ついに書籍化決定!! | The Road to EXCELER ~エクセラーへの道~

The Road to EXCELER ~エクセラーへの道~

エクセルの機能を基本から紹介していきます。お仕事で日々エクセルを使っておられる方に読んでいただければ仕事の効率アップ間違い無しです。


テーマ:

ついに、書籍化が決定しました~!!

クラッカー(*・x・)/。・:*:・゚´★゚・:*:・。☆:【ネ兄】;*・'゜☆v(*'-^*);*・'゜☆ブイ♪クラッカー
The Road to EXCELER ~エクセラーへの道~-TSUINI 3年半かかってようやくメドがついた感じですが、まず一つ大きな目標を達成できて素直にうれしいです。

o(〃^▽^〃)o


タイトルや発売日もまだ決まっていませんので、詳細が決まり次第またこのブログでご報告しますね。

皆さん、買ってねん音譜

「人は歩みを止めたときに、そして挑戦をあきらめたときに、年老いていくのだと思います。」(アントニオ猪木)

これからも挑戦し続けたいと思います!

(`・ω・´)ゞ


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚


前回でこのテーマ 『ピボットテーブルの範囲を可変に』 は終わりにしようと思っていましたが、最後、少し手順を飛ばして説明してしまいましたので、念のため、今回、「完結編」としてまとめておきますね。。

(^^ゞ

Master

(1)上の表のセル範囲A1:H21を指定し、[挿入(I)]→[名前(N)]→[定義(D)]から、

「名前(W)」に「可変範囲」と入力し、「参照範囲(R)」に、「=OFFSET(Sheet1!$A$1,0,0,COUNTA(Sheet1!$A:$A),COUNTA(Sheet1!$1:$1))」と入力します。

「追加(A)」で「OK」すると、OFFSET関数で指定された範囲に「可変範囲」という名前がつきます。

The Road to EXCELER ~エクセラーへの道~-Pvt2


(2)「チーム」項目を加えた後、[データ(D)]→[ピボットテーブルとピボットグラフレポート(P)]から、そのまま「次へ(N)」。


(3)「使用するデータの範囲を指定してください。」というメッセージが出てきますので、ファンクションキー[F3]を押し、リストから「可変範囲」を選択して「OK」。「範囲(R)」に入ったことを確認して「次へ(N)」。

The Road to EXCELER ~エクセラーへの道~-Pvt3


(4)「レイアウト(L)」から、以下のように順次設定。

The Road to EXCELER ~エクセラーへの道~-Pvt5


(5)すべて、「OK」とし、最後に「完了(F)」をクリックすれば、次のようにチーム別の平均年齢をまとめることができます。

The Road to EXCELER ~エクセラーへの道~-Pvt4



りうさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス