トートぺん
きな役者さんの「これから」※舞台&ライブのみ





※ずっと更新が滞っていてあまり意味がないので^^;気まぐれに気になる舞台をMyメモかわりに羅列しておきます。




***休止中***
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-20 17:00:00

そんなつもりはなかったけど、

テーマ:ブログ

ランチはさぼてんさん。

 

うろうろしてて、開店前にたまたまメニュー見てたらそのまま開店時間になってしまい、声をかけられたのでそのまま入店(^^;

 

まあ、アジフライ美味しかった♪

 

キャベツ「こんなに食べられないよ!」って思うんですが意外に食べられるものです(笑)

 

その後用事を済ませ、お買い物をして帰宅。

 

来月に向けた準備?がいくつか有りその下調べを改めてしつつ・・・

昨日の観劇感想を書きつつ・・・

ちょっとしたハプニングがあり中途半端になりつつ今はまったり(^^;

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-19 13:29:16

鎌塚アカシ氏と上見ケシキさんが観たい。

テーマ:ブログ

本日も観劇。

目的はシモキタなんですが・・・

(鳥髑髏での「ここはシモキタじゃねーんだよ!!Byなるしー先輩をふと。)

早めのランチをしようとすると、東京まで行ってもいいんじゃ?と思い。

 

東京駅からテクテク有楽町方面に歩いて行ってたどり着いたのは、

「アコメヤ銀座」さん。11:10位だったかな?

お店は11時~。厨房は11時半~のようです。

奥にあるAKOMEYA厨房を覗くと、既にウエイティングボードが出してあって何組かの名前が。

自分も名前を書いて店内ウロウロ。

(なんか自分好みなラインナップで、ちょっと購入♪)

 

その後続々お客様が・・・

こじんまりとしたかわいい空間のカウンターに着き、小鉢膳を。

コエドビールでまったり・・・(他のお店でも飲みましたが、美味しい♪)

少しずついろんなものを頂けるのはうれし&おいし。

なによりご飯が美味し!(この日は長野県のお米だったはず)

そして、お味噌汁→(夏季限定)冷汁もよかった!

(ビールを注文したせいなのかなんなのか、お茶を忘れられてます:笑)

 

ここはまた来たい(^^)

 

で、向かうは下北沢。

鎌塚氏第4弾。

大好きな作品・・・っていうかアカシ氏が大好きです。

 

あ、余談ですが。

ここでも始まる前に舞台をスマホで撮る人が目の前に・・・

(ついでに言うとツイで、始まる前の舞台(の写真)UPしてる人がいて絶句)

隣の女性は何度も何度も(1回や2回じゃない)ドリンク飲んでるし・・・

なんだかなあ。

 

面白かったけど、今回はかなりテイスト違ってたな。

しかも盆回りがなくテンポもそれほど・・・あと暗転多く&長かった(^^;

いつもほどドタバタ笑いでもなかったような。

 

思うのは。

やっぱり、アカシ氏とケシキさんを中心とした物語が観たいなあ。

「鎌塚氏が仕えているお屋敷での話」ではなく。

そして場面転換であの吹奏楽曲が流れたら最高なんだけどなあ。

(今回、別部分の吹奏楽曲は使われてたけど)

 

次回にも期待しましょ。

 

と、帰宅し第1弾DVDを観ていたのでした。

やっぱり面白い♪

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-13 17:00:00

子供の事情 7/22マチネ

テーマ:ブログ

【作・演出】三谷幸喜

 

【出演】

アニキ:天海祐希

ジョー:大泉洋

ホリさん:吉田羊

ゴータマ:小池栄子

ホジョリン:林遣都

ソウリ:青木さやか

ドテ:小手伸也

ジゾウ:春海四方 

リピート:浅野和之

ヒメ:伊藤蘭

 

演奏:荻野清子

✩とき・ところ

世田谷区楠小学校4年3組の教室

 

✩第一幕

昭和46年4月のある日(一学期)

  同   7月のある日(一学期)

 

✩第二幕

  同   10月のある日(二学期)

昭和47年3月のある日(三学期)

 

