数秘学マダムYUKOです。

 

「1人になりたい」

「人と一緒にいると疲れる」

「みんなうるさーい」

 

ということは誰にでもありますが、その理由はいろいろ。ただ単に1人でいるのが好き、落ち着く、ということもあれば、気を使いすぎて疲れる、みんなについていく体力がない、ということも。どうしても人に合わせてしまって自分のしたいことができない、ということもあるでしょう。

 

数秘学で「1人になりたい」代表の数字と言えば「1」「7」「9」あたり。

 

「1」は見ての通り「ひとり」の数字で、そばに人がいてもいなくても、1人の世界に安住できるという特徴があります。「周りが見えていない人」になってしまうのは困りますが、周囲をシャットアウトできるという資質自体は、人生のスキル。余計な影響を受けてばかりの人から見ると、羨ましくもあります。

 

「7」は「1」と異なり、周囲からの影響をモロに受けてしまう、という特徴があります。うっかり人混みに行ったりすると、そこの人たちが発するいいエネルギーも悪い気も、まとめて自分の中に侵入してきます。「7」は身の回りにいる/置く人を注意深く選ぶ方がいい。というのも、その人からエネルギーレベルで影響を受ける可能性が大きいからです。

 

「9」はすべてを知る人、達観する人です。直感が鋭く頭の回転も早いので、普通の人が辿る「ゆっくり分かっていく」プロセスをすっ飛ばし、1人でさっさと「分かって」しまう。結果として、好むと好まざるを問わず「1人別のところにいる」ことになります。「9」は周囲への歩み寄りが必要。さもないと1人山頂でたたずんで下界を見下ろす仙人のようになります。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

なぜこんな話かと言うと、3泊4日のキャンプから帰ってきた長女ナオマ(高2/ソウルナンバー「7」)が疲労困憊だったから。大部屋でみんなで過ごすのが辛くて、3日目には「泣いちゃった」のだそう。そうか、ソウル「7」だもんね、いろいろな気をもらいすぎて収拾がつかなくなったのね、と。それにしても、そこまで疲れるのは「7」のバランスが悪すぎ。今後は彼女も「7」の修行が必要そうです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

「1人でいたい理由」をつきつめて考えてみると、

自分のことがよく分かっておもしろいです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

・あなたって本当はどんな人?自分のことをどれぐらい分かっていますか?

 生年月日から出した九つの数字があなたのライフストーリーを語ります。

 数字からのメッセージを知りたい人は、チャートのリーディングへ。

 

・10月--11月の対面リーディング予定です(東京です)。

 予定が埋まってきているので、ご希望の方はお早めに!

 

・10月、11月の勉強会は満員になりました。次回は2020年1月はじめです。

 

・ヨガジェネレーションのサイトで数秘学占いの記事を執筆中。毎日更新です。

 

•数秘学のシステムに興味がある方は数秘学クラブ”EverythingCounts”ウェブサイトへどうぞ。

 

•チャートを作ってみたい方は生年月日チャートの作り方をご覧ください。

 

厨厨(ずず)は「レッスン3」「ソウル3」の弟が経営する府中の居酒屋です。

創作料理もたくさん。お近くの方はぜひお出かけください!

 

インスタ。サブローとトトロ(←ネコ)、ひなちゃん(←犬)の写真はこちら。

 

ラブラブYUKOラブラブ