おやつに何を食べたいか。

テーマ:

数秘学マダムYUKOです。

 

次女ケローラ(中1)はチャートの数字のほぼすべてが不安定。子どもにはよくあることで珍しくはありませんが、数字が不安定=弱みばかりが目立つ、ということ。本人もハッピーにはなれません。

 

面倒なのは、ケローラは「幸せは自分で取ってくるもの」だと知らないこと。舞い込んでくる幸運も、突然襲ってくる不幸もありますが、幸せは「ラッキーな人がなれる」ものではなくて「なりたい人がなる」もの。自分なりの「幸せになり方」を探求せずに、ハッピーが自動的に向こうからやってくる!ということはない筈。たとえ来ても素通りされるだけ。不幸は襲われるものかもしれませんが、幸運はつかみ取るものじゃないか、と思ってます。

 

ケローラには、

 

「何が好きで、嫌いか」

「何をしたくて、したくないか」

「何を食べたくて、食べたくないか」

 

という基本的なことを自分で知っていてほしい、と願います。彼女に毎日のようにきかれるのは「おやつなに食べていい?」

 

あ/の/ねー、自分の好きなもの食べて。なかったら今度買ってくるから、なにが欲しいのか教えて。この先の進路とか学校とか仕事とか、そういう話じゃないし、とりあえず、おやつに何が食べたいかぐらいは自分で分かってて、と心の底から思います。でも、言っても通じないのですね。

 

繰りかえされる「おやつなに食べていい?」という問いかけは、責任転嫁、という言葉に言い換えられます。食べたいものが分からないから出されたものを食べ、おいしくないと人のせいにする、というシナリオ。実際彼女は、家にあるものが気に入らず不満顔でいることもしばしば。だ/か/らー、好きなものなにか教えてよ。買ってくるから。なに食べていい?ときかないで、と堂々巡り。

 

この問題、レッスン「10」と言えば、数秘学ではキレイに片付きます。「10」は自分で自分を作る人。自分の望むものを知り、クリアな未来像を描き、ビジョンと自信を持って進んで行く人。自分を徹底的に知る人ですが、それが困難を極め、人生の課題となるのがレッスン「10」。自分のほしいもの、望むものが分からない。どんな未来像を描き出せばいいのか分からない。自分が何者なのかが定かではない。

 

そういう人は、自分がおやつに何を食べたいかもよく分からない。

でもまずはここから。キミがほんとうに食べたいものは何?ケローラの「はじめの一歩」はここなのです。

 

ひなちゃんは迷いがなくていいです。好きなもの→食べもの。好きな人→Jくん

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

・ヨガジェネレーションのサイトで数秘学占いの記事を執筆中。毎日更新です。

 

・「あなたってどんな人?」数字が教えてくれます。

生年月日チャートのリーディングのお申し込みはこちら。

 

•数秘学のシステムに興味がある方は

数秘学クラブ”EverythingCounts”ウェブサイトへ。

 

•チャートを作ってみたい方は生年月日チャートの作り方へどうぞ。

 

・6月14日-16日開催のサラ・パワーズのトレーニングで通訳します。

 

厨厨(ずず)は「レッスン3」「ソウル3」の弟が経営する府中にある居酒屋

創作料理もたくさん。お近くの方はぜひお出かけください!

 

インスタ。サブローとトトロ(←ネコ)、ひなちゃん(←犬)の写真はこちらです。

 

ラブラブYUKOラブラブ