TAMMY'S BASSMENT☆★

  • 04May
    • 木と鉄の塊

      拙いながらも曲を書いたり、アレンジする際は、主にギターを使います。たくさんの思い入れが詰まったこのテレキャスターは、本当にイイ音を出してくれるので、何時間でも弾いていられる最高の一本。今日はコイツで曲を煮込んでから、ベースを担いでスタジオへ。こないだから投入している、デカくて重いコンプレッサーは、運搬の都合上やむなくエフェクトボードにセット。足元に何かがあるのが苦手な自分ですが、このデカブツは予想以上に使える事が分かったので、踏む練習をする予定です。#ashdown #dualbandcompressor #telecaster #fendertelecaster #fender

      3
      テーマ:
  • 30Apr
    • 何年かぶりに千葉市動物公園に。家から近いし、子供らが生き物に餌付け出来たりもする、楽し...

      何年かぶりに千葉市動物公園に。 家から近いし、子供らが生き物に餌付け出来たりもする、楽しくて良い所。 この看板は馬が噛み付く事に対する注意を喚起するもの。 左は明らかに馬である。 右は馬のようだが、龍にも見える…というか、大怪我しそうだ。 動物からの攻撃に注意を呼びかけるという意味では、この右の看板に軍配が上がると思った。 wataru tamiyaさん(@watt4001)がシェアした投稿 - 2018年Apr月30日am7時00分PDT

      3
      テーマ:
  • 29Apr
    • Ashdown Dualband Compressor

      夜な夜なサウンドチェック。プレベでちょっとしたジャズベのニュアンスを出したくて、コンプレッサーを模索中。ノーマン・ワット・ロイや、J.J.バーネル等も使用している英国アンプメーカー「 Ashdown 」のコレは、ちょっとしたブースター/プリセットEQのキャラクターが強くて、なかなか面白い。コンプとして最高ではないが、深くかけた時の独特なサウンドも嫌いじゃない。機能的にはどうでもいいのだが、なんと言ってもこのブランド特有の、入力レベルに反応するVUメーターが、メカ好きのマニア心をくすぐる。 カラーサウンドとのコンビネーションも悪くないので、結構使えるかもしれません。唯一の問題は…、重いことですかね😓#ashdown #dualbandcompressor #compressor #bassrig

      1
      テーマ:
  • 26Apr
    • やはり「 大先生 」の手は大きかった

      Today was a great day for me !多くの偉大なミュージシャン達をバックアップしてきたベーシストであり、僕にとって特別な「 グルーヴマスター 」でもあるウィリー・ウィークス氏が、荒川区にいらっしゃいました。ダニー・ハサウェイとの名演は言わずもがな、自分的にはロン・ウッドのアルバムやファースト・バーバリアンズでのプレイ。そしてストーンズの「 It’s Only Rock’n Roll(But I Like It) 」のセッション等、いつだって気になるベースプレイを聴かせてくれる " 大先生 " なのです。そんな" 大先生 " がウチの楽器を愛用してくれているなんて、嬉しい限りです。兎にも角にも、単なるファンの自分は心臓バクバクもんでしたが、ウィリーは常にリラックスした明るい声で、ジョー・ウオルシュやロニーと演奏した時の事を話してくれたのでした ( 欲を言えば、「 ブルースブラザーズ2000 」のルイジアナゲーターボーイズの話も聞きたかったなぁ ) 。とても70過ぎには見えないレジェンドとの至福の時間は過ぎ、僕の手の中には「 タミさんへ 」と書かれた宝物が。ガッツリ、ベースの練習します!

      2
      テーマ:
  • 20Apr
    • 驚きの勇退となる、長年お世話になりっぱなしの某ベースマガジン編集長。杞憂稀なるキャラク...

      驚きの勇退となる、長年お世話になりっぱなしの某ベースマガジン編集長。 杞憂稀なるキャラクターで業界を盛り上げ続けてきてくれた男が去るのは、非常に残念ではありますが、きっとまた楽しい事を打ち上げてくれるのではないかと期待しております。 そんな忙しい最中、現場に顔を出してくれた事に感謝です。 ひとまずはお疲れ様でした(^_^) wataru tamiyaさん(@watt4001)がシェアした投稿 - 2018年Apr月19日am8時08分PDT

