蝋画塾 Atelier Berankat のブログ

蝋画塾 Atelier Berankat のブログ

第二次大戦中に開発された、「蝋画」という描画技法を紹介するブログです。


テーマ:

 

私の住む蓮田市には、鉄道はJR宇都宮線しか通っていない。

大宮から京浜東北線、南浦和から武蔵野線を乗り次いで新秋津駅で降りる。

駅から15分ほど住宅街が続き、からぼり川を渡って少し歩くと

ハンセン病の国立療養所多摩全生園の入り口に着く。

 

 

園内は緑が多く、木々と建造物のバランスが心地よい。

明治42年、全生病院として出発した園の歴史を紐解いてみると、

この緑の空間の成立に、国によるハンセン病患者の強制隔離政策が

深く関わっていることを知ることができた。

 

ハンセン病の歴史に関しては、検索すれば多くの情報が手に入る。

一例をあげれば…

ハンセン病国賠弁護団→http://www.hansenkokubai.gr.jp/history/

厚生省HP→https://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/01/h0131-5/histry.html

 

書物も、実に多くの出版物がある。

東村山市立図書館作成のブックリスト↓

https://www.lib.city.higashimurayama.tokyo.jp/toshow/PDF/inoti_hansen_h21.pdf#search=

 

入所者と植物との関わりに焦点を当て、時代と共に変化しながらも、

植物との関わりを常に求め続ける人々について記述した、

柴田隆行著「多摩全生園・<ふるさと>の森」が、個人的には印象に残っている。

 

 

全生園の敷地内にある国立ハンセン病資料館でも

様々な資料が無償で配られている。

http://www.hansen-dis.jp/

 

 

 

 

患者の強制隔離、正式な裁判に依らず懲罰を下せる懲戒検束権、

悪条件での強制労働、優生手術による断種・堕胎など、

90年間にも渡って国家による人権侵害が続いた。

 

1996年のらい予防法の廃止により、療養所の外へ出られるようになっても、

長期間の隔離のため社会との絆の回復は困難を極め、

元患者本人だけでなくその家族も、世間の偏見と差別を恐れ、

病歴を隠しながら社会生活を営むケースも多い。

 

ハンセン病患者の家族として受けた差別被害に対する訴えを、

広島高裁松江支部の控訴審判決が棄却したのが今年7月のこと。

これが解決に至っていない現在進行形の問題であることは、

対象が何であれ、他の様々な差別問題と同じ根を持つからだろう。

 

そのような療養所の一つが身近にあり、多くの困難に遭遇した人達がいることに

私は無知であったことを内省しなければならないと思う。

この問題に関して、なにか手触りのようなものを感じることができたのは

語り部活動をしている人達の体験談を何度か拝聴した後だったと思う。

 

 

かつて全生園の周囲には、入所者の逃亡防止と外部から視界を遮断するために、

高さ3メートルのヒイラギの垣根が植えられていたという。

常緑樹であるヒイラギは冬でも葉を落とすことはない。

その葉の鋭いトゲが、内と外を分かつために利用されていた。

 

 

ここから外へ出ることができないなら、

せめてこの中を居心地のいい場所にしようと、

患者や関係者の手で木々が植えられ、育てられてきた。

 

私が心地いいと感じた緑の空間が成立したその背景には、

数多くの入所者の思いが絡みついている。

その事を考えると、もう一度あの園内の道を歩いてみたくなる。

 

 

 

今、全生園のある東村山市は「人権の森」構想を進めている。

発病者はほぼゼロになり新たな入所者はなく、現入所者は高齢化により減少していく。

行政、自治体、住民によって、この場所を地域に開く取り組みが進められている。

 

入所者自治会は、このハンセン病の歴史・人権の歴史とともにある豊かな緑、ハンセン病

資料館、共同生活を営んできた寮や館、神社、納骨堂などの歴史的価値を持つ建造物や史跡、

これらすべてをハンセン病記念公園「人権の森」として保全・保存し、後世に伝えようと、

平成14(2002)年、「人権の森」構想を立ち上げました。これを療養所の将来構想として、

国へ要請し、東村山市とともにこの構想の実現に向けた活動をしています。 

                                                                                                   (東村山市HPより)

 

 

 

 

今年3月に埼玉会館で展示した作品「未象の庭―森へ続く道」。

 

 

 

そのテーマになった蓮田市黒浜の大クヌギの直系の子孫の苗を3本、

入所者自治会との何度かのやり取りを経て、

全生園へ寄贈・植樹することが決まった。

 

 

黒浜の大クヌギは道路拡幅工事のため伐られてしまったけれど、

人権の森としてこの場所がその歴史と共に将来も保存され、

人々が集う場所になり、大きく育ったクヌギに会える日が来ることを願っている。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

………………………………………………

 

簡単なものですが、蝋画技法の初歩を図解したPDFファイルを配布しています。

実習を伴う教室等で受講者に配布しているものですので、この資料を見ただけで蝋画

が描けるようになる保障はありませんが、よろしければ下記アドレスからご請求下さい。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/0af30761220259

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス