焼成後に色の変わるタイプのポリマークレイを混色、レッスン用の作品を試作中です。



こんにちは。cacoです。

先ほど地震警報の音にビビりましたが、札幌中心部は少しユラユラした程度でした。



上京の前に済ませておきたい仕事なのですが、

焼くと色が変わるタイプのクレイを使っているため、なかなかイメージ通りの色に焼き上がらず試行を繰り返しています。


初心者さんには混色が難しいこのクレイですが、もちろん魅力も沢山あります。

いっぱい失敗して、皆さんが楽しめるような情報をお伝えしていきたいです。


スクラップになるはずのクレイもなかなか面白い色柄!

失敗ではないのです(笑)

(今更ですが)ポリマークレイってほんとに楽しい❣️


今日から東京ではJPCA公募展が開かます。

私は少し遅れて伺いますが、

クレイ(粘土)とは思えない素晴らしい作品が並ぶのを楽しみにしています。



ではまた。

なんと、10月に入っちゃいましたね!

9月は自然災害の多かった月でしたが、
皆さんのところはいかがでしょう。

こちら札幌では今日も余震を感じました。
被害にあわれた皆さんも、早く心配のない毎日を過ごせるようになるといいですね。



今日はJPCA認定講座をこちらでいち早く受講された、
よっしぃさんとNakajimaさんのレッスンの様子などお伝えします。


まずは昨日、
よっしぃさん(Nakajimaさんはお休み)と、
一緒に私も、改めてウッドデコのサンプルを作りました。
秋めいてきたので、自然と秋色の作品を作りたくなります。
(文字や実に使った金属(コッパー)の色が、なかなか写真では再現できませんね)




ウッドデコは貞金タカコ先生のアイディアで、色々なものに応用が出来ます。

貞金先生のアトリエ・フランシュシュでも、こんなに素敵なウエルカムボードのレッスンがあります。
これは私が十数年前に習った、ワイルドローズのウエルカムボード♡
(写真ではわかりませんが、先生の実物には綺麗な大理石模様が入っています。)

現在では一回り大きく、シンプルで可愛らしい作品になっています。




今年、東京で私が受けて来たJPCAの集中講座では、
改めてコツや技を教わり、とてもとても勉強になりました。

あちらで大急ぎで作って提出してきたボードは、『Caco』の文字が太めのミ◯ズちゃんみたいで…
よっしぃさんと一緒にリベンジしたくなったのです(笑)



木製のコースターを使った小さな作品。
ですが、木のサイドの部分もしっかりクレイでカバーするのが難しいところです。

そして、お好みの文字をお好みの字体で、金属のワイヤーで作ったように表現すること、
小さな素材への文字の配置も悩みどころでした。



そして完成!
よっしぃさんは、甘〜い文字にしましたよ♡♡♡

私が見ていない間に、ササっと小さなローズやワイヤーのハートを作っていました!

屋号が『sugar purple』のよっしぃさん、
大理石模様のベースも、やはりパープル寄りの色味ですね!



集中講座のミ◯ズちゃんも一緒に撮影

基本の色は教えていただけますが、
作品は自由に好きな配色でも作ってよいので、個性が出ますね。

Nakajimaさんの作品も、とても楽しみです♡




さて…
このお二人、実はこの前に2つの作品を作っています。
なかなかブログをアップできていなかったので、今日まとめてお見せしますね


ポリマークレイに慣れているお二人は、
集中講座並みに、ほぼ1日で作り上げました。

中には経験済みの手法もありましたが、やはり目からウロコの発見がありました!