      1
      テーマ:
  • 31Mar
    • 機材徒然草「エフェクター考」

      ※エレキギター、ベース弾き向けの長文です。エフェクト = 効果生業が機材屋(楽器)なもんで、結構「音」について考え込んだりします。エフェクターというアイテムに関しても、また然り。基本的に「おもちゃ」好きな事もあり、仕事用でも自前でも様々なエフェクターにトライしてきました。今や毎月のように新製品が出現してくるエフェクターを、ひとつひとつチェックなんぞは出来てはおりませんので、偉そうなことは言えませんが、ベース弾きとして個人的に好きなエフェクターというものにはおおよそ共通点があり、それは…見た目が良い (完全に主観で)…ことです。「えっ?音の良し悪しは?」…と言われると、最後の決め手が「音」になるのは間違いありませんが、今の世の中好き嫌いは有れども、全くトンチンカンで当て外れな効果しか出ない物を選ばない限り、余程でなければ音が悪いペダルを探す方が大変だと思います。こんな嗜好品不況時代に明らかに駄目な物を開発し、販売しているメーカーは余程のもんでしょう。どちらかといえば、本当に駄目な物があるのなら、是非試してみたいです。それはさておき自分の場合、足元に置いておきたくなるくらい男前なペダルで「駄目だこりゃ」な物に出会ったことがありません。音良し、デザイン良し、ばっちりOK!でも、それでは終わらないところが、音作りの道具たる所以です。自分がエフェクターを手に入れるまでの、頭の中は…ふと、あそこであんな音が出せたらなぁと思いつく : 絵を描いてる時に、持ってない色の絵の具が必要になるのと同じ ⇩欲しいサウンドのカテゴリー内で、カッコいいエフェクターを選ぶ : 色、形、大きさ ⇩真面目にサウンドチェック : 求めていたイメージに近くて、カッコいいサウンドが出ればOK ⇩お金を工面する: 先立つものがどうにもならなければ、別の奏法やフレーズでなんとかする思考にモードを変える(元も子もない) ⇩手に入れる(買う)…と、まあ自分の場合はこのような流れで機材を入手しますが、ここから先の行動によって所謂【無駄遣い】になるかどうかが決まります。1人寂しく自分の部屋で音を作り込んで「おっ!イイね!」となったとしても、合奏は独りよがりでは成立しませんね。リハやライブの空気感、アンサンブルの中での倍音のぶつかり合い、アレンジ上での合う合わない、周辺機器からの影響などなどの状況によっては…・使い所が見つからない・特に必要なくなる・踏む事さえ、忘れてしまう・使わなくなる自分はこの流れで、最終的に手放したエフェクターが唸るほどあります。イメージしたサウンドを手に入れる為には、耳の良さとセンスの良さは不可欠ですし、適材適所、意図したポイントで踏み込む為の練習も必要です。今までそこを追求してこなかった自分は…もったいない事をしてきてしまった…の一言につきます。しかしながら、なまじかイイ歳こいているだけあり、今では名器と呼ばれるものを山ほど試してきた事は、機材屋という仕事に非常に役立っておりますので、その実体験が結構生活の糧になっています。そろそろ長くなりましたので、ここら辺で自分が今でも特にお気に入りのアイテムを…MXR Dyna Comp (コンプレッサー)言わずと知れた、コンパクトコンプレッサーの代名詞であり、まさに歪まないディストーション。「ブシュッ!」と潰しつつ、どこまでも伸びるかの如きサスティン。製造された年代によるキャラクターの違いはありますが、この独特の音色には病み付きになります。郵便ポストの様な赤色もイイですね。これ以外でも、Fuzz Face、Pro Co RAT、Boss GE-10、Mu Tron Ⅲ、Roger Mayer Mongoose、Marshall The Guvner、などなど、好きなサウンドを出させてくれる道具は沢山ありますが、結局あまり踏む機会もなくもったいない事をしました。そんな自分でも唯一、長年使い続けているものがあります…AKIMA & NEOS mod. Color Sound Power Boosterもうかれこれ10年以上使い続けているであろう、コイツのサウンドはまさにアンプ。とても9Voltエンジンとは思えないほどパワフルで、サウンドメイキングのストレスを解消してくれます。中低域のゲインブーストでアンサンブルの土台を築き、高域倍音の歪みを加えることで、抜けの良いベースラインをクリエイトできるこのブースター。特に相性のあまり良くないアンプでの演奏時には、強い味方になってくれます。その昔はジェフ・ベックも愛用していたという「ブリキのおもちゃ」みたいな外観が最高で、そこも自分が長年使い続けている大きな理由のひとつ。野暮な「顔」したエフェクターは踏む気にもならないので、足で踏むものとは言え「顔つき」は大切なんです。ジミヘンならばワウとファズ顔つきが良くて、踏み込んだ時に自分の「シグネチャー」と言えるサウンドが飛び出るデバイス。そんな、自分にとって唯一無二と思えるエフェクターが見つかったらしめたもの。それはきっと、かけがえのない「武器」となり得ますね。そんなこんなで、エンディングはこの方の曲!

      2
      テーマ:
  • 29Mar
    • 長年お世話になっております「RUDE GALLERY」のプレジデントに御用を承り、久しぶり...

      長年お世話になっております「RUDE GALLERY」のプレジデントに御用を承り、久しぶりに神宮前のショップへ。 昔から決してブレない、Music & Streetフィーリングが充填されたアイテムの数々は、本当に目の毒です。 新作のフラワーシャツに、一目惚れっす。 坂っち、忙しいところをありがとう😊 wataru tamiyaさん(@watt4001)がシェアした投稿 - Mar 28, 2018 at 8:43am PDT

      1
      テーマ:
  • 27Mar
  • 21Mar
    • 雑誌の醍醐味

      専門誌は毎月必ず目を通しているが、先月のこれ(右)は個人的にツボ。カクタス、ブルーチアー、ライフタイム、コラシアム等、貸しレコード屋さんで借りまくっていた頃に聴いていたサウンドが、活字によって蘇ってくる。これだけ膨大な情報をページをめくるだけで一望できるのは、紙媒体の醍醐味。アマゾンで古本を見つけて入手したこれ(左)は、仕事資料としてはもちろん、先人の軌跡をじっくりと一望できる優れもの。スマホ、PCで読むと疲れてしまう自分にとって、何故か記憶に刻まれる紙媒体の重要性はまだまだ高い。

      1
      テーマ:
  • 20Mar
    • 猫にはわかるまい

      猫の爪痕でボロボロのケースから引っ張り出して、久しぶりにジャカジャカしてみたけど、当の猫が逃げ出すくらいだから相当迷惑なんだろう。優しく弾けば、モジュレーションがかかり、強く叩きつければディストーションがかかる。鼻唄混じりにつま弾けば、もうそれだけで【 音楽 】だ。指は痛いが楽しいもんで、猫には悪いが弾きまくった。次の休みは弦替えて、ピカピカにしてまた弾くべ。猫に嫌われるのも、覚悟の上です。

      テーマ:
  • 13Mar
    • 多謝!@ 3.11「 Sunday Midnight Runners 」

      3.11、忘れえぬ一日に、新しい仲間たちと演奏しました。ご来場いただいた皆さん、共演してくれた「 Ryosuke & The Village 」、そして素敵なお店「 Pink Paisley 」、本当にありがとうございました!個人的には数年ぶりに音を出しましたが、やっぱり音楽は最高っす。7年前の出来事になんと言っていいのか言葉は見つかりませんが、あの日はいつまでも心に刻み込まれています。自分が出来る事で少しでも楽しんでくれる人、そしてその瞬間を楽しんでいる自分がいる限り、また演ります。メンバー、ありがとう!スタジオ入ろうぜ(^^)

      1
      テーマ:
  • 11Mar
  • 04Mar
    • スタジオ@リアル・ダイバーシティ

      全曲通しスタジオ練習@秋葉原で、全員のテイストを確認。あとは頭を切り離して、身体が自然に演奏できるようになればOK。だいぶ前に入手した今流行りのフレットラップが、スローなナンバーで思いの外便利だったなぁ。ヘアバンドでも流用可能だが、一応楽器屋さんですので、トレンドはチェックするんです。しかしながら、4時間立ちっぱなしはなかなかのもんで、結構疲れるもんです…仕事以外で歩くアキバの街は、真っ昼間からあちらこちらで、バラエティに富んだ人達で溢れかえっていた。AV専門店の門前にたむろしていた30〜40代の男性チームは、「ござる、ござろう」と大きな声で談笑していたが、明らかに「使いっ走り系」の方と見てとれるメンバーの1人は、仲間に缶コーヒーを配り歩いていた。どんなコミュニティにも複雑な人間模様が存在するなぁと思った昼下がりの秋葉原なのでした。

      3
      テーマ:
  • 01Mar
    • 【SUNDAY MIDNIGHT RUNNERS】

      3月11日の日曜に、音楽好きが集う千葉の素敵なお店で、シンガー「オーテス」を中心としたセッ ションチーム【THE☆hei】の一員として、ベース弾きます。共演バンドは、以前一緒に音を出していたシンガー「リョウスケ」のライフワークとも言える【Ryosuke & The Village】です。ちょっと切ない日曜の日暮れですが、そんな時間にピッタリの2バンドで贈る、小さな隠れ家でのライブレヴュー【SUNDAY MIDNIGHT RUNNERS】。よかったら是非遊び(呑み)にいらしてくださいませ🍀※お店は定員がありますので、ご予約等は僕のアメブロ、Instagram、メアド、LINE、Facebook等にダイレクトメッセージを頂けましたら幸いです🙇【SUNDAY MIDNIGHT RUNNERS】2018.3.11(日)Open 17:30 / Start 18:00会場 : Y's GUITAR Bar Pink Paisley📞 043-377-7294千葉市中央区栄町23-1【出演】============バンド名 : Ryosuke & The Villageメンバー : リョウスケ(Vo,Aco.G)、大 熊(Aco.G,Cho)、松浦(Key,Cho)プロフィール : 待望の1st.音源 『INBA STUDIO SESSION』"印旛沼にて"をリリースした、日本一マディな印旛沼水系に育ったサザンソウル、スワンプロック、釣りを愛する土着オヤジ達の"沼臭"漂うバンド。今回は凝縮されたブルースを醸すアコースティックトリオで酔わせます。============バンド名 : THE☆heiメンバー : オーテス(vo)、秋月 (Gt)、NAO(Key)、タミヤ(Ba)、よしと(Drs)プロフィール : ボ・ガンボスの「ど んと」に師事し、様々なユニットで歌い続けているシンガー「オーテス」。そんな彼を中心としたセッションチーム【THE☆hei】が、リズムの効いたジャパニーズ・ソウルを、沁みる歌謡曲のカバーを交えて贈ります!

      2
      テーマ:
  • 26Feb
  • 23Feb
    • 渋谷のアンプ、エフェクト専門店「アンプステーション」さんで見つけた、ファズ付きコンプレッサ...

      渋谷のアンプ、エフェクト専門店「アンプステーション」さんで見つけた、ファズ付きコンプレッサー【FAMICOMP】。 サウンドチェックはしていないので音の話はできないけど、ファミコン世代ではない自分でも気になってしまうのだから、もうこの見た目だけでOKでしょう。 絶対使えるコンプだと思います(^^) #stompbox #compressor #fuzz #famicomp #コンプレッサー #ファミコンプ wataru tamiyaさん(@watt4001)がシェアした投稿 - Feb 23, 2018 at 6:27am PST

      テーマ:
  • 16Feb
    • ここ数日「P.I.L.」や「Julie Campbell」とのユニット等、ずっとJah W...

      ここ数日「P.I.L.」や「Julie Campbell」とのユニット等、ずっとJah Wobbleの音を聴いているのだが、そうなると気になるのはOVATION MAGNUM BASS。 勿論新品は存在しないので、少ないながらも中古で見つける度にガン見してしまう。 コレは御茶ノ水でめっけたMAGNUM。 JahやRogerが愛用していた(いる)シングルカッタウェイのモデルでは無く、ダブルカッタウェイ…とは言え、やはりイナたくてカッコ良い。 こんなゴッツイ顔つきなのに、実はかなり弾き易いのです。 音は勿論、マグナムばりの破壊力です。 #ベース #bass #ovation #magnumbass #jahwobble #rogergrover wataru tamiyaさん(@watt4001)がシェアした投稿 - Feb 15, 2018 at 7:22am PST

      テーマ:
  • 29Jan
    • キャッチーで心地良い楽曲、さり気なく屈強なリズム隊、ポップさとムードをしっかりと司るフロン...

      キャッチーで心地良い楽曲、さり気なく屈強なリズム隊、ポップさとムードをしっかりと司るフロント。 聴きどころ見どころ満載の【 フレンズ 】ワンマン@Zepp Divercityは、良平君とのご縁もあり、バンド立ち上げのライブハウスの時から観てきたので、会場が大きくなるにつれて感慨もひとしお。 4/14は日比谷野音なので、これまた楽しみである。 しかし超満員のZeppでも、下北のライブハウスと全く変わらない、ステージと客席との距離感は素晴らしい。 「やりたい事は、全部やる」というメンバーの思考から、リアルに憂き世を忘れさせてくれる音楽とステージが作り上げられてくるのであろう。 #フレンズ #zeppdivercity #長島涼平 wataru tamiyaさん(@watt4001)がシェアした投稿 - Jan 29, 2018 at 4:39am PST

      1
      テーマ:
  • 28Jan
  • 30Dec
    • ここ数年自分的の仕事納め、Count Down Japan。弊社のベースを愛用していた...

      ここ数年自分的の仕事納め、Count Down Japan。 弊社のベースを愛用していただいている、【Base Ball Bear]、【夜の本気ダンス】は、大型ホールにおけるリハなし一発勝負というガチな状況でも、会場の隅々までイイ音を聴かせてくれました。 サウンドに真摯な素晴らしいプレイヤーに愛用されているのは、本当に喜ばしい事。 心から感謝です😊 さて今年もあと僅か。 皆さま、良いお年を! #countdownjapan #cdj #夜の本気ダンス #ベースボールベアー wataru tamiyaさん(@watt4001)がシェアした投稿 - Dec 30, 2017 at 5:50am PST

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス