24日のクリスマスイヴ
25日のクリスマス
あなたにとって良い日になりましたか???


僕はとっても良い日でした!
というのも、変わらずこうして書いて
それを読んでくれるあなたがいるから。

クリスマスソングはなぜか特別。
聴きながら、
絶対に体型の悩みは変えてあげたい!
と改めて強く思いました。


今年ももう少しですが、
最後まで頑張りますので
どうぞよろしくお願いします!

さて、今日は年始の雑誌取材
体幹リセット2も手元に届き
早速その内容から監修をいただきました。


今日話題になった。
年始に特に悩みやすいの、
やはりお腹周り(それは今日の昼ブロで!)
その中でも悩みが尽きないのは下腹

なぜここに悩むのか?
それは姿勢や骨盤周りの筋肉が
年々真っ先に衰えるから。
すると、猫背や骨盤の後傾を招き
周囲の柔軟性を低下
させる。

体脂肪は
関節の動きが少ない部位に付きやすいので
この周囲の悩みが多くなっていきます。

ということで今日は、
年代別の下腹痩せについて。


同じようにぽっこり出る下腹も、
年代によって全て原因が異なります。

今日は年始に焦らないための
20代、30代の、40代からの
3パターンをご紹介です。


どの年代でも「下腹」
ここが気になって
おしゃれが楽しめない
露出が楽しめない
隠す服装になり気持ちが暗くなる
太って見えることに嫌悪感

年代により、また個々により
感情の変化にも影響する下腹。


【20代】
スマホ&運動不足による
「猫背+骨盤前傾」


1日8時間はスマホに費やす統計のある
20代女性。
なまじっか代謝は高い手前、
運動は疎かになりがち。

これが姿勢の筋力不足の猫背、骨盤前傾
招きます。

この場合、内臓の基礎代謝の低下により
ぽっこりと慢性的に下腹が出る
体型が定着します。

食べても食べなくてもぽっこり下腹。
読者モデルレベルでさえ
常にそれを口に出しています。

解消のポイントは猫背解消!
姿勢に基づいたエクササイズが
慢性の下腹ポッコリのストップをかけます。


あぐらで座り、肘同士を掴み合います。


頭を通してバンザイし
10秒キープ×10回

肘を掴みバンザイ
首ー脇ー股関節までが一直線になり
背中の姿勢保持筋が最大に働きます。



【30代女性】
最も基礎代謝の低下が顕著になる年代。
また、35歳が女性ホルモンのピーク。
そこを前後に女性ホルモン過多、低下と
自分の体調管理が大変になる頃。


年々平均250gの筋肉量の低下、
それが主に姿勢筋の低下となり、
骨盤の傾きが後傾気味に傾いていきます。

骨盤後傾は股関節の可動域を優位に狭め、
体脂肪の傾向
関節の動きが少ない部位につきやすい
ことから、股関節に付着する
下腹を中心に脂肪が蓄積します。

この場合は
骨盤後傾を防ぐ
男女ホルモンの影響よりも、
成長ホルモンの分泌に焦点を当てること。
この2点により絞り運動を取り入れていくと
下腹は比較的スムーズに凹んでいきます。


うつ伏せになり


両手を頭の後ろに当て
上半身、下半身を浮かせます。
上体はキープのまま
両脚をクロスし外に引き合います。

10秒力を入れ、脱力
6回行いましょう。

うつ伏せで脚を左右に引く
→姿勢低下で
首ー肩ー骨盤の3点がずれてしまう
原因となる背中、肩甲骨、お腹
持続的に刺激されます。



【40代から】
綿密に、43歳と45歳と55歳では
全くホルモン環境は異なります。
(そこは個人差のため考慮します。)

40代以降は基礎代謝(姿勢の筋肉量)が
30代に比べ約2倍減少していきます。

焦って筋トレ!タンパク質!
とする女性が最も多い年代。

しかしながら、忘れてはいけない過去が、
複数のダイエットでリバウンド。の経験。


これは響きます。。。
どんなに確実に痩せるダイエットでも、
この代謝の低下があると痩せない。。
という経験を嫌というほどしている。

その為、
即日の効果を求めることが少なく
長く続ける忍耐力に長けていますが、
逆に、これは自身が変われないという
危険察知の感覚を感知すること
重要となります。

ここで必要となるのは
男性ホルモン優位
過去のダイエットによる代謝低下
の特徴を考慮した、
インナーマッスルの強化
となります。

働きの少なくなる
姿勢筋のインナーマッスル
(肋骨、肩甲骨下部)
ここをメインに使うことで、
20代の時と同様、
多少無茶してもオッケー!
という痩せ体質に変わります。


両手を後ろにつき、
ヒップを少し浮かせます。


右手、左脚を同時に出し、
前へ歩いていきます。
同様に後ろにも歩く動作を
1分間目安に繰り返します。

4足歩行動作
→有酸素運動、筋トレ含め
普段使う筋肉ばかりの
刺激になる傾向
の中、
背中、お腹と等の普段使わない筋肉の刺激
新しい刺激となります。

慣れの無い新しい動きは2週間が目安。
2週間行ったら、
今までの運動内容に戻すと
それもまた新しい刺激として
身体が感じるようになります。




今日は3パターンは
その年代て有効!
を叶える3つの解消方法。


どんなダイエットでも、
体脂肪が減るメカニズムは同じ。

つまり、年代による
痩せなくなる原因を
キチンと無くしていけば、
必ず体型は変わります。

これらがあなたのライフスタイルや
生活リズムに加わり、
普段の体型」として
下腹が凹んた体型が身に付きます。

あなたの下腹痩せ方法は見つかりましたか?
年始に、下腹に悩まない方法
ぜひ参考にしてください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もしあなたが
数々のダイエットを試し続けても、
一向に理想の体型、体重にならないなら
おそらくそれはあなたのせいではありません。

新着!3~11月!新773件の感謝の手紙追加!
痩せながら!知識を学ぶ!
ダイエット資格取得講座



勇気を出して高額ジムに踏み込んだ!
痩せたけどすでに5キロ以上リバウンド。
人生の楽しみは食べること!
でも太りたくない。。
ダイエットの連続で無理がたたり
体調不良が慢性化してる。
そんなあなたのための
痩せながら知識を学べるダイエット方法

(↓クリック)
11月も多くのご応募ありがとうございました。
12月は今年最後。
還元モニター15名→2名となっているので
受講を考え中のあなたは
今すぐお問い合わせください。(12/7現在)
ご受講の有無はご自由にお選びください。
【オフィシャルダイエット講座】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「秋のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容のご提案も充実


(↓クリック)
24カ月連続増加!
【会員数計573,347人】
モデル体型ボディメイクダイエット



1/7発売!先行予約開始!
【第2弾記念!5つの無料動画プレゼント】
~体幹リセットの5つのエクササイズ
無料動画QRコード付き!~


(↓クリック)
〜モデルが秘密にしたがる〜「体幹リセットダイエット」究極の部分やせ




「もう、最後にしたい。」
○なぜ痩せないのか?
○なぜ夜に食べてしまうのか?
○なぜこの部分が痩せないのか?

この「なぜ?」と考えると、
・膨大な情報を調べ、
お金をかけてる単なるSEOや
・検索の裏情報を知ってて
いつも上位にいるところに捕まる。

ああ、ここ良さそう。
と掴まされてしまう。

これは、これからも変わらないし、
逆にどんどん混雑してくる。
それは間違いない。

ここで自分自身を守るために必要なことは
「どうやったら改善できるか?」
と考えること。

まず、情報過多の現代では、
煽ることを言っても、
具体的な改善方法は教えてくれないところは危険。

「煽り」で心を乱されているだけ。
ちょっとドライに言うと、
情報弱者として見られています。

ダイエット業界にいるからこそ、
それは吐き気がするほど見てるし、
もう、体が5.6個あっても足りないくらいに
相談も受けてる。

そんな女性は、決まって
「1人で頑張らないといけない」と、
これまでの辛い経験から
何も信じられないような状況に陥っている。

不安がガチガチに身に付いてしまっている。

「本当はこうなりたい」

一番思っていることが
結果的に否定され続けた。
言い続けたのに叶わなかった。

それを何度も経験してしまうと、
またそれを望んで、
叶わなかった時に辛い思いをする。
だから心を閉ざしてしまう。

「本当はこうなりたい」

はっきり言って、
僕らにとっても最も辛いことは、
「あの時、あの人の話を聞いてあげられなかった」
ということ。

お互いにその後悔する想いはしたくない。

あなたの痛みと、僕らの叶えたいことが
100%マッチしているからこそ。

「もう、最後にしたい。」

そんなあなたの最後の拠り所となれるように
コツコツと、今日も話を聞き、腕を磨き、
いつか。あなたに出会えることを
心より願ってます。