その1   サットンスライス
(伊鍋まさこ先生が講座で担当された作品です)

アクセサリーの仕立て方も、初めて見る手法でしたよ♡

どちらがどなたのか、色でわかりますね!
とても美しく出来ています。





その2  木目金
(東京では篠原えりか先生のご担当でした)



あら?どの色がとたなのでしたっけ…
どれも綺麗な木目がでています。



お二人とも、本格的な磨き作業は初めて。
サットンスライスが輝くのを見て感動してました♡



さて、次回は貞金先生のグラスデコ。
ポリマークレイとガラスのコラボ。小さなインテリア作品です。

これもお二人は経験済みですが、
またまた新たな学びがあることと楽しみにしています。



次の日曜日には、恵比寿の素敵なギャラリーで、JPCAの作品展が行われます。
(あ!私が行くのが7日の日曜日ですが、5日から始まってます!)

台風が心配との声もありますが、楽しみに出かけてきますね!


        cacoでした




よろしければこちらもご覧ください。

(体験レッスンの予告もお知らせしています)





箔とアルコールインクを使ったポリマークレイアクセサリーのバリエーションです。

(定期レッスン作品)
基本は、2色のベースカラー。

①ブラックに、着色した金箔のひび割れ模様
と、
②ホワイトベージュに箔を貼りモールディングで凹凸をつけたもの。


どれも簡単なテクニックでゴージャスな仕上がりになります。


左上:大きめのひび割れ模様の部分をプレートにしてレジンで仕上げました。
ガラスの様に美しい輝きです。

右上:細かい模様の部分を使い、ボリュームのある作品。ニスしあげで漆のようなイメージに仕上がりました。
(ネックレスのトップは、伊鍋まさこ先生のテクニックを使わせていただいてます。)

左下:凹凸のある地に夕焼けの風景のイメージで色をのせています。
ゴールドシャドウ色のスワロフスキーを下げてみました。

右下:凹凸の残りで作ったシンプルなプレート。とにかく軽いです。




そして、他の色でもベースを作りました。


左上と右下:ターコイズ色のベースで。
乗せる色や形で全く雰囲気が変わりますね。
ここでも丸いトップは伊鍋先生のテクニックを使っています。


右上:鮮やかな色でも作りたいという生徒さんにご提案しました赤のベース。
金色の箔と銀色の箔を使って不思議な効果が出ています。

左下:実はホワイトベージュのベースで作るときに手順をうっかり間違えて作ったもの(笑)
超シンプルなデザインですが、満月のようにまあるくて、身につけるととっても可愛いです。



存在感のあるパーツには、太めの革紐や、ボリュームのあるチェーンが合いますね。
個性的なチェーンや留め具は、スタジオ藍さんのものです。


そして…
Saitoさんの作品たち。
不思議な色あいの素敵な作品が沢山です。
お上品に仕上がりました。




これはEstyのサイトで注文して、最近ロシアから届いた抜き型


ミリ単位で大きさが違うので、それを使ってこんなご提案も。
可愛いでしょう?
最近は、ブランドのアクセサリーでも人気のモチーフですね!

ロングネックレスにしてひっくり返っても大丈夫なように、両面仕上げです。
(小さいので、残ったシートの端っこで作れます。)



Satoさんの作品。
ほんとに沢山〜!
美しい色艶です。


バリエーション豊かなアクセサリーになって喜んでいただけたので、私もとても嬉しいです。



また皆さん、友達に自慢したりプレゼントしたり、
(パーティーでビンゴの景品にしたりできるくらい!)沢山作られました。


(他の方のレッスンでは、撮り忘れている日がほとんどでした💦)


なかなかクラスの様子も記事に出来ずにいますが、
皆さんこんな風に楽しんで下さっています。





そうそう、

Kさんが作られた、
昨年のJPCAセミナー、伊鍋まさこ先生のカレイドスコープ。

鮮やかで可愛いカラー。
そしてとても正確なケインですね!



他にもスマホの中に埋もれてしまった作品写真もあると思います
すみません。



明日は今月最後のレッスン。
JPCA認定コース(早くも3作品目!)


ポリマークレイに慣れているお二人なので、1日に2作品を集中して作ったりしてました。

まだお見せしていなかった写真と合わせて、
近々またレッスンの様子をお伝え出来たらと思います。


            ではまた!
             cacoでした