来週もJR首都圏全線ジャックです!

新たしい体験の声も続々追加されています!

首都圏でJRに乗る方は、
是非ご覧ください!


さて今日も連続してますが、
渋谷区の福祉施設での
ダイエット講座(3/5回目)


今日は運動に関して。
体力を使う仕事なので、
消費カロリーは多い。

でも、痩せていくのではなく
太っていくことの方が多い。
と悩む職員さんがほとんど。

職業柄なので、
使いすぎの筋肉のストレッチ方法
動く仕事ならではの糖質の摂り方
シフト制生活での運動の時間帯
と体系的にお伝えさせていただきました。


でもこれは、うーん。。と唸った。
動いてるのに痩せない
ここはあなたにも当てはまるかもなぁ、
と思ったので、
今日はこれを運動に置き換えてお伝えします。
ダイエットと有酸素運動について。



体脂肪を直接燃やす有酸素運動!
20分以上すると効果的!

実際に誰もが行うこの運動。
しかし、
なぜ痩せない女性の方が多いのか?
今日はその疑問の解決です。


日常、運動で最も
カロリー自体を使う運動としては
無酸素運動>有酸素運動>日常>安静時
となります。

しかし、内訳のカロリーでは
この逆で脂肪が使われる割合は
減少していきます。

多くのカロリーを消費する運動ほど
糖質によるエネルギーの生成
大きくなるからです。

そしてこの有酸素運動を
分解してみると
3つの特徴が見られます。


1.20分を境に糖質よりも脂肪による
カロリー消費が大きくなる。

2.時間や期間が長くなるほど
筋肉が減ったり、身体が省エネになる
3.有酸素運動運動時以外の
カロリー消費が低下する

一般に伝わるのは1のメリットのみ。
それでも多くの女性が感じる
痩せない理由は
2と3が影響しているからです。


基本的なダイエットでは
1は短期的に痩せるかもしれません。
しかし、長期的に見ると
2と3のデメリットの方が残ります。

結論、ダイエット目的での
有酸素運動は不要。


ですが、今有酸素運動を
取り入れている場合、
いきなり辞めると
2と3の影響が残りリバウンドします。


仮に有酸素運動を取り入れる場合!
徐々に下記の2つに変えていくと良いでしょう。

運動時間を週に90分未満にする
→運動時間が延びるほど
体の省エネ化、日常の消費の低下が
大きくなります。

これを防ぐためには
1回20分、週3回までに抑えることが
効果的です。

前後に1時間は糖質を摂らない
→エネルギーになる糖質を運動前に!
とよく聞きますが、
これはスポーツでのエネルギー節約術。

なるべくエネルギーを長続きさせる
ための方法であり
ダイエットとな180度逆効果、
脂肪をなるべく使わないスイッチが入り
節約モードに変わります。


運動後も同様で、
せっかく燃焼され続ける脂肪を
自らストップさせることになります。


このように同じ時間、同じ運動でも
行い方や、タイミング
効果的にも、逆効果にもなります。


動けば痩せる!の根性論では
今は何とかなるかもしれません。
でも今だけ痩せたいのか?
2年後も3年後も痩せていたいのか?

と着目すると、
これらのような知識は不可欠になります。

ずっとキレイでい続ける為の一つの知識。
是非ご参考にしてください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2018.3.4月新着!58件の手紙追加!
痩せながら学ぶダイエット資格取得講座


4月はオフィシャルモデルダイエット講座へ
お問い合わせもいただきありがとうございました。

ダイエットに悩まない知識を身につけたい。
とご興味を持っていただけこと、
思いを込めてメッセージを作成してくれたことに
心から感謝しております。

それでも4月のモニターに漏れてしまった方には
大変申し訳なく思っております。

5月も数名ですが
なんとかモニター受講枠を調整できました。
既に残り数名で受講の保証はできませんが、
ご興味のある方はお早めにご連絡ください。

(↓クリック)
【NY,Paris,74カ国認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「春のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
春のモデル体型ボディメイクダイエット



【JR首都圏全線 掲載中!】
祝!日本歴代!最も売れているダイエット本
「体幹リセットダイエット」


おかげさまで【120万部突破!】 
毎日ブログを見てくれているあなたへ
1日1つ!痩せ方の知識をプレゼント
(↓クリック)
「今すぐもらう!」
モデル体型をつくる6つの食事方法




「一昨日は久々に辛かった、」
急に熱が出て、持病の腰痛が悪化。
腰回りが腫れ上がってしまう。

まだ仕事が残っていましたが、
作画に意識が飛びそうで
知人の病院に、無理を言って夜間搬送。

痛い、熱い、苦しい、
それは人に見せられるものではなく、
久々に仕事のことも頭から飛んだ、

治療してもらい翌朝には
なんとか普通の顔して仕事に行けました。

かなりボケーッとしてて、
若干フラフラと歩きながら、
深く考えました。

あー、この痛み。
他を投げ捨てても解消したい痛み。

その時の本当の辛さは
自分だけにしかわからないし、
どれだけそれを解消したいか。
と強く思っているかも。


昔から信頼してる
知人のお医者さんだったから、
「全部任せた、よろしくお願いします‥‥」
‥グタッ。

となれましたし、
ヤバい、、でも最悪ここに行けば大丈夫。
と最終的な安心感もあった。


これが大切。


一昨日の辛さはもう二度と味わいたくない。


ダイエットでも痛みや辛さの問題を
解消していくことが仕事だから。
何度も痛みを繰り返していることは
本人にしかわからない辛さ。

だから、もう繰り返さなくていいんですよ。
任せてください。僕らが役に立ちます。
という立場を貫くことが最も大切。

とても一昨日は教訓になりました。