F1とMotoGPへチャレンジ~長谷川修大(SRS-TSR-HONDA)

F1とMotoGPへチャレンジ~長谷川修大(SRS-TSR-HONDA)

~たどり着くまでの壮絶な闘いの日々とそのまぶしい時間の記録~

~風の向こうに行きたくて・・・セナと大治郎のために~




ミハエルシューマッハに憧れF1レーサーを夢見て2002年に9歳でSRS(鈴鹿サーキットレーシングスクール)へ入校し5回生となる。14歳となった2007年からはレーシングチームに所属し自らの努力と力で夢を実現させようとする智哉(Tomoya:長男)。














加藤大治郎に憧れ6才からバイクに乗り、年中毎週土日サーキット走行をし9歳でSRS(鈴鹿サーキットレーシングスクール)へ入校する目標を2007年に達成。いよいよ今年からMoto GPへの本格的な挑戦をスタートさせた修大(Shuudai:三男)。










そんな親子のモータースポーツへの挑戦を日記に記したいと思います。 エグゾーストノートはお伝えできませんが、毎週土日の走行時はリアルタイムで修大(Shuudai:三男)の様子を日記にアップします。



四輪は自分で立っていられる。
しかし二輪は人間が命を吹き込んでやらないと立っていることすらできない。


四輪はX軸とY軸の動き、つまり縦と横の動きの2次元の空間。

二輪はそれに斜めの動き、つまりZ軸が加わる。
その瞬間、時空間を越え3次元の世界に入り込む。

 

この3つの動きができるのは人類では飛行機と二輪のバイクだけ。
だから飛行機が着陸した時、
バイクを降りてヘルメットをはずした時、人々が微笑むんです。

 

写真は今年の夏、鈴鹿8耐2023を共に戦った#61修大と#71大治朗

 

 

PR

 

思想の深遠なるは哲学者のごとくにして、 
真実の高尚正直なるは元禄武士のごとくにして、 
これに加うるに小俗利の才を持ってして、 
さらに加うるにど百姓の体を持ってして、 
はじめて実業社会の大人たるべし。

出典:福沢諭吉語録

 


1哲学者が抱くような深い思想を持つこと。 
2誠実なそして硬い絆で結ばれた仲間がいること。 
3時代劇に出てくるような悪代官、悪徳商人をバカにしながらも、

彼らの持つような商才は必要であること。 
4お百姓さんのように朝星を眺めながら、

夜星を眺めるまで毎日努力すること。 

 

下記動画は株式会社CARRY畑中社長に制作いただいたTeam S.T.F.の全日本スーパーモト選手権シリーズ2023最終戦。

 

 

 

 

 

 

私たちはいくつになっても夢を語り、明るい未来の姿を描ける人間でありたい。夢を抱けない人に創造や成功がもたらされることはないし、人間的な成長もない。なぜなら、夢を描き、創意工夫を重ね、ひたむきに努力を重ねていくことを通じて、人格が磨かれていくからだ。夢や思いというのは人生のジャンプ台といえうよう。

 

写真は修大の鈴鹿8耐2022合同テストが始まる瞬間

出所:https://www.delight-suzuka.co.jp/gallery_detail/35/

1日のうち、最低限、一歩だけは前に出る。今日は昨日より1センチだけでも前に進む。また、前に進むだけでなく、今日の反省を踏まえ、明日は「一つの改良」「一つの工夫」をその一歩に必ず付加していく。そして、この一日ずつの目標達成と創意工夫を、雨が降ろうが、槍が降ろうが、何があっても、必ず毎日積み重ねていくことに全力を注ぐ。まず一ヶ月続け、次に一年続けてみる。さらには五年、十年と続けてみる。そうなれば、当初想像もしなかったような地点まで進んでいくことができる。今日一日を「生きる単位」として、その一日一日を精一杯生き、懸命に働くこと。そのような地道な足取りこそが、人生の王道にふさわしい歩み方なのだ。

 

写真は鈴鹿8耐2022。Team de"LIGHTピット内

 

出所:

 

 

運命を縦糸、因果応報の法則を横糸として、私たちの人生という布は織られている。大事なのは、因果応報の方が運命よりも若干強いということだ。そのため私たちは、善きことを思い、善きことを行うことによって、運命の流れを善き方向に変えることができる。人間とは運命に支配される一方で、自らの善思善行によって、運命を変えていける存在なのだ。

 

写真は鈴鹿8耐2022。恐らく110Rで孕んで来た前方車を回避するためダートに突っ込み転倒した修大。その転倒から回収されたマシンを必死にピットまで戻してくれるTeam de"LIGHTのメカニック達。

 

出所: