DVD分析87「ドラゴンの鱗」 | 遠藤雅伸公式blog「ゲームの神様」

DVD分析87「ドラゴンの鱗」

 ドラゴンの特徴の1つとして、多分クーパが出まかせで言っているのが、鱗でお肌がツヤツヤになるということ。鱗をどう使うと効果があるのかも全く想像できない。


本当とは思えないクーパの話


 上の画像を見ると、いかにも人をだましていそうな顔をしている。クーパの作画の中でも、ちょっと特殊なフレームだと思う。


食いついてきた美肌パーティー


 だまされる方がこちら。第5話のジウスドラの近道途中にあった温泉に入っていたパーティー。設定だと「ギャルパーティー」とかだったと記憶しているけど、「美肌パーティー」と言うのがシックリしてる5人。名前は第5話の伊藤さんが付けたらしいけど、どれがアーラーでどれがオーローなのかわからない(笑)

 アフレコに高校生らしい女の子が参加していたけど、多分このうちの一人なんだろうね。


鱗の剥ぎ取りに成功


 彼女たちのモチベーションは非常に高く、しっかり片羽に喰らい付いて、ジルとケルブに剣を突き立ててドラゴンが落ちるまでに、鱗を1枚剥いでいる。

 魚の中には「スケールイーター」と言って、他の魚の鱗を食べる種類がいるくらい鱗には栄養もあるらしいが、ドラゴンの鱗もそうなのかは疑問。


塔頂者唯一の戦利品?


 結果的にドラゴンは炎袋を刺されて炎上しながら下へ落ちて行く。決して死んではいない!

 塔のシステムを考えると、塔の上から奈落に落ちた者は、なぜかメスキアの泉に落下する。それと同じように、モンスターが落下した場合もメスキアに降るのではないだろうか?巨大ナパーム弾のようなドラゴンが落ちてきたメスキアが想像されるんだけど、その後のドラゴンがどうなったかは描かれていない。


 剥がれた鱗はどこに行ってしまったのか?美肌パーティーは、第8話にも登場するので、ここで鱗を持って帰還したのではなさそうだ。彼女たちの塔頂目的が何かはわからないが、第9話に登場してないことで、逆に生存の可能性は高い。

 2期にも出てくるのなら、またアフレコ現場の雰囲気がアレな感じになるんだろうな(笑)

ダイエット美肌キャンディ 110粒
¥2,981
インディアン