DVD分析17「死亡フラグ」 | 遠藤雅伸公式blog「ゲームの神様」

DVD分析17「死亡フラグ」

 もともと「フラグ」という言葉はアルゴリズム用語だと思うのだが、アドベンチャーゲームを経てストーリー全般で使われるようになったのだね。もちろん、ストーリー上でキャラクターを殺して劇的にするために、そのキャラクターの描写をしっかり行ってより効果的に使う、というのは以前よりの常套手段になっている。将来の希望などをわざと断ち切る、負の伏線というところなのだが・・・。

故郷へ帰って結婚するんだ


 表1話では、これを逆手に取って、わざと不自然なまでの状況を作り出して、伏線にすらならない勢いでフラグを消化することで、笑いとしている。


禁句!


 ましてやフラグであることをテロップで表示して、直後に回収するなど、もうやりたい放題なのだが、ここまですることによって一種の諦めというか開き直りというかを感じさせる。

 これが裏1話が存在するという前提なら、セットで見ることで補完されるわけだが、最初は裏1話がない状態で作られたらしい。その思い切りの良さは称賛に値するし、そうまでして壊したかった何かは壊せているのではないだろうか?

仕事の禁句変換辞典―モノは言いよう
¥1,260
Amazon.co.jp