今日は各美容会社に協力を経て
1日かけての統計調査。

2017年の働く女性の悩みは
疲れやすい・疲れがなかなかとれない 49.6%
体重が増えるとなかなか戻らない 42.0%
年々太ってきている30.0%


学問的に言うと、
ストレスホルモンの増加による
筋肉量、基礎代謝が低下となります。

それは言われるまでもなく分かっていても
現実になかなか運動!に移せない。。


今日はそんなあなたのために
日常必ずすること=食べること
に合わせて
解消の2つのポイントをご紹介です。


まずこの時期、
ダイエット目的なら避けたいのは
酵素!ファスティング糖の食べない系
水分不足、カロリー不足で
数週に2〜5キロほど痩せますが
まず続きません。

5キロ痩せ、7キロ増える、
あっという間にお釣りがきます。。


そして、もしも
代謝が下がる時期でそんな無理をしてたら、
増えた分を減らすのが
3倍は時間がかかります。

もう一回同じダイエットで!
リバウンドによる代謝の低下
120%通用しません。。


では代謝が下がり気味な女性は
どう食べていくことが良いのか???

ダイエットのポイントは2つ!


○タンパク質を摂り過ぎない。
→厚生労働省推奨は体重1キロにつき
0.6グラム以上。
→ジムやスポーツクラブでは
筋肉を増やすため
体重1キロあたり2.0目安。
つまり、0.6〜2.0gが良いとされています。


しかし、普段疲れやすい女性は
内蔵機能も低下しがち。
(冷えやむくみがあればまず確実です。)

タンパク質を代謝する腎臓の機能も
新陳代謝の低下
が起こります。
(年々体水分が減るのはこのため。)

腎臓は体水分を調整する部位。
タンパク質は熱を作るので体水分が減りやすい。
体水分は全身のホルモン量に影響する。


これらを合わせると、
タンパク質を適量以上に摂ると
○水分が減り全体のホルモン量が減る
○代謝機能低下で冷えむくみが出る
〇内蔵に負担が大きくなり慢性疲労化


意外にも、
タンパク質ばっかり摂ってるのに
痩せない、

という女性が多いのはこのためです。



○糖質の2通りの考え方
炭水化物カット!はこの時期には不向き。
その名の通り水分量の減少が著しく、
同じく全体のホルモン量が減ります。


脂肪を分解、肌の代謝、腸の動き、基礎代謝
ダイエットに必要なこれらの働きは
全てホルモンの量に比例します。

水分量が落ちて痩せて喜ぶのは簡単。
が、その後1.5倍速で減った
代謝、ホルモン分泌により
驚くほど簡単にリバウンドします。。

今までの食事で糖質、脂質の
どちらがメインに食べていかか?



ここが炭水化物量を決めるポイント。
長年糖質が多かった女性は
短期で体重が上下するタイプ
→単に減らすとホルモンが減るので
全体量を分けて食べること。

長年脂質が多かった女性は
比較的ゆっくり体重が増減するタイプ
複合炭水化物量(繊維を含むも)を
3回よりも少ない回数
で食べていく。

これらがストレスが多く、
疲れやすい、太りやす時期の
ダイエットには必要になりす。


おそらくあなたも
○タンパク質はどれだけ食べても良い!
○糖質は食べないほうが良い!

は聞いたことがあるはず。

???

なぜそれで痩せないのか?
年々疲れやすく、太りやすくなるのか?


答えはこれらのような
デメリットの面もあるからです。


また、この「なんで私だけ痩せないの?
という不満があると、
自分を尊重する気持ちが低下してしまう。

この感情は物事の
ポディティブ面が見えなくなり、
ネガティヴ面だけに目がいく原因。

5分電車が遅れていたら、
表情が冷めイライラ。
5分遅れてくれたおかげで、
好きな曲を1曲聴けてラッキー!

極端ですが、日常の出来事に影響してしまう

今よりもっと良くなりたい!
という欲は誰にでもあるからこそ、
それが叶う希望がないと心が辛くなります。

ダイエットして、キレイになって、
好きな洋服を着て、自信が持てて、
周りの人に自慢できる、褒められる。


自尊心は高まり
出来事のポジティブな面が見えるようになる
そこにダイエットの高い価値があります。

それが当たり前になるように。
それが日常の無意識になるように。

僕がボディメイクで体型の悩みを変える!
としつこく言ってるのは、
人生の質を上げ幸せになってほしいから。

それが人をキレイにする役目の真意です。
ご参考にしてください。



個々にダイエットの基礎知識を
0から学びたいあなたはこちらから↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0から学ぶダイエット資格取得講座
やる気に満ちてる時と、ない時も
気持ちが安定してる時も、不安な時も
食べすぎて後悔してしまう時も、
あなたを裏切らない痩せ方の知識。



(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「冬のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
冬のモデル体型ボディメイクダイエット




【110万部突破!】ミリオンセラー 
ジムに通えない43都道府県のあなたへ。
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット



(クリック↓)
詳しい書籍内容はこちら

リブログ(5)

  • ”「疲れやすい、太りやすい」2つのリセット方法”

    いやぁー、例年お正月太りってしなかったのに(少し遅れて来るけど)、今年は来たわ〜σ^_^;体重としては1キロも増えてないんだけど、ウエストが1センチ増えて、お腹も緩んでる。何より常にお腹に何かあるような状態でいるのが長くて苦しいー!あちゃー!そうすると動くのが億劫になるね。たった1キロ増量でもこうな…

    ユーコリー

    2018-01-07 11:13:32

リブログ一覧を見る

コメント(4)