ドルアーガ研究始めます | 遠藤雅伸公式blog「ゲームの神様」
2008-06-22 20:57:48

ドルアーガ研究始めます

テーマ:ドルアーガ研究

 この2年ほど掛けてやっていた、アニメ「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK」の最終話が昨日放送された。このお話は、遠藤が24年前に発表した「ドルアーガの塔」を基にした話、通称「バビロニアン・キャッスル・サーガ(Babylonian Castle Saga)」BCSから派生している。

 なぜ「バビロニアン・キャッスル」かと言うと、完成直後に見たアメリカ人が「こういうのは、TowerではなくてCastleだよ」と感想を漏らしたためなんだけどね。


BCSのエピソードは、全部で4つがゲームとして語られている。曰く


◆the Quest of KI ~カイの冒険


 塔の最上階に悪魔ドルアーガが隠したブルークリスタルロッドを取り返すために、巫女のカイが単身で塔へ向かう。最上階まで到達するも、ドルアーガによって石に封印されてしまう。


◆the Tower of DRUAGA ~ドルアーガの塔


 捕らわれた巫女を追って、許婚である王子ギルガメスが塔へ向かう。神から授けられたという装備と、サキュバスの裏切りによってドルアーガは討たれ、カイの封印が解かれる。


◆the Return of ISHTAR ~イシターの復活


 主を失い、瓦礫と化した塔から、ギルとカイは決死の脱出を試みる。それ自体が、女神イシターの試練だったのではないか?と伝えられている。


◆the Destiny of GILGAMESH ~ギルガメスの道


 ブルークリスタルロッドを塔より持ち帰ったギルは、カイと共にそれを天界に返還する旅に出た。行く先々で多くの経験を積んだギルは、自らの手で未来を切り開くのだった。


 最後のDoGはスーパーファミコンの「ザ・ブルークリスタルロッド」のことで、この作品がマルチストーリー・マルチエンディングであるがゆえに、その後も幾多の人がエピソードを加えることを許している。で、今回の「the Aegis of URUK」ですよ。これは遠藤としては、BCSの新たなエピソードとして真剣に取り組んでいたのだが、昨日賀東さんからキッパリと、「AoUはやっぱり正史じゃなくて、DoGから派生したパラレルなストーリーの1つ。自分もドルアーガの塔のファンだから、そうでなければ荷が重くて書けないですよ」と言われてしまった。

 だったら遠藤も、1つの作品として分析してみようかな、と思う。2期については、既に知ってしまったこともあるけど、今後は聞かずに2期のコンテや台本ができるまで、AoUに突っ込みを入れてみる。

遠藤雅伸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス