コンビニで買った柿ピーのピーナッツなしに、
辛さを足したいな〜と思って
胡麻油と唐辛子刻んだのを入れて一緒に炒めてみました
クッキングペーパーで油切りを忘れないようにしましょう。

ピリッとしますね!



この4連休、秋の爽やかな風も吹き素晴らしく晴れた数日だったので、日本各地の行楽地は人で賑わっていたようですねー

それを僕はテレビで観てました。。。

机とノートに向かってお勉強でしたよ!
偉い!
偉いぞ俺!
感染症対策的にも最強!

最近は動物・生き物のことを学習してます。

いつか皆さんに画面越しで会える日を信じて…!
齢二十八。

真面目にバイトしてコツコツお金を貯める、
では勿体無い。

タレントの卵として、
役者見習いとして、
いや
人としてと経験を薄皮一枚ずつでも重ねていくこと
そのための時間も体力もたっぷりある、
そんな若いうちに色んな人生初を体験していこう!

と思いつきました。

きっかけは
山崎努さんの『俳優のノート』
でして、これは彼の香川照之さんが「俳優ならばこれを教科書とし神棚高く飾るべきである」と解説した本で、
山崎努さんが舞台の稽古期間から何を考えて何を試みたのかを事細かく記したものです。お恥ずかしながらこの「教科書」を最近になってやっと読みました。

別にこれに「体験を!」なんて書いてあるわけではなく、
自分の中でうんたらかんたら考えていくうちに
「人としての経験の薄さ」
を改めていこうと気持ちを新たにするに至ったのです。
(ちなみに、今回の投稿がやたら格好をつけようとしている感じの言葉なのは、読書の影響ですw)


兎も角。(←こういうのが読書の影響ですね、はい。)

世に数多存在する楽しみや物事をつまみ食いして行こうと思います!

ついでに言うと、
先日投稿した
初、生落語
初、歌舞伎
もこれの一環だったりします。
日本の伝統芸能ですからね!
今度は大相撲も生で観に行きたいです。

今日の「人生初」は喫煙🚬です。


喉に悪いというので常習はしないつもりですが、
特に男性の役では喫煙の仕草なんかがよくよく存在するので、まずは一服やってみました。


舌がピリッとするなぁ👅。
鼻の奥がタバコの香りでいっぱいだ。
血の巡りが良くなった気がする。
うへぇ、吸い終わってしばらくしてもタバコの匂いが頭の中で消えないや。


吸ってみて、
愛煙家の方の指の仕草や視線などのワケがわかったような気がします。

勉強になりました!

さて、明日はどんな初体験をしようか。

『スパイの妻』(黒沢清監督)

銀獅子賞受賞おめでとうございます!

すごい!めでたい!

 

2020年ベネチア映画祭の最高賞である“金獅子賞”は女性監督作品! 10年ぶり史上5人目! | TRILL【トリル】

 

今年で77回目となるベネチア国際映画祭、

その最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を日本映画の出品が受賞するのは、

2003年の『座頭市』の北野武監督以来17年ぶりの快挙です!

 

台本をいただいてロケバスの中で一気読みしてしまったそのときからこの作品には夢中だったのですが、

このような夢の座組、国際的な評価の作品に、

たとえほんの一瞬でもその世界に存在できたことは光栄です。

初めての映画出演が益々一生モノになりました。

 

10/16金より新宿ピカデリーほか全国ロードショーとのこと、とても楽しみです。

みんなで劇場に行きましょう!

夏にさよならを言って来ました。
 
思い返せば今年は、
5月に緊急事態宣言、
6月に解除のち第2波襲来、
7月は歴史的にも長い梅雨
8月にカーッと暑くなって、
9月は1日になった途端に温度が下がって秋模様
 
いつもとは違う夏でした、
というのもここ10年くらいはいっつも「例年とは違う夏」なんて言われてるような気もしますが、
それでもやっぱりいつもとは違う夏。たった一回の夏。
 
そんな夏の奴に別れを言うために、関東平野の先っぽの方まで行ってきました。
夏って奴はしょうがないですね
長いことメソメソジメジメしたかと思ったら
カァッとひとりでアツくなって
スカッと晴れやかだったと思ったら
急にざざーっと水をひっかけてきやがる
でも僕らはそんな夏のことがなんだかんだ大好きで、毎年いなくなる時には別れを惜しんだりするもので
 
そんな気持ちがコロコロ変わる子どもみたいな夏に付き合って、
僕も少年の心を取り戻すような心地でした。
 
「じゃーな、また来年。」
なんて。へへっ。
 
 
秋なんて急に大人びてくるもんだから毎年どんどん大変になってきます。
風邪などひかれませんよう。
今朝の出来事。
 
電車に乗って駅に到着、
さ~て、
と、
地上に一歩踏み出したとたんにこんな光景

???

 

朝から華麗な二度見を繰り出してしまいました。

 

気になったので通り過ぎてから戻ってきてもう一度。

 

 

 
ん~む。靴底。
 
黄色の線状ブロックの上を歩いていたら一箇所だけ強烈なアロナルファが仕込んであって
ベタッ!スパーン!
みたいになったのか…
 
もしくは、
 
並行世界からやってきたスニーカーを履いた男がこの世界の修正力に抗うもついに消滅させられ、それでも何かひとつでもこの世界に存在した証を残そうとした結果、これを…
 
とか、
 
自転車のサドル泥棒みたいに靴底のシート泥棒というのが存在して、
その泥棒が自分の手柄を世間にアピールするために都内の各所に配置していっている…
 
とか。
 
僕の中での有力な説は、「バンクシーの新作」ですね。
実に面白い。