✩ものがたり

4月のある日の放課後。

みんなが塾や習い事で忙しい中、

なんだかんだと毎日教室に残っているのは

いつもだいたい同じ顔ぶれである。

クラスで一番頼りになるアニキ。

クラスで一番の勉強家ホリさん。

クラスで一番の問題児ゴータマ。

おじいちゃんみたいなジゾウ。

恐竜博士のドテ。

何でもオウム返しのリピート。

子役スターのヒメは仕事が忙しく

放課後に特別授業を受けている。

みんなのあだ名をつけたのはホジョリンだ。

スーパーエイトと呼ばれている彼らに

学級委員のソウリが目を光らせている。

と、そこへ、

ミステリアスな転校生ジョーが現れたー。

 

 

新国立劇場中劇場にて観劇。お席5列(最前)最上手。

 

これまた日がかなり経ってしまいましたが、Myメモ代わりに。

WOWOWで10月放送されるそうで、とても楽しみです♪

 

ちなみに。

・・・そっか、5列目は最前だったのか(^^;

と、当日気づいた私でした。

 

まあこのハコはすり鉢状というか横広で。

私の目の前は‘教室の廊下’でした(笑)

なので、教室の中がやや観づらくもあったのですが、

これはこれで貴重な体験かも♪

大泉ジョーが現れた瞬間(廊下を通ってきた)一足早く吹き出しそうに(^^;

 

とにかくキャストバランスがいい!

誰一人「んー」って言う人がいなくて、皆さんが‘10歳’で、キャラがそれぞれしっかりしてて、とても自然。

そして、この作品は懐かしくもあり、現代そして大人の世界にも通じるものがそこにはありました。

 

ダーク大泉ジョー(?)がちょっと新鮮でもあり、ふとした瞬間にどっかで観た芝居でもあり・・・とにかく大活躍(^^)

モジャ毛も増量中で(だから吹き出しそうに)斜めに構えてミステリアスで計算高くダーク。

しかし、2幕最後には全く別の顔が。

 

そのターゲットにされたアニキ天海さん、かっこいい&中盤切なかったなあ。

でも自分の居場所・ポジションを確立したいって気持ちは、子供だけの話じゃないよなあ、なんて。

個人的には、アニキの逆襲がやややりすぎな気もしたんですが(^^;

後味悪くならないのはさすが三谷さん&天海さん。

 

問題児・ゴータマ小池さんの、悪ガキっぷりとどこか冷静で頭の回転がいい感じとちょっと乙女な部分がとっても気持ちよかったな。

 

そしてドテ小手(なんか不思議な語呂)さんのピュアさにホロッと。

 

そしてそして蘭ヒメさんの思い切りのいいコメディエンヌっぷりとオーラが素敵♪

大人の世界で活躍しているだけに大人びていつつもやっぱり子供、っていうところがキュート。

 

他のキャストも皆さん個性的で素敵でした(^^)

 

にしてもこのハコは奥行き深かったよなあ、随分贅沢な使い方だよなあ、なんて思って観ていたのですが。

最後の最後に、その特性が充分発揮されたのでした。

(ちょっと映像チック)

 

今回はネタバレないように感想を書いてみました。

上演は終了していますが、放送もあるし。

これは沢山の方にネタバレなしで観てもらいたいなあと思ったので。

 

 

それにしても・・・

これって音楽劇だったの?(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-12 22:15:36

本日の私。

テーマ:ブログ

 

 

 

 

こんな(どんな)午前中。

 

午後は用事をすませ、お買い物をし、帰宅してまったり。

1本観劇感想を書きました。

もう1本は途中。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-12 17:04:54

『PENALTY KILLING remix ver.』7/15(マチネ)&7/22(ソワレ)

テーマ:ブログ

【作・演出】詩森ろば

 

✩出演

月光アイスプレーカーズ

古橋元治/監督粟野史浩(文学座)
鈴江貴守/#18/FW杉木隆幸(エコーズ)

 

小島悠平/#8/GK森下亮(クロムモリブデン)
東大寺将太/#51/FW筒井俊作(演劇集団キャラメルボックス)

 

吹越直樹/#7/DF高木健
中津田旭/#28/DF碓井将大
嶽下俊生/#5/DF岡本篤(劇団チョコレートケーキ)
緒方真利/#88/FW田島亮
瀬川英一/#13/DF岡野康弘
川市 滋/#11/DF照井健仁
織田虎雄/#55/DF板倉武志
斉木裕正/#16/FW酒巻誉洋
上村拓哉/#48/FW佐野 功
今井充希/#12/FW/五島三四郎
巽 則和/#31/GK三原一太(はらぺこペンギン)

 

奥州ファルコンズ

五十嵐結也/一條恭輔/大脇史門/酒井大輝/J.U.N.

 

http://www.windyharp.org/pk2017/

1ヶ月位経ってしまいましたので(^^;

Myメモ代わりに少し。

 

シアタートラムにて観劇、お席:7/15はXC-4、7/22はF-15。

それぞれの角度から観られてよかったです。

 

初演を観て、めっちゃハマりました。

今でも観劇人生かなりな上位ランクです。

なので、再演は単純に嬉しくもあり不安でもあり。

(キャストが結構変わってたので)

 

 

7/15に観劇した時思ったこと・・・

やっぱりこの舞台は好きだ!と思うのと同時に。

好きゆえに思うところが多々有り胸があまりぎゅっとしなかった・・・。

ダンスシーン沢山で(そういえば上演時間が長くなってた気がしました)規模も大きくなり全体的にスタイリッシュな感があり、素敵ではあったのですが・・・それが好みではなかったので。

(あと‘前説’が微妙)

 

あの胸震える濃密な体感はやはりスズナリだからか、あのキャストだからか。

 

マイツボがいくつか無くなってた気がしたのも残念でした。

(ジマさんのくねくねとか鈴江さん→東大寺さんへの「目をキラキラさせるななー!」とか監督の点灯顔とか:笑)

 

あと今回は、光希に限らず新キャストが(全員ではないけど)結構なキャラ変してて戸惑いました。

違和感のないキャラもありましたが、中でも光希キャラは残して欲しかったなあ。

今回の光希は前回のフッキーさん化してる(?)感じで個人的にやや混乱(笑)

 

そして、気のせいか三原さんの芝居(声の発し方)が以前と違ってた気がして「芝居変えたのかな」と思ってたんですが、

7/22に拝見した時は初演時と違和感がなかったので、なんだったんだろう(^^;

 

そんないろんな思いが渦巻く中で、タクヤ流の確固たるタクヤ流(?)がとってもスカッと気持ちよく印象的。

 

「お前の潤滑が良すぎるから、俺が言い過ぎる!」

 

には吹き出しました(笑)

 

そういえば7/22席は個人的に「タクヤ席」だったかも(^^;

落ち込んでリンクに背を向けて放心状態(?)のタクヤさんが至近距離に(笑)

 

そして・・・監督は相変わらずかっこいいラブラブ

熱すぎる位熱い姿と時折出る巻き舌(?)が男臭くて素敵(^^)

そして「鎖骨をバーン!」が大好物です(笑)

 

 

この日は終演後トークショーがありました。

「鈴木貴人さん(東洋大学監督)・伊東武彦さん(アイスタイム著者)×詩森ろば×杉木隆幸」

・・・ってHPには載ってましたが(個人的にはその存在すら忘れてましたが)

劇場に着くと、粟野さんも入ってる!(まあ、トークショー自体忘れてましたが)

 

最初、鈴木さん・伊東さんにろばさんがいろいろ聴いてる感じからのスタートで。

なんかいつになっても杉木さん&粟野さんが登場せず案内もされず(^^;

そのうちトーク中になんとなくさーっと2人が入ってきた感じ。

その後の粟野さんの言動&仕草がトークショーに登壇しているとは思えない位ナチュラル・・・(^^;

 

鈴木監督は、ちょっと上條恒さんっぽい感じ。

笑顔が印象的で柔らかい雰囲気な方でした。

粟野さんの高校の後輩だそうです。

そして、客席にもお知り合い(学生時の)が居たようで。

鈴木さんから教えられた粟野さん「○○?」と速攻近づき握手をしてました(笑)

 

なんだかんだと書きましたが・・・この作品自体は好きだし、好きなキャストもいるので。

DVD予約しちゃいまいたけど(^^;

 

 

✩参考(初演感想)

http://ameblo.jp/fan05tan/entry-11990148681.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。