならない悲しさと、両方の感情です。もともと関東リーグではラスボニータスサポをしてたので、同じカテゴリーの2つのチームのサポーター席には、やっぱモラルとして、居てはいけないんじゃないですか?もし座ったとしたら、節操ないですよね?両チームに失礼ですよね?もともとラスボニータスのサポーター席に座ってた俺はTapaZidaのサポーター席は去らなければなりません、TapaZidaとの3年間は忘れられない思い出になりました!陸の孤島といわれる武蔵村山体育館も何回もいきましたし、FFC東川口で行われた、施設選手権もいきましたし、入れ替え戦の栃木も行かせていただきました…ほんと、TapaZidaの勝ち負けに一喜一憂してきました…これからは、普通の観客席でTapaZidaに声援を送り、ラスボニータスはサポーター席で、応援したいと思います。

   ちょっと話は脱線しましたが、関東女子リーグの各チーム、新戦力が入って、大きく変わったチームやらほぼ主軸が変わらないチームで差がでた関東女子リーグはまだまだ、これからっすね!
今度の館山はいけるかなー?

   Fリーグはバルドラール浦安のホーム開幕戦、観に行きました!日本女子フットサルリーグとの共催でラスボニータスも日本女子リーグ開幕戦でしたね。
   バルドラール浦安はオーシャンカップを初戦だけ観たんですが、いい感じだなと思って、ホーム開幕戦も勝てるかなと思いきや、相手のすみだの選手の個人技にやられましたね…チームとしての出来は悪くないと思います。観てはいませんが、駒沢の開幕セントラルで湘南に勝ったそうで。

7日はFリーグありましたが、俺は男子の関東1部リーグへ行って、セグンドを応援してきました!その他のチームも観たかったんで関東1部リーグの方に1日中居ました。関東1部リーグも熱いっっ!!男子の関東1部リーグの話はまた今度、ブログに書きます。Fリーグは、まだまだ、シーズン長いんで、これからを期待です✌️
   ところでW杯、サッカー日本代表ですが、熱狂しましたねー!ポーランド戦は眠くて、先発の見ただけで眠たくなりました…本気で勝つ気あんのか?と思いつつ、その他の試合はテレビにかじりついて観てましたよ!!
特に決勝トーナメント、ベルギー戦!!あのベルギーから2点先制できると思ってなくて、興奮しましたが、2点ぽんぽんと後半の早い時間にとったので、このまま3点目も行けるとおもった人も多いはず!
しかし、後半な早い時間に2-0は危険なスコアですね。ベルギーは逆点できる時間はたっぷりあるからです。ベルギーの1点目と3点目は仕方ないと俺は思うのですが、個人的な考察で、2点目は、ベルギーのアザールのディフェンスに行ったのが大迫でしたからね…守備のスペシャリストがディフェンスするか、真ん中からもう1名、アザールにディフェンス行って、センタリングを上げさせないようにしなかったのが、2点目は入っちゃった要因だと思います。

大迫はアザールの縦の切り返しに翻弄されてましたし、アザールはドリブルのスペシャリストなんで、そういうとこうまいんですよー!俺はイングランドプレミアリーグの彼を観てたんで、危ないなーとはおもったんです。それにセンタリング上げさせちゃったら、ルカクと途中から交代で入ったフェライニのヘディング得意な2枚看板がいるんで、防げないとおもったんですよね…そしたら、入っちゃいましたね。ベルギーはそれを狙って、フェライニを交代で入れてきたんじゃないかって思ったんですよ。

ただ、ここで善戦した悔しさが次のW杯に生きるので、ぜひここで悔しさを味わった、若い日本代表戦士を次のW杯に入れて、決勝トーナメントの怖さを教えてあげてほしいですよね。
でも、日本代表の監督は日本人の方がいいと思うのに、また、クリンスマンを監督にするとか、日本サッカー協会が言ってるの…今までW杯で日本代表が決勝トーナメント進出した時の監督は2002年トルシエ、2010年岡田武史、2018年西野朗なんだから次も日本人なの方がいいに決まってるじゃん!!
でも、日本がここまでできるって教えてくれた西野JAPANには感謝しかないっす!!THANKS! SAMURAI BLUE 2018!!

とりあえず、長くなったんで、ここまで!!
読んでいただき、ありがとうございます